1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '13
  3. Fuji Rock Festival 13 まとめ &7/29(月) 帰路

Fuji Rock Festival 13日記をなんとか書き終えました。

以下、レポートセットリストのまとめです。

ライブを観たものも併記しておきます。

前夜祭(木)
DJ MAMEZUKA
Turtle Island
SKINNY LISTER
rega
URL:http://ksmusic.jugem.jp/?eid=5096


初日(金)
セットリストまとめ

・Part1
ROUTE 17 Rock‘n’Roll ORCHESTRA
ギターパンダ
RHYE
URL:http://ksmusic.jugem.jp/?eid=5097

・Part2
FUN.
浅井健一 & Bad Teacher Kill Club
EDDIE ROBERTS' WEST COAST SOUNDS
SPARKS
OF MONSTERS AND MEN
GARY CLARK JR.
TOWER OF POWER
URL:http://ksmusic.jugem.jp/?eid=5098

・Part3
TAME IMPALA
NINE INCH NAILS
SKRILLEX
DEATH GRIPS
DJ SHADOW
PORTER ROBINSON
URL:http://ksmusic.jugem.jp/?eid=5099


2日目(土)
セットリストまとめ

・Part1
PRISCILLA AHN
夏木マリ
奥田民生
URL:http://ksmusic.jugem.jp/?eid=5100

・Part2
TOM ODELL
FOALS
SUZANNE VEGA
MARK ERNESTUS PRESENTS JERI-JERI
KARL HYDE
MANNISH BOYS
BAIANASYSTEM
DANIEL LANOIS
URL:http://ksmusic.jugem.jp/?eid=5101

・Part3
Bjork
GARTH HUDSON(The Band/The Last Waltz) featuring Sister Maud Hudson
JURASSIC 5
男はつらいよ 翔んでる寅さん
URL:http://ksmusic.jugem.jp/?eid=5102


最終日(日)
セットリストまとめ

・Part1
THE GOLDEN WET FINGERS
七尾旅人
YO LA TENGO
DIIV
DAUGHTER
WILKO JOHNSON
HAIM
SAVAGES
URL:http://ksmusic.jugem.jp/?eid=5103

・Part2
BRINSLEY FORDE
TORO Y MOI
MUMFORD & SONS
TAHITI 80
VAMPIRE WEEKEND
URL:http://ksmusic.jugem.jp/?eid=5104

・Part3
CAT POWER
LETTUCE
DAVID MURRAY BIG BAND Featuring MACY GRAY
The xx
THE CURE
GOMA&THE JUNGLE RHYTHM SECTION
BAAUER
JAMIE XX
フジウジ
URL:http://ksmusic.jugem.jp/?eid=5105


上記のように観たものをつらつらと並べてみましたが、印象に残ったのをいくつか。

初日はドラゴンドラに乗った事、OF MONSTERS AND MEN、復活のナイン・インチ・ネイルズ、そして、アゲアゲのスクリレックス

2日目は13年ぶりの出演となった奥田民生、相変わらず別格だったビョーク

3日目はもう二度とライブが観れないかもしれないウィルコ・ジョンソン、感動的だったThe xxかな。


そして、今年はなんといっても、晴れもあり、雷雨もありというフジロックらしい天気。
昨年ずっと晴れだったので、ちょっと物足りないと思ったドMなフジロッカーも満足でしょう。

でも、何気に会場の舗装が進んでいて、昔より泥沼になる場所が減ってた気がするのは気のせいでしょうか。

気温は思いのほか寒かったので、防寒対策の大切さも感じました。


後、今年は昨年に比べ、人が少なくて快適だった事、そして、携帯やスマホの電波が通りまくってたことも印象深かったです。

さてさて、来年は誰が出るかはわかりませんが、もちろん行きますよ!

あえて、勝手な予想を立てると、Arcade Fire辺り、そろそろ登場してくれるんじゃないかと。
それと、ホントに勝手な希望は、David Bowieかな。
・・・ま、絶対ないだろうけど。。。


以下、簡単に帰路の日記。

朝11時過ぎに宿を出発。
路線バスにて越後湯沢へ。

苗場プリンス経由だったので、結構時間かかった。

でも、宿の近くから乗れるので便利です。

で、新幹線はトキに乗ろうとしたけど、越後湯沢始発じゃなく座れる見込みがなかったので、たにがわで帰りました。

もちろん、エチゴビールと駅弁をいただきながら♪

そして、家に帰り、リストバンドを外し・・・

また来年!


●過去のフジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10
Fuji Rock Festival '11
Fuji Rock Festival '12
カテゴリ : Fuji Rock Festival '13 ・ comments(0)  
2013年08月10日(土)
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '13
  3. フジロック2013 最終日 セットリストまとめ #fujirock

Fuji Rock Festival '13フジロック)の3日目最終日、2013年7月28日(日)のセットリストまとめです。

その他もわかり次第随時更新していきます。

1日目セットリストまとめ
2日目セットリストまとめ


THE CURE@Green Stage Setlist
01. Plainsong 02. Pictures of You 03. Lullaby 04. High
05. The End of the World 06. Lovesong 07. Push
08. In Between Days 09. Just Like Heaven
10. From the Edge of the Deep Green Sea  11. Prayers for Rain
12. Sleep When I'm Dead 13. Play for Today 14. A Forest
15. Bananafishbones 16. The Walk 17. Mint Car
18. Friday I'm in Love 19. Doing the Unstuck 20. Trust 21. Want
22. Fascination Street 23. The Hungry Ghost 24. Wrong Number
25. One Hundred Years 26. Disintegration
---encore---
27. Dressing Up 28. The Lovecats 29. The Caterpillar 30. Close to Me
31. Hot Hot Hot!!! 32. Let's Go to Bed 33. Why Can't I Be You?
34. Boys Don't Cry 35. 10:15 Saturday Night 36. Killing an Arab


Vampire Weekend@Green Stage Setlist
01. Cousins 02. White Sky 03. Cape Cod Kwassa Kwassa
04. I Stand Corrected 05. Diane Young 06. Step 07. Holiday
08. Unbelievers 09. Horchata 10. Everlasting Arms 11. A-Punk
12. Ya Hey 13. Campus 14. Oxford Comma 15. Giving Up the Gun
16. Obvious bicycle 17. Walcott


Mumford & Sons@Green Stage Setlist
01. Babel 02. Little Lion Man 03. Whispers in the Dark
04. The Cave 05. Holland Road 06. Lover of the Light
07. Thistle & Weeds 08. Ghosts That We Knew 09. Hopeless Wanderer
10. Roll Away Your Stone 11. Awake My Soul (with Haim) 12. I Will Wait


WILKO JOHNSON@Green Stage Setlist
01.All Through The City 02.Roxette 03.If You Want Me You Got Me
04.Sneakin' Suspicion 05.When I'm Gone 06.Going Back Home
7.Dr.Dupree 08.Paradise 09.Don't Let Your Daddy Know
10.Back In The Night 11.She Does It Right 12.Bye Bye Johnny


Yo La Tengo@Green Stage Setlist
01. Stupid Things 02. Stockholm Syndrome 03. Tom Courtenay
04. I'll Be Around 05. Before We Run 06. Sugarcube 07. Ohm
08. Pass The Hatchet, I Think I'm Goodkind


The xx@White Stage Setlist
01. Try 02. Heart Skipped a Beat 03. Crystalised 04. Reunion
05. Far Nearer 06. Sunset 07. Missing 08. Fiction 09. Night Time
10. Swept Away 11. Shelter 12. VCR 13. Islands 14. Chained
15. Infinity 16. Intro 17. Angels


相対性理論@White Stage Setlist
01. スマトラ警備隊 02. 上海an 03. キッズ・ノーリターン 04. 四角革命
05. YOU&IDOL 06. LOVEずっきゅん 07. ほうき星
08. BATACO 09. 帝都モダン 10. Z女戦争


Savages@White Stage Setlist
01. City's Full 02. Shut Up 03. I Am Here 04. Give Me a Gun
05. (Unknown) 06. (Unknown) 07. Strife 08. No Face
09. She Will 10. Hit Me 11. Husbands


Portugal. The Man@White Stage Setlist
01. Purple Yellow Red and Blue 02. All Your Light (Times Like These) (Sludge Jam Outro)
03. Evil Friends 04. So American 05. People Say 06. The Sun
07. Senseless 08. Hip Hop Kids 09. Creep In a T-Shirt
10. Someday Believers 11. The Devil 12. Helter Skelter (The Beatles cover)


Tahiti80@Red Marquee Setlist
01.Big Day 02.Soul Deep 03.MADE FIRST 04.All Around
05.BANG 06.UNPREDICTABLE 07.MIDDLE OF NOWHERE
08.Easy 09.Better Days  10.Solitary Bizness
11.A LOVE ROM OUTER SPACE  12.1000 Times
13.DING DONG 14.Heartbeat 15.Defender


1日目セットリストまとめ
2日目セットリストまとめ

●過去のフジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10
Fuji Rock Festival '11
Fuji Rock Festival '12
カテゴリ : Fuji Rock Festival '13 ・ comments(0)  
2013年07月29日(月)
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '13
  3. フジロック2013 2日目 セットリストまとめ #fujirock

Fuji Rock Festival '13フジロック)の2日目、2013年7月27日(土)のセットリストまとめです。

その他もわかり次第随時更新していきます。

1日目セットリストまとめ
3日目セットリストまとめ

Bjork@Green Stage Setlist
01. Cosmogony 02. Hunter 03. Thunderbolt 04. Moon 05. Crystalline
06. Hollow 07. Hidden Place 08. Heirloom 09. One Day 10. Jóga
11. Pagan Poetry 12. Army of Me 13. Mutual Core
14. Hyperballad (mixed with "Freak" by LFO) 15. Pluto 16. Náttúra
---encore---
17. Óskasteinar 18. Declare Independence


Foals@Green Stage Setlist
01. Prelude 02. Total life 03. My Number 04. Balloons
05. Olympic Airways 06. Sahara 07. Reo sox pugie
08. Late Night 09. Inhaler 10. Providence 11. Two Steps


奥田民生@Green Stage Setlist
01. 哀愁の金曜日 02. スルドクサイナラ 03. フロンティアのパイオニア
04. マイカントリーロード 05. 海の中へ 06. アーリーサマー
07. あくまでドライブ 08. 悩んで 学んで 09. 風は西から
10. さすらい 11. 御免ライダー


THE BAWDIES@Green Stage Setlist
01. DANCE THE NIGHT AWAY 02. IT'S TOO LATE 03. ROCK ME BABY
04. YOU GOTTA DANCE 05. LEMONADE 06. EMOTION POTION
07. I BEG YOU 08. JUST BE COOL 09. TAKE A CHANCE
10. KEEP ON ROCKIN' 11. HOTDOG 12. SING YOUR SONG


Kendrick Lamar@White Stage Setlist
01. The Art of Peer Pressure 02. m.A.A.d city (2nd verse)
03. Backseat Freestyle 04. P&P 05. Fuckin' Problems (A$AP Rocky cover)
06. Money Trees 07. Bitch, Don't Kill My Vibe 08. Poetic Justice
09. The Recipe (Real intro) 10. m.A.A.d city (1st verse) 11. Swimming Pools (Drank)


MANNISH BOYS@White Stage Setlist
01. MANNISH BOYSのテーマ(Opening) 02. Mach Venus 03. 猿の惑星
04. Dark is easy 05. 天使とサボテン 06. DIRTY BUNNY 07. Oh Amy
08. LOVE&LOVE 09. あいされたいやつらのひとりごと 10. MANNISH BOYSのテーマ(Ending)


Killswitch Engage@White Stage Setlist
01. The New Awakening 02. A Bid Farewell
03. Fixation on the Darkness 04. The Hell in Me 05. Life to Lifeless
06. Take This Oath 07. The Arms of Sorrow  08. This Is Absolution
09. Rose of Sharyn 10. In Due Time 11. My Curse
12. The End of Heartache 13. My Last Serenade


Coheed and Cambria@White Stage Setlist
01. A Favor House Atlantic 02. Goodnight, Fair Lady 03. Number City
04. Key Entity Extraction III: Vic the Butcher 05. Key Entity Extraction IV: Evagria the Faithful
06. Here We Are Juggernaut 07. In Keeping Secrets of Silent Earth: 3
08. Welcome Home


Hurts@Red Marquee Setlist
01. Exile 02. Miracle 03. Wonderful Life  04. Somebody to Die For
05. Evelyn 06. Sunday 07. Sandman 08. Blind 09. The Road
10. Unspoken 11. Illuminated 12. Better Than Love 13. Stay


Suzanne Vega@Field Of Heaven Setlist
01. Marlene on the Wall 02. When Heroes Go Down 03. Luka
04. Small Blue Thing 05. Frank & Ava
06. Rock in This Pocket (Song of David) 07. Left of Center
08. Blood Makes Noise 09. The Man Who Played God (Dedicated to Mark Linkous)
10. The Queen and the Soldier 11. The Fool's Complaint (new song)
12. I Never Wear White (new song)
13. Don't Uncork What You Can't Contain (new song)
14. Some Journey 15. Tom's Diner


Skinny Lister@Field Of Heaven Setlist
01. If the Gaff Don't Let Us Down 02. Trawler Man 03. Colours
04. 10,000 Voices 05. John Kanaka 06. Rollin' Over
07. Polkas (Jenny Lind / Girl in a Blue Dress) 08. Seventeen Summers
09. Merry Old Dance 10. Fisherman's Wife 11. Bold as Brass
12. Bonny Away 13. William Harker 14. Wild as the Wind Blows
15. Six Whiskies 16. Forty Pound Wedding


夏木マリ@Orange Court Setlist
01. CONNE 02. Blues 03. 神さまへ 04. Summer Time
05. スワサントンブルース 06. キャデラック 07. CRY BABY 08. Piece Of My Heart


1日目セットリストまとめ
3日目セットリストまとめ

●過去のフジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10
Fuji Rock Festival '11
Fuji Rock Festival '12
カテゴリ : Fuji Rock Festival '13 ・ comments(0)  
2013年07月29日(月)
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '13
  3. フジロック2013 初日 セットリストまとめ #fujirock

Fuji Rock Festival '13フジロック)の初日、2013年7月26日(金)のセットリストまとめです。

その他もわかり次第随時更新していきます。

2日目セットリストまとめ
3日目セットリストまとめ

Nine Inch Nails@Green Stage Setlist
01. Copy of A (世界初披露) 02. Sanctified 03. Came Back Haunted (ライブ初披露)
04. 1,000,000 05. March of the Pigs 06. Piggy 07. Reptile 08. Terrible Lie
09. Closer 10. Gave Up 11. Help Me I Am in Hell 12. Me, I'm Not
13. Find My Way (世界初披露) 14. The Way Out Is Through 15. Wish
16. Survivalism 17. The Good Soldier 18. Only 19. The Hand That Feeds
20. Head Like a Hole 21. Hurt


BRAHMAN@Green Stage Setlist
01. 初期衝動 02. 賽の河原 03. 今際の際
04. CHERRIES WERE MADE FOR EATING 05. JESUS WAS A CROSS MAKER
06. 遠国 07. BEYOND THE MOUNTAIN 08. deep 09. BASIS
10. 鼎の問 11. 露命 12. SEE OFF 13. GOIN' DOWN 14. 最終章
15. ANSWER FOR… 16. PLACEBO 17. 警醒 18. 霹靂 19. The only way


My Bloody Valentine@Green Stage Setlist
01. I Only Said 02. When You Sleep 03. New You
04. You Never Should 05. Only Tomorrow 06. Come In Alone
07. Only Shallow 08. To Here Knows When 09. Wonder 2
10. Soon 11. Feed Me With Your Kiss 12. You Made Me Realise


ROUTE 17 Rock'n'Roll ORCHESTRA@Green Stage Setlist
SE. Mack The Knife-Bobby Darrin 01. I Can't Turn You Loose
02. Lucille(トータス松本) 03. バンザイ〜好きでよかった〜(トータス松本)
04. YMCA(甲本ヒロト) 05. 情熱の嵐(甲本ヒロト)
06. 君が好き(MIKUNI DOLLS)
07. Sweet Home Chicago(大江慎也) 08. Rosie(大江慎也)
Mustang Sally
09. ブン・ブン・ブン(仲井戸”CHABO”麗市) 10. Hey Hey, My My(仲井戸”CHABO”麗市)
11. Fiesta(クリス・ペプラー、トータス松本、甲本ヒロト、大江慎也、仲井戸”CHABO”麗市)


YELLOWCARD @White Stage Setlist
01. Breathing 02. Way Away 03. Always Summer
04. Light Up The Sky 05. With You Around
06. When You're Through Thinking, Say Yes
07. Here I Am Alive 08. Rough Landing, Holly 09. Only One
10. Lights And Sounds 11. Ocean Avenue


怒髪天@White Stage Setlist
01. 独立!俺キングダム 02. 濁声交響曲 03. GREAT NUMBER
04. 夏のお嬢さん 05. 押忍讃歌 06. オトナノススメ 07. 流れる雲のように
08. ドリーム・バイキング・ロック 09. 歩きつづけるかぎり
11. 酒燃料爆進曲 12. ニッポン・ワッショイ


Tame Impala@Red Marquee Setlist
01. Why Won't You Make Up Your Mind? 02. Music to Walk Home By 03. Jam
04. Mind Mischief 05. Solitude Is Bliss 06. It Is Not Meant To Be
07. Half Full Glass Of Wine 08. Elephant 09. Be Above It
10. Feels Like We Only Go Backwards 11. Alter Ego 12. Apocalypse Dreams


Local Natives@Red Marquee Setlist
01. You & I 02. Breakers  03. Wide Eyes 04. Ceilings 05. Camera Talk
06. Airplanes 07. Heavy Feet 08. Colombia 09. World News
10. Who Knows, Who Cares 11. Sun Hands


THE SEA AND CAKE@Orange Court Setlist
01. The Invitations 02. On And On 03. Harps 04. A Mere 05. Jacking the Ball
06. Weekend 07. The Staircase 08. Middlenight 09. Window Sills
10. Pacific 11. Exact To Me 12. Coconut 13. New Patterns 14. The Argument
15. An Echo In 16. Leeora

2日目セットリストまとめ
3日目セットリストまとめ

●過去のフジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10
Fuji Rock Festival '11
Fuji Rock Festival '12
カテゴリ : Fuji Rock Festival '13 ・ comments(0)  
2013年07月29日(月)
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '13
  3. Fuji Rock Festival 13 日記 7/28(日) 最終日 part3

フジロック 13、最終日編 Part3。

Fuji Rock Festival 13 日記 7/28(日) 最終日 part2より続く

3日目セットリストまとめ


White StageにCAT POWERを見に行く。
金髪の短髪、革ジャンを着たロックな佇まい。
なんかキャット・パワーはサラサラストレートなイメージが強かったので、ちょっと意外。

ロックな曲が続いたかと思ったら急に打ち込みサウンドがあったりと、音楽性も意表をついて来る感じが楽しい。
突然ロボットダンスをしたりと、動きも面白くて見てるだけでも楽しめる。
ま、美人は何をやっても絵になるし、曲も面白いし、またライブ見たいな。



さてさて、夜も更けてきてField Of Heavenが本領を発揮する時間。
LETTUCEが演奏していた。
楽しげなファンクサウンドを鳴らしていてちょっと観てたら、すぐに演奏が終わっちゃった。

どうやら第1部が終わりみたいでした。


そのままOrange Courtへ移動し、DAVID MURRAY BIG BAND Featuring MACY GRAYを観る。
失礼ながらデヴィッド・マレイさんは詳しくは存じ上げないのですが、メイシー・グレイ目当てで観てきました。

ちょうど彼女が登場したところで、キンキラの衣装で、あの独特のヴォーカルを聴かせてた。
ビッグバンドとの相性も抜群。
途中ダンサーが登場したり。

ハイライトは、去年出たカバーアルバムにも収録されていたアーケイド・ファイアの"WAKE UP"のカバー。
メイシーが客を煽りに煽ってやっとこさ大合唱。
ここはスムーズに盛り上がりたいところだっけど、最終的にいい感じで終わったのでよしとしよう。

というか、個人的にはArcade Fireの来日を切に願い続けて数年経つので、これも全て来年あたりフジロックのヘッドライナー出演する壮大な前フリだと信じる。
日高さんお願いします!

話はそれましたが、客を座らせて立ち上がらせるなどメイシーが会場を支配した、メイシーオンステージなライブだったかな。
ほとんど触れませんでしたが、バンドの演奏も秀逸でした。



またまたヘブンを通ったらLETTUCEの第2部をやってた。
ミラーボールも回ってた。


時間が許せばもっと観てたかったけど、ホワイトの大トリ、The xxが観たかったので、すぐに移動。
前回フジに出演したときは、後半の2、3曲しか聴けなかったので。
ちなみに、昨年リリースされた『Coexist』は個人的に年間ベストに選ばせてもらったほど良かったので今回はぜひとも観たかった。

で、実際にライブを観た感想を最初に言ってしまうと、間違いなく今日の、ひょっとしたら今年のベストアクトにあげたくなるような感動的なものでした。
この3日間、朝から晩どころか明け方まで音楽を浴び続けて、ある意味音に麻痺した体にすっと溶け込む歌とサウンド。
音数が少なく、歌も声を張り上げる物ではないからこそすんなり入ってくるような感じ。

しかも、それは決して静かで穏やかな、座って聴くような音楽というわけでもなく、スタジオ音源よりもビートが効いていて、自然と体が動いてしまうものだったのが良かった。

フロント二人、ロミーとオリバーのボーカルの絡みだけじゃなく、二人のダンスを踊るような動作の絡みも秀逸で、たった3人でこの広いホワイトステージを虜にしていました。

MCでは裏で長時間ライブをやっているキュアーをリスペクトしたりする場面があったくらいで、基本的にはライブに集中。

後半はレーザー光線も飛び出し、そのレーザーでで「X」の文字を描いた瞬間が最高でした。
アンコールはなく、最後は"Angel"をロミーが歌って終了。
ロミーとオリバーが手を繋いで去っていきました。



感動的なThe xxの後は、2013年のフジロック、Green Stageの大トリ、THE CUREの終盤を観る。
前回出演したときにフルで観たし、今回はどうしてもThe xxを最後まで観たかったので、今回はちょっとだけ。

グリーンに到着したときには、もうすでに持ち時間の終わりの時刻、0時を回ろうかという時間だったんだけど(日付がかわってからヘッドライナーのライブが終わるのはフジロック初らしい)、まだまだライブが終わる様子はなし。
結局、持ち時間を30分近くオーバーして、約3時間のステージでした。

ちょっとしか観れなかったけど、"Boys Don't Cry"とか聴けたので満足。
後、ロバート・スミスが相変わらず年齢不詳だったのも確認できたしね。


3時間まるまる堪能した人がいたら、ぜひ感想を聞いてみたいですね。


これにてフジロック2013のメインステージ、グリーンの全行程終了。
恒例の"Power To The People"が流れ、お祭り騒ぎの中、大団円。


メインステージが終わろうとも、まだまだ終わらないのがフジロック。

まずはオアシスに行って、ユッケジャンクッパであたたまる。
ホント、今年は3日間通して寒かったな。。。

食べながらRed MarqueeからのGOMA&THE JUNGLE RHYTHM SECTIONの音洩れを聴く。

その後、レッドの中へ。

折り畳みいすに座って休憩しながらBAAUERを聴きつつ、大ヒット曲“Harlem Shake”の時だけ立ち上がって聴く。


終わった瞬間また座るっていうね・・・(笑)
で、結局疲れが溜まりすぎてて、そのままね落ちしちゃって、さっき感動したばかりのThe xxのJAMIE XXは寝たまま聴いてしまいました。。。


さすがにレッドには居られなくなってきたので、会場の外へ向かう。

入場ゲートに掲げられた、お決まりの「SEE YOU NEXT YEAR!!」の文字に激しく寂しさを覚えつつも、「来年も絶対来る!」という思いを胸に、外へ。


で、「まだまだ遊ぶぞ!」とばかりに、PALACE OF WONDERへ。
この時点で午前3時くらい。

最終日のこの時点で雨が降ってるのはちょっと久しぶりというか、個人的には初体験かも。

ここ数年お決まりになってたフジウジを観る。
今年からハエ男も登場。
誰だかよくわからないオッサンでしたが、超面白かった。


その後は、パレステントでラテンな音楽を聞いたり、セクシーなダンスみたり、ブランコでぐるぐる回ったり、なんやらかんやら満喫して、4時半過ぎに宿に帰る事に。

悲しいかな2013年のフジロック、これにて全日程終了!

宿には5時半前に帰りました。


まとめに続く。


●過去のフジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10
Fuji Rock Festival '11
Fuji Rock Festival '12
カテゴリ : Fuji Rock Festival '13 ・ comments(0)  
2013年07月29日(月)
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '13
  3. Fuji Rock Festival 13 日記 7/28(日) 最終日 part2

フジロック 13、最終日編 Part2。

Fuji Rock Festival 13 日記 7/28(日) 最終日 part1より続く

3日目セットリストまとめ


Savages終わりでField Of Heavenに移動し、BRINSLEY FORDEを観る。
ブリンズリー・フォードと言えばAswadのヴォーカリストということもあり、アスワドの曲もやりました。
ルーツロック期のアスワドが好きだけど、ポップ路線に移行した後の曲で、Ace of Baseのカバーで世界中で大ヒットした"Don't Turn Aqound"が聴けたのはテンンション上がった。

「マリワナに火をつけろ」、なんていかにもなメッセージが歌われる曲とあったり、ラッパーが出てきて共演したり、「アナタハサイコー」と日本語で叫んだりと、サービス精神満点の楽しいライブでした。


ホットワイン飲んで、体を暖めた後は、White Stageに移動し、TORO Y MOIをちょっと観る。
ギター、ベース、ドラムを加えた4人編成。
前にHostess Club Weekenderでライブ見たときはステージ狭しと飛び回るように動いていたチャズは、今回動きが少なく、歌と演奏に集中してるように感じた。
それでもライブならではの肉体感があって、スタジオ盤とはちょっと違う世界を見せてくれました。


トロイモアを切り上げ、Green Stageに移動。
今、世界で最も売れてるバンドと言っても過言ではないMUMFORD & SONSを観る。
アメリカでも大ヒットして、グラミーの最優秀アルバムを穫っちゃうくらいの人気バンドだけど、日本ではまだまだ一般レベルでの知名度は低いので、今回の来日で欧米との格差が埋まるかどうかと言ったところ。

実際のライブは、イギリスのバンドとは思えない大陸的な音を鳴らしていて、アメリカでヒットするのもうなずけるももでした。
そして、何よりメロディが良い。
この辺はUKぽさもあったかな。

途中、HAIMが出てきて"Awake My Soul"を共演する場面もあったり。
「日本に初めて来れて楽しいです」なんて日本語MCにも沸いた。

最後は"I will wait"で大団円。
海外のセトリを見ると、サクッと結構中盤でやっちゃってるみたいだけど、これが最後に来ると、「あー良い物見たなぁ」って印象を強くするね。
世界とのギャップはかなり埋まったかな?



今年の顔といえるマムフォードを押さえたところで、Red Marqueeに移動しTAHITI 80を。
何気に20年選手で、もはやベテランとも言えるくらいのキャリアをもつ彼らだけど、相変わらずポップで瑞々しい音をならしてた。
レッドマーキーのテントから外まで溢れるほど人が集まっていて、その人気のほどが伺えました。

ステージにはミラーボールが設置されていて、彼らの音楽同様にキラキラと光ってました。

途中でペンネ、鳥まぶし丼を食いながら外で聴いてたら、代表曲"HEARTBEAT"が流れ出した。
食事のBGMとして使うには恐れおおいほど贅沢な瞬間でした。



グリーンへ移動しVAMPIRE WEEKENDを見る。
最新作『Modern Vampires of the City』も全米1位を獲得した彼ら。
・・・って話はそれるけど、今年のフジのラインナップは地味な印象があったけど、彼らに加え、先述のマムフォード&サンズにFUN.のグラミー主要部門受賞バンドが出てるし、すごく豪華なことに今更気づいた。。

ステージの後ろには大きな花柄の幕のかかっているステージセットの中、次々と繰り出されるちょっとアフロだったりカリビアンな色合いをもったポップなサウンドに、歌メロ。

エレクトロ色も少し加わってて、3日目も終盤にさしかかるこの時間でも会場を踊らせてしまうライブ。
最新作収録の"Diane Young"等も既に皆で歌って踊れるアンセム化してました。

同じく最新作の1曲目"Obvious Bicycle"を終盤にやって、少し内省的な雰囲気になって、これで終了かな?と思ったら、最後は”Walcott”でアゲて終わった。

楽しかった!

惜しむらくはグリーンに来るのが遅くて最初の方に間に合わず、1曲目にやった"Cousins"を聞き逃したことだけかな。


Fuji Rock Festival 13 日記 7/28(日) 最終日 part3につづく


●過去のフジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10
Fuji Rock Festival '11
Fuji Rock Festival '12
カテゴリ : Fuji Rock Festival '13 ・ comments(0)  
2013年07月28日(日)
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '13
  3. Fuji Rock Festival 13 日記 7/28(日) 最終日 part1

フジロック 13、最終日編 Part1。

Fuji Rock Festival 13 日記 7/27(土) 2日目 part3より続く

3日目セットリストまとめ


さてさて、ついに2013年のフジロックも最終日。

9時半に起床し、外を見ると晴れてた。

3日間ずっと土砂降りかと苗場に来る前は思ってたけど、結局3日とも朝は晴れ。
(ま、結局、3日ともその後土砂降りになる訳ですが・・・)


最終日も朝飯を宿でモリモリ食べる。
焼鮭でした。

11時前に宿出発。
やはり最終日は疲れもあってか一番遅い出発です。
それでも事前の予想よりは早い!


まずはGreen StageにてTHE GOLDEN WET FINGERS
チバユウスケ×中村達也×イマイアキノブという3人組。
初めて行ったフジロックが2000年で、その時の初日と2日目のヘッドライナーとしてグリーンステージに立った2人が並ぶのを観るのは、なんか感慨深いね。

チバとイマイのダブルギターで、ベースレス。
イマイがベース的な音をギターで鳴らしたり。
目の縁を黒く塗ったメイクのチバが「しまっとけー」と連呼する曲が非常に記憶に残った。

チバも達也もいろんな形でフジに出るので、このバンドをフジで観れるのもこれが最初で最初かもな、と思ったら貴重な瞬間だったかなと思う。


山道を越えてWhite Stage方面へ。
ところ天国側の川で水遊びしながら漏れ聞こえる七尾旅人を楽しむ。
やけのはらパートなしの"Rollin’ Rollin’'"も意外と良いなと思った。


またグリーンに戻ってYO LA TENGOを観る。
彼らのライブを観るのも2000年のフジロック以来かなぁ。
我ながら年取ったもんだ・・・

それにしても晴れたグリーンでビール飲みながらヨラテンゴなんて気持ち良すぎる。
ゆっくりゆったりな曲、ギターの荒れ狂う爆音の曲も最高。


と、ここで雨が降り出す。

雨宿りがてらRed Marqueeに移動し、DIIVを観る。
オルタナ?シューゲーザー?と言った感じの音。
話題になってる割には、悪くはないけど、あんまり印象に残らなかったかな。
CDで聞いたり、もう少し狭い会場で観るとまた印象違うかも。


ここで五平餅を食す。
毎年必ず食うけど、今年は3日目にしてやっと。
手軽に買えてすぐ食べれるので、勝手にフジロックのファーストフードと思ってます。


そうこう言ってるうちにまた晴れた!
一旦トイレ行って、レッド前の橋の下に降りて川遊び。


その後、DAUGHTER@レッドをチラ見。
ダークな感じがすごくいい。
でも、昼間のレッドだとちょっと変な感じかな。
ライブハウスで観てみたい。

で、もっと観たかったけど、やはりここは早々に切り上げてグリーンステージに移動しなければいけないのです。


もちろん、お目当てはWILKO JOHNSON
とか言いつつ、スタートにちょっと遅れてしまった。。

末期のすい臓がんと診断されながらも延命治療をすることを止めたウィルコ。
前回フジで見たときほどの動きにキレはなかったけど、ギターはキレキレ。
もうすぐ死んでしまう人とは思えない…
健康な66歳でもこんな人めったにいない。

そんなウィルコを祝福するように雨が降ったりしてた天気もすっかり晴れた!
ギターをマシンガンの様に構える姿も決まってた!

もう後何回も来日して、フジロックにも来てくれるんじゃないかという錯覚すら覚えた。
というか、来年もぜひフジロックに出演してくれることを切に願う!

異例のアンコールに応えて、最後はチャックベリーの”Bye Bye Johnny”。
バイバイなんて言わないで、とばかりに泣きながらモッシュしてる人たちがいました。



オアシスに移動し、おにぎりと豚汁をいただく。
シンプルだけど、すごく美味しかった。


それからレッドでHAIMを観る。
スタジオ盤より激しくロックしてて、カッコイイ。
ギターも弾きまくりだし、パーカッション祭も開催。
BBCの「Sound of 2013」の第1位に選ばれたということで何曲かYouTubeで観た程度だったんだけど、ライブを観て一気に印象変わりました。

今年中には出るであろうフルアルバムが楽しみでならないですね。

日本語の歌も歌いだしたりしたハイムを途中で切り上げ移動。


グリーンを素通りしてWHITE STAGEへSAVAGESを見に行く。
いつの間にかすっかり豪雨。
どちらかというとダークなイメージのバンドなので、昼の野外に合うか心配だったけど、雨はぴったり。
同じく女性バンドと言っても、ハイムが陽でサヴェージズが陰って感じ。
どちらもすごくかっこ良く、出演時間が被ったのが残念でなりません。。

面白かったのはボーカルのジェニー・べス、かっこいいけどなんか動きが変。
腰の入ってない空手の突きみたいな動き。
ステージアクションの変さも含めて、比較に出されるJoy Divisionのイアン・カーティスぽいかも。


ライブの終わりのほうで雨が上がった!

パート2につづく

●過去のフジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10
Fuji Rock Festival '11
Fuji Rock Festival '12
カテゴリ : Fuji Rock Festival '13 ・ comments(0)  
2013年07月28日(日)
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '13
  3. Fuji Rock Festival 13 日記 7/27(土) 2日目 part3

フジロック 13、2日目編 Part3。

Fuji Rock Festival 13 日記 7/27(土) 2日目 part2より続く

2日目セットリストまとめ


さてさて、2013年のフジロックも早くも2日目のヘッドライナー、Bjorkの時間です。
2003年に出た時、当時フジロックのチケットなんて売り切れるはず無いと高をくくってギリギリまでチケットを買わずに余裕をかましてたところ、売り切れて超焦った事を思い出した。。
あれからもう10年か・・・

そんな久々の出演となったビョークのステージは、最初に言ってしまうと、当時のようなヒット曲を連発し、花火がばんばん打ち上がったアゲアゲのフェス仕様ではなく、もっとアーティスティック(もちろん当時もかなりアーティスティックだけど)な物になっていた気がする。
ひょっとしたら途中で疲れて移動しちゃった人も多かったかも。
でも、やっぱり最後まで観たら、「なんかすごいもの観た」感はハンパなかったけど。
去年のレディオヘッドもそんな感じだったな。

以下、ライブのレポを少々。
アイスランドのコーラス隊(「グラデュアレ・ノビリ(Graduale Nobili)」)を引き連れた編成。
曲によっては彼女たちが踊るんだけど、それがばらばらに踊っているようで意外と統制がとれてるのが面白かった。

1曲目の"Cosmogony"が終わって早速「アリガト」とビョーク節。
これ好きなんだよなぁ。
これを聞きたいが為にビョークのライブを観る言っても過言では・・・いや過言ですね(笑)

ちなみにスクリーンはイメージ映像やPVが流れるのみで、ステージ上の映像は映らないのでビョークのアップは拝めず。(他には上から鉄の籠のようなものが降りてきたりしてた)
遠目に見るビョークは泡のような派手な衣装を着てピョンピョン跳ねていて、ちょっと「今いくよ・くるよのくるよ師匠かよ!」って思った・・・(笑)
でも、ステージ脇まで着たときに近くで観れたんだけど、すごく細くて小さいかわいい女性でした。
これであのステージをやっちゃうんだからすごい。
見た目の年齢も不詳だし・・・

セットリストは『biophilia』を中心としたものだったけど、もちろん代表曲もやって、"Hyperballad" (ここ最近のお決まりのLFO"Freak"mix)から"Pluto"の流れが特にヤバかったかな。

アンコールでは、コーラス隊による"Óskasteinar"の合唱の後、ビョークが「カラオキ!」(カラオケ)と叫んで"Declare Independence"に突入。
みんなで「ハイヤッ、ハイヤー」と叫んで大団円。

なんだかんだ言って、最高でした。



ビョーク終わりでボードウォークを通りField Of Heavenへ。
ハワイラーメン(麺が沖縄そばみたいでした)とタコライスを食す。

GARTH HUDSON(The Band/The Last Waltz) featuring Sister Maud Hudsonを見る。
最初、ステージをみてもどこにガース・ハドソンがいるのかわからなかったんだけど、よく見るとキーボードの向こう側にいた。
腰が曲がり過ぎてて、座るとキーボードのかげに隠れちゃう感じ。
白髪で白いひげを蓄えたガースは、どこかディズニーのアニメにでてきそうなおじいちゃんでした。
(76歳という年齢の割には老けてるかも)
しかし、キーボードを弾き始めたらすごかった!

中央で車いすに座りヴォーカルをとるのが彼の奥さん、Sister Maud Hudsonのよう。
アーティスト表記のように、そんな2人を中心とした編成で、The Bandの"The Wight"、"I shall be released"などの名曲を演奏。
まぁ、オリジナルをイメージして聴いてもヴォーカルが全然違うので、全くの別物として楽しむのが正解!って感じだったけど。

ガースハドソンがさって、突然和太鼓の演奏があったりして、キョトンとしてたら、アンコールがあった。
(最終的には2回アンコール)
ソロがあったり、シスター・モードと二人きりで演奏したり(感動的でした)、結局持ち時間を30分超過しつつ、ガースのソロでシメ。

黄色い旗振ってさっていきました。


良い物観たなぁとしみじみ感じるガース・ハドソンのステージの後は、White Stageへ。
Cut Chemistが復活し、まさに「帰ってきた」という表現がぴったりなJURASSIC 5のライブの終盤をちょこっとだけ。
前にサマソニでライブ観たのが2004年だから、もう9年も経つのか・・・

真ん中に大きなターンテーブルが設置されたステージセットで4MC・2DJが盛り上げる。
ヒップホップもやはりライブに限る。
パーティーという観点ではロックよりも楽しいし。

最後の方で「Freedom!」といって右手を掲げてたのがかっこ良かったな。


ジュラシック5終わりで、ところ天国に行って、富士映劇にて、「男はつらいよ 翔んでる寅さん」を観る。
フジロックって寅さん好きですねぇ。
マドンナである桃井かおりの若さと、しゃべり方が今と全く変わってないことにウケた。


最後まで観るとさすがに長いので途中で切り上げゲートの外へ。
(またの機会に続きを観よう)

Palace of WonderのCrystal TentにてWilko Johnsonの音洩れを聴く。
入場は長蛇の列だったのであきらめた。
明日の最終日、グリーンステージでのライブは絶対見るぞ!


Fuji Rock Festival 13 日記 7/28(日) 最終日 part1に続く

2日目セットリストまとめ

●過去のフジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10
Fuji Rock Festival '11
Fuji Rock Festival '12
カテゴリ : Fuji Rock Festival '13 ・ comments(0)  
2013年07月28日(日)
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '13
  3. Fuji Rock Festival 13 日記 7/27(土) 2日目 part2

フジロック 13、2日目編 Part2。

Fuji Rock Festival 13 日記 7/27(土) 2日目 part1

2日目セットリストまとめ

13年ぶりとなった大満足の民生@フジロックのステージを観た後は、雨がひどいのでRed Marqueeを目指す。

オアシスで牛スジカレーを買って腹ごしらえ&暖をとる。

そこからTOM ODELL@レッド。
ギター・ベース・ドラムを引き連れ、金髪振り乱して鍵盤をたたく姿は、ルックスの良さから想像するイメージよりもかなりロック。
ビートルズの"Get Back"のカバーをしたりしてたけど、オリジナル曲の方が全然激しくロックしてた。
見た目とライブパフォーマンスのギャップという点では、なんとなくジェイミー・カラムとかも連想しました。


トイレ休憩を挟み(雨降りの2日目ともなると、結構汚れてきましたね・・・)、Green Stageへ。

FOALSを見る。
1st『Antidotes』の時はレッド、2nd『Total Life Forever』はWhite Stage、そして今年出た3rd『Holy Fire』でついにグリーン。
その音楽性が発展するのに比例するようにステージがでかくなっていくのが面白い。
特にこの3枚目でのスケールアップした壮大な音楽性はまさにグリーンにもってこいという感じ。
大将も良くわかってらっしゃる!


最後まで観ていたかったけど、移動開始。
Field of Heavenへ大移動。

ホットワインで温まりながら(今年のフジはとにかく寒い)SUZANNE VEGAを見る。
アコギを弾きながら歌うスザンヌとサポートのギタリスト(エレキ)の二人だけのステージ。
スザンヌさん細いですねぇ。

雨も降り止んだヘブンに彼女の声が優しく響き渡る。
観に来る前に既に"Luka"をやっていて、移動した後に"Tom's diner"をやったと後で知ってちょっと残念だったけど、まぁそれは仕方ない。



ヘブンでピザ買ってOrange Courtへ。

食べながら、MARK ERNESTUS PRESENTS JERI-JERI
まさにパーカッション祭といった様相。
ステージ上の熱気も凄まじく、スキンヘッドから湯気が上がってた(笑)
これ、最初から最後までフルで観たらトランス状態になれるんじゃ・・・

しかし、途中で切り上げて、オレンジ〜グリーンへ大移動。
(今日はチラ見からの大移動が多い)
道が混みすぎてて予定の二倍くらいかかった。


KARL HYDEをグリーン通過とトイレの列に並びながら聞いた。
アンダーワールドと違って日が落ちる直前にピッタリな、チルな感じ。


またまた奥地を目指す。

斉藤和義中村達也によるMANNISH BOYS@ホワイトをチラ見。
相変わらず達也のドラムは激しくかっこいい。
途中からゲストで堀江博久がキーボードで加わり3人になった。


ボードウォーク通過してオレンジへ。
BAIANASYSTEM@オレンジもチラ見。
どうやらライブが始まる前にお面配ってたらしく、それをつけてる人が多数いました。
欲しかったなぁ。
ダビーな音を鳴らしてて結構楽しかった。


で、こちらもチラ見で終わって、DANIEL LANOIS@ヘブンに。
もちろんこれもチラ見。
アメリカンな渋いロックサウンドを鳴らしてた。
U2のプロデューサーとしても有名な彼、ボノと作ったという曲を披露してました。


てな感じで、この夕暮れゾーンはチラ見チラ見でぐるぐる回ってました。
その後に続くビョークのステージのための準備運動的な。


Fuji Rock Festival 13 日記 7/27(土) 2日目 part3に続く

2日目セットリストまとめ

●過去のフジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10
Fuji Rock Festival '11
Fuji Rock Festival '12
カテゴリ : Fuji Rock Festival '13 ・ comments(0)  
2013年07月28日(日)
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '13
  3. Fuji Rock Festival 13 日記 7/27(土) 2日目 part1

フジロック 13、2日目編 Part1。

Fuji Rock Festival 13 日記 7/26(金) 初日 part3より続く。

2日目セットリストまとめ

8時半起床

今日も朝からモリモリ宿のご飯を。
卵かけご飯その他

準備して10時半頃出発。

本日も朝は晴れております!


まずはRed MarqueeにてPRISCILLA AHN
ブルーノートからデビュー等、ノラ・ジョーンズを彷彿させる経歴を持ってる彼女もひょっとしたら将来の大物になるかも、なんて思いながら見に行く。
今年のフジロックの出演者で1、2を争う美人さんです。

なにやらセッティングに時間がかかってた。
それもあってか、時折マイクがハウリング起こしたり、機材関係でうまく行かない場面も。
さらに緊張して歌詞を忘れてしまったりとか、ちょっとまだライブ慣れはしてないとこはあったけど、そこもまたアットホームな感じでよかったかも。
はにかむ笑顔も素敵。
衣装もかわいかったです。
「フジロックでみなさんに会えてうれしいです」と日本語でMCしたりしてた。

ドラム、キーボード、チェロを従え、本人はキーボードやアコギを弾きながら朝から爽やかな音を聴かせてくれました。


後ろ髪をひかれつつ、プリシラの途中で大移動開始。
途中で、同じ宿のメンバーに遭遇して一緒にOrange Courtへ。

夏木マリを見る。
オレンジに着くと、激しいボーカルが聴こえる。
そこには、すごい衣装とすごいメイクをしたマリ様が!
和製ジャニス・ジョップリンか!って感じの様相。
歌うまっ!

ただただそのヴォーカルに圧倒されるばかりでした。


その後は、オレンジ奥のエリアへ。
ベンアンドジェリーのアイス食べたり、スラックラインを観たり、カフェドパリを覗いたり。

一通りその辺で遊んだ後は、またまた大移動して、Green Stageへ。

ボードウォーク通ったら昼間はなかなか涼しげでいい感じ。


さてさて、お次は、個人的今年の目玉、奥田民生です。
フジロックで民生を見る事をこの13年間待ちに待った。
2000年のフジロック、当時オレンジがなくフジ最深部だったField Of Heavenで人が集まりすぎて入場規制のしかれた民生のステージが、私の14回を数えるフジロック参戦の中でも最も記憶に残るものの1つだったので。
(ま、元々ただの民生好きって突っ込みは無しで!)

というわけで、今年初めてのモッシュピットへ(ひょっとしたら最後?)
雨がパラついていたのでポンチョは着たまま。

時間になり、メンバー登場。
小原礼と湊雅史、斎藤有太のMTR&Y編成で、小原さんと湊さんがポリス帽を被って登場。
小ネタはさみますねぇ。

"哀愁の金曜日"から始まり、前半は割とここ最近の民生らしくおおらかなロックを鳴らす。
徐々に雨が強くなり、気づけば豪雨。
始まる前は、「民生は晴れ男だから、途中で太陽でちゃうんじゃない?」ぐらいで考えてたんですが、全然そんなことなかった。。
(民生自身も「こんなに雨降るの珍しいよ、俺は」って言ってた(笑))

しかし、その激しさを増す雨に比例するように演奏も激しさを増していく。
「13年ぶりの出演でヨボった。ヨボったお客さんもいるでしょう。」なんて飄々と言ってたけど、円熟味と言った一言では言い表せない民生独自のロックがさらに成長を続けてるのを感じました。

で、圧巻だったのは"悩んで 学んで"。
この曲をライブで聴くのはいつ以来だろう?
少なくともDr. Strange Loveを率いてた時代以降初めて聴いた気がする。
雨のせいで視界が狭くなったのも相まって、民生のギターとヴォーカルにひたすら没頭しながら一緒に「それは疑問だー!」と叫びました。

13年の間にまさかのユニコーン再結成もあったし、昔の曲をやるのに抵抗は減ってきたのかな。
(できれば"愛のために"が久々に聴きたい!)
本人は、「昔の曲はキーが高い、死にそうになった」って言ってたけど(笑)

「後3曲やりまーす」と言って、「最近テレビでよく流れてる曲」、マツダのCMソング"風は西から"と"さすらい"、最後は"御免ライダー"でシメ。

"イージューライダー"もやらない、結構通好みなセトリだったので、ライトな客層にはどう映ったかわからないけど、個人的には最高のライブでした。
あえて言えば、天気のフレーズのでる曲が多かったので、"コーヒー"とか聴いてみたかったけど。
太陽みたいに明るい照明だったので、きっと合ったと思うんだけど。


ま、とにかく最高だったので、次は13年後と言わず、2,3年後にでも出てください。
(毎年でもいいよ!)


Fuji Rock Festival 13 日記 7/27(土) 2日目 part2に続く

2日目セットリストまとめ

●過去のフジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10
Fuji Rock Festival '11
Fuji Rock Festival '12
カテゴリ : Fuji Rock Festival '13 ・ comments(0)  
2013年07月27日(土)

Related Posts with Thumbnails