1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '11
  3. Fuji Rock Festival 11 日記 8/1(月) 帰路〜まとめ

フジロック2011 日記のまとめページ&帰路です。

まずはまとめ。

●前夜祭
Fuji Rock Festival 11 日記 7/28(木) 往路〜前夜祭

●1日目
Fuji Rock Festival 11 日記 7/29(金) 初日 part1
Fuji Rock Festival 11 日記 7/29(金) 初日 part2
Fuji Rock Festival 11 日記 7/29(金) 初日 part3

フジロック2011 初日 セットリスト集


●2日目
Fuji Rock Festival 11 日記 7/30(土) 2日目 part1
Fuji Rock Festival 11 日記 7/30(土) 2日目 part2
Fuji Rock Festival 11 日記 7/30(土) 2日目 part3

フジロック2011 2日目 セットリスト集


●3日目
Fuji Rock Festival 11 日記 7/31(日) 最終日 part1
Fuji Rock Festival 11 日記 7/31(日) 最終日 part2
Fuji Rock Festival 11 日記 7/31(日) 最終日 part3

フジロック2011 3日目 セットリスト集


というわけで、今年もフジロック終了。
前夜祭から含め丸4日間、遊び倒した。
今年も音楽を聴きまくった。

もはや何がベストアクトだったか、なんて決めても仕方ないけど、いろんな思いを込めてTHE MUSICと言ってしまっていいかな。

他は挙げだしたらきりがないので、2011年の象徴として、彼らの名前を挙げておきます。


というわけで帰路。

朝5時半に宿に帰ってきて、風呂って寝て、寝たと思ったらまたすぐ起きる。
帰る準備を整える。

今日もちゃんと宿の朝ごはんを食べる。
茶碗2杯ご飯食った!

んで、帰りは往路と同じメンバーに1人だけ代わって4人で車に乗り込みいざ出発!
また来年!

・・・と思ったら、車を出発させて少し進んだところで、宿代を払い忘れていることに気づき、1年どころか2,3分で宿に戻り、無事支払いを。
払い忘れるうちらもあれだけど、お金取り忘れて見送ってくれた女将さんがすごいね(笑)

というわけで、一路、東京へ。

途中、上里インターでソフトクリーム食ったり。
ここで、クリス・ペプラーを見かけたり。
前夜祭でも見かけたから、今年のフジはクリス・ペプラーで始まり、クリス・ペプラーで終わったようなもんか・・


というわけで、東京到着。

無事今年も怪我することなく家に帰りつく事が出来ました。

といわけで、フジロック2012へ続く・・・


●過去のフジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10

カテゴリ : Fuji Rock Festival '11 ・ comments(0)  
2011年08月01日(月)
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '11
  3. Fuji Rock Festival 11 日記 7/31(日) 最終日 part3 #フジロック

Fuji Rock Festival 11 日記 7/31(日) 最終日 part1より続く。

というわけで、最終日のヘッドライナーである、The Chemical Brothersを観にGreen Stageへ。
さすがヘッドライナーって感じのお金のかかったステージに、スクリーンに映し出される映像も面白い。

今回のライブとは関係ないけど、ケミカルブラザーズと言えば、2000年に私が初めてフジロックにいった年にも出演してたし、その数年後にヘッドラインを飾った時にはその年のフジでバイトをしてた友人に、「フジの後、解散するらしいよ」ってガセをつかまされたり、さらにその数年後に出たときには、途中で仕事が入って泣く泣くヘッドラインを待たずに苗場を後にしたりと、ほんとにフジロックとケミカルには様々な思い出が・・・

とか、昔のことを思い出しつつも、途中でちょっと飽きたので、移動することに。


White StageにWILCOを観に行く。
いやもう絶対良いものになるって確信があったから。

そんな期待を一ミリも裏切ることない素晴らしいライブでホワイトステージの3日間を締めくくった。
キャリアを総括するかのような代表曲のオンパレードに加え、9月に発売予定のレコードからの曲も披露。
"Jesus Etc."はもちろん一緒に口ずさませていただきました。
最終日の疲れ切った体に染みる沁みる。

そして、白眉は"via Chicago"。
涙がちょちょ切れるくらいカッコ良かった。
あの突然の雷鳴のような演奏になる場面では、きっと度肝を抜かれた人たくさんいたんじゃないでしょうか。


そんな最高のウィルコの最後のほうで切り上げてグリーンへ。
これを見なければ今年のフジロックに来た意味がない、と言っても過言ではないもの。
そう、フジロッカーに愛され、そしてフジロックを愛したバンド、The Musicのラストステージ。

グリーンステージは人であふれかえってた。
ビッグ・イン・ジャパンって言われたって良いじゃないか。
フジのメインをこれだけ埋められるバンドなんてほとんどいないよ。

そんなミュージックのラストダンス。
先に行っておくと、フジで何度も観た彼らのライブの中では決して最高の出来ではなかった。
もちろん、そうだからこそ解散するんでしょう。
しかし、そんなことはどうでもいいくらい、気持よく晴れやかな気分になるライブだった。

「アリガトウゴザイマシタ」、「マジヤバイ」など日本語MCも飛び出しつつ、お馴染みのナンバーを繰り出す。
よくライブでは最後に演奏されていた私がミュージックで1,2を争うくらい好きな曲"BLEED FROM WITHIN"は今日は最後ではなかった。
(この曲でロブがステージから降りてきたりしました)

そして、フジロッカーへの感謝を述べた後、最後に披露されたのは"The People"。
わかってはいるけど、これで最後なんだな、って思ったら泣きそうになった。
たぶん、泣いてた人はたくさんいたんだろうな。
でも、自分は泣くのは止めて、その代わりおもいっきり「ザ・ピーポーーー!!」って合唱しました。

この曲が終わり、ステージを去るメンバー。
もちろんアンコールの声はやまない。

そこに大将が登場して、「彼らは、フジロックで散りたいと言っている。アンコールはありません。」と告げる。
こんな素晴らしい散り際を見せたバンドにこれ以上を求めるの無粋です。

とりあえず一言、「ありがとう!君らのライブはマジヤバカッタよ」


そんなわけで、フジロック11、グリーンステージのクロージング。
また来年!
まさに夢の後であり、夢の続き。

恒例の"Power To The People"が流れ、メインステージの全日程終了。


といいつつ、本当の全日程終了は、朝の5時。
まだまだ4時間もあるって言うね(笑)。

まずは拠点に戻り宿メンバーと合流してオアシスに移動。
乾杯したり飯食ったり。
最後の晩餐は、パエリア食いながらサングリアを飲みました。


ほどなくして、レッドにてJURASSIC 5のメンバーであるDJ NU-MARKのプレイを見る。

そして、岩盤ブースでは石野卓球がDJするというのでそれも観に。
最後の最後まで豪華なサプライズです。


そんなこんなで、夜も更け、会場を後にすることに。

もちろんゲートには「See You Next Year」の文字が。
なんか悲しいけど、「また来年も来る!」っていう決意を毎年させてくれます。


と、会場を後にするも、もちろんまだまだ途中に楽しいものが。
そう、Palace of Wonderです。

ここで朝まで楽しむ。
最大のヒットアトラクションは「フジウジ」。
超楽しかった♪
これは観た人だけの秘密の楽しみです。
見なかった人はほんともったいないことしたよ(笑)

そして、ついに明るくなり宿に帰る。
朝5時半に帰宿。

そんな最終日。


楽しかった。
これ以上の言葉はないです。

また来年!

フジロック2011 3日目 セットリスト集

●過去のフジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10

カテゴリ : Fuji Rock Festival '11 ・ comments(0)  
2011年08月01日(月)
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '11
  3. フジロック2011 最終日 備忘録

フジロック2011、最終日の備忘録です。


雨のち晴れ時々曇り

昼過ぎに宿出発

拠点で乾杯!


WARPAINT@レッド
ドラムカッコイイ
みんな美人
ベースが誕生日
サッカーチーム

五平餅食う


THE KILLS@グリーン
ドラムが打ち込み…


British Sea Power@ホワイト〜DACHAMBO@ヘヴン
チラ見


なぎら健壱&OWN RISK@オレンジ
ブルーシーター、ダンボーラー
うるせえなぁ誰がやってんだ?
一本でもにんじん


MANNISH BOYS(斉藤和義×中村達也)@アヴァロン
人がいっぱいでみれず


NO AGE@ホワイト
トイレの列に並びながらチラ見
今日はサポートなし
ワンマンでみたときより激しくなってる


FEEDER@グリーン
通りがかりにバックロジャース


クラムボンのミト一家を目撃

BEACH HOUSE@レッド
サポート一人

スイカ割り、というか粉砕

eastern youth@ホワイト
青すぎる空〜素晴らしい世界〜夏の日の午後


アバロンでSilverbusチラ見

CORNERSHOP@ヘヴン
ビートルズのカバー、シタールが似合い過ぎ

ロコモコ丼


斎藤和義@ホワイト
中村達也、フジイケンジ
東京電力批判
隣に加藤登紀子
ずっと嘘だったんだぜ
歌うたいのバラッド弾き語り


Yellow Magic Orchestra@グリーン!
人超おおい
小山田圭吾


ATARI TEENAGE RIOT@レッド
旗2本
CXが登りまくり
アレックの手を握った


The Chemical Brothers@グリーン
やたら金かかってた


WILCO@ホワイト
via Chicagoのかっこよさがハンパない
9月にでるレコードからの曲も


The Music@グリーン
アリガトゴザイマシタ
マジヤバイ
BLEED FROM WITHINでステージから降りた
THE PEOPLEで終わり
フジロックで散りたいと言ってると、大将が伝える


"Power To The People"でグリーン終了


拠点に戻り宿メンバーと合流してオアシスに移動。


乾杯したり飯食ったりして(パエリア食いながらサングリアを飲みました)


DJ NU-MARK (JURASSIC 5)@レッド


・石野卓球@岩盤



そして、朝までPalace of Wonderでプラプラ。

フジウジやら何やら。


そして、朝5時半に帰宿。



最終日のベストアクトは、ウィルコかな。
全部は見れなかったけど、すごかった。


後は、やっぱりザ・ミュージック。
過去最高の演奏とは言えなかったけど(だから解散するんだろうけど・・・)、やっぱり感動的でした。


そして、なぎら健壱。
MCも歌も面白かったし、何気にバンドの演奏が良くてびっくりでした。


そんな最終日。


備忘録はこんな感じ。
後でもっと詳しいレポートは後で書きます。


とりあえず楽しかった♪




●過去のフジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10



【サイト内関連記事】
●3日目
Blood In My Eyes / Atari Teenage Riot (Is This Hyperreal? 収録)

Keep My Composure feat. SPANK ROCK / The Chemical Brothers (Brotherhood 収録)
Block Rockin' Beats / The Chemical Brothers (dig your own hole 収録)
GALBANIZE / The Chemical Brothers (Push The Button 収録)

Lesson Learned From Rocky TO Rocky / CORNERSHOP (HANDCREAM FOR A GENERATION 収録)

FEEDER@代官山UNIT

Daddy's Gone / Glasvegas (Glasvegas 収録)

STRENGTH IN NUMBERS / THE MUSIC (STRENGTH IN NUMBERS 収録)
Bleed From Within / THE MUSIC (Welcome To The North 収録)
Take The Long Road And Walk It / The Music (The Music 収録)
Welcome To The North / The Music (Welcome To The North 収録)

MOGWAI@恵比寿LIQUIDROOM(guest:Remember Remember)

NO AGE@渋谷CLUB QUATTRO (Special Guest:A-ron the Downtown Don)

Undertow / Warpaint (The Fool 収録)

You and I / Wilco (Wilco (The Album) 収録)
Wilco@Zepp Tokyo

君に、胸キュン。 / Yellow Magic Orchestra (浮気なぼくら 収録)

雨曝しなら濡れるがいいさ / eastern youth (雲射抜ケ声 収録)
沸点36℃ / eastern youth (地球の裏から風が吹く 収録)
極東最前線〜ジャンプ・スウィング・花に嵐〜@渋谷CLUB QUATTRO (eastern youth、the band apart)
極東最前線〜ファイトバック現代〜@渋谷CLUB QUATTRO (eastern youth、SPARTA LOCALS)

三日月 / くるり (三日月 収録)
虹 / くるり (さよならストレンジャー 収録)
ばらの花 / くるり (TEAM ROCK 収録)
BABY I LOVE YOU / くるり (BABY I LOVE YOU 収録)
WORLD'S END SUPERNOVA / くるり (THE WORLD IS MINE 収録)
東京 / くるり (さよならストレンジャー 収録)
ハイウェイ(Alternative) / くるり (ジョゼと虎と魚たち(Oirginal Sound Track)
くるり@NHKホール くるりライブ興行2010〜地獄の団体戦〜
J-WAVE PLATOn LIVE(くるり、the pillows、サカナクション)@Zepp Tokyo
くるり@Zepp Tokyo くるりワンマンライブツアー2009〜敦煌(ドンファン)〜

月影 / 斉藤和義 (Because 収録)
彼女 / 斉藤和義 (Golden Delicious 収録)
フラワーカンパニーズ×斉藤和義〜フラカン和義の300万ボルト〜@渋谷O-EAST (guest:キセル、リリー・フランキー 他)
UBC-Jam vol.18@早稲田祭2004(斉藤和義、PE'Z、東京エスムジカ、椿屋四重奏)

STORM / SOIL & “PIMP”SESSIONS (STORM 収録)
FACTORY LIVE 0510@お台場フジテレビ(SOIL&“PIMP”SESSIONS、YOUR SONG IS GOOD他)

BEAST MASTER / TADZIO (TADZIO 収録)

BLACK CHRISTMAS / MO'SOME TONEBENDER (Download Only)
ペチカ / MO'SOME TONEBENDER (ペチカ 収録)
MO’SOME TONEBENDER@LIQUIDROOM 『TOUR STRUGGLE』
LAFORET SOUND MUSEUM@ラフォーレミュージアム原宿 (ROVO、MO'SOME TONEBENDER、SixStringSonics, the)
カテゴリ : Fuji Rock Festival '11 ・ comments(0)  
2011年07月31日(日)
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '11
  3. フジロック2011 3日目 セットリスト集

フジロック2011の最終日 7月31日(日)のセットリスト集です。

その他もわかり次第随時更新予定。


The Chemical Brothers@Green Stage Setlist
1. Another World 2. Do It Again 3. Get Yourself High
4. Horse Power 5. Chemical Beats 6. Swoon
7. The Swoon Arpeggios 8. Star Guita
9. 3 Little Birdies Down Beats 10. Hey Boy, Hey Girl
11. Galactic Phase Shift Interlude 12. Don’t Think 2011
13. Out of Control 14. Dosen’t Matter 15. Setting Sun
16. Believe 17. Escape Velocity 18. Super Flash
19. Cherub Clown Harmonise 20. Leave Home / Galvanize
21. Block Rockin' Beats


The Music@Green Stage Setlist
1. The Dance 2. Take The Long Road And Walk It
3. The Truth Is No Words 4. Freedom Fighters 5. Fire
6. The Spike 7. Welcome To The North 8. Strength In Numbers
9. Getaway 10. Bleed From Within 11. The People


YMO@Green Stage Setlist
1. Improvisation 2. ファイアークラッカー 3. Behind The Mask
4. Riot in Lagos 5. The City of Light 6. 京城音楽
7. 灰色の段階 8. 体操 9. 千のナイフ 10. コズミック・サーフィン
11. Rydeen 12. Cue 13. 東風


Mogwai@Green Stage Setlist
1. How to Be a Werewolf 2. I know you are but what am I
3. San Pedro 4. rano pano 5. I’m Jim Morrison I'm Dead
6. New Paths to Helicon, Pt. 1 7. Mexican Grand Prix
8. Auto Rock 9. Mogwai Fear Satan 10. Glasgow Mega-Snake


FEEDER@Green Stage Setlist
1. BARKING DOGS 2. INSOMNIA 3. THIS TOWN
4. SENTIMENTAL5. FEELING A MOMENT 6. RENEGADES
7. JUST THE WAY I’M FEELING 8. BUCK ROGERS
9. WHITE LINES 10. HOME 11. HIGH
12. JUST A DAY 13. BREED(Nirvana cover)


THE KILLS@Green Stage Setlist
1. No Wow 2. Future Starts Slow 3. Heart Is a Beating Drum
4. Kissy Kissy 5. DNA 6. satellite 7. Tape Song
8. Baby Says 9. You Don’t Own the Road 10. Pots and Pans
11. U.R.A. fever


Wilco@White Stage Setlist
1. I Might (new song) 2. Bull Black Nova 3. Side With the Seeds
4. I Am Trying to Break Your Heart 5. One Wing
6. Ashes of American Flags 7. War on War 8. Via Chicago
9. Impossible Germany 10. Born Alone (new song) 11. Handshake Drugs
12. Jesus Etc.  13. Dawned on Me (new song) 14. Shot in the Arm
15. Heavy Metal Drummer 16. I’m the Man Who Loves You
17. Late Greats 18. Red Eyed and Blue / I Got You (At the End of the Century)
19. Outtasite (Outta Mind) 20. I’m a Wheel


Cake@White Stage Setlist
1. Frank Sinatra 2. Mustache Man (Wasted) 3. Sick of You
4. Wheels 5. Opera Singer 6. Guitar 7. Long Time
8. Short Skirt/Long Jacket 9. Sheep Go to Heaven
10. Never There/The Distance


斉藤和義@White Stage Setlist
1. Summer、Days 2. 猿の惑星 3. 幸福な朝食 退屈な夕食
4. ずっと好きだった 5. ずっとウソだった
6. 社会生活不適合者 7. 歩いて帰ろう 8. 歌うたいのバラッド


eastern youth@White Stage Setlist
1. ドッコイ生キテル街ノ中 2. 靴紐直して走る 3. 沸点36℃
4. 荒野に進路を取れ 5. 這いつくばったり空を飛んだり
6. 街はふるさと 7. 青すぎる空 8. 素晴らしい世界 9. 夏の日の午後


Atari Teenage Riot@Red Marquee Setlist
1. Activate! 2. The Only Slight Glimmer of Hope 3. Black Flags
4. Shadow Identity 5. Into The Death 6. Too Dead For Me
7. Atari Teenage Riot 8. Sick To Death 9. Re-arrange Your Synapses
10. Is This Hyperreal? 11. Codebreaker 12. Blood In My Eyes
13. Speed 14. Start The Riot 15. Collapse of History
16. Revolution Action


envy@Red Marquee Setlist
1. 先導(Guidance)
2. 擦り切れた踵と繋いだ手(Worn heels and the hands we hold)
3. 終わりゆく夢(Dreams coming to an end)
4. 左手(Left Hand) 5. 風景(Scene)
6. 静寂の解放と嘘(Lies, And Release From Silence)
7. 安らぎが君の名を呼ぶように(As serenity calls your name)
8. 狂い記せ(Go mad and mark) 9. 暖かい部屋(A warm room)


BEACH HOUSE@Red Marquee Setlist
1. Better Times 2. Walk In The Park 3. Norway
4. Silver Soul 5. Used To Be 6. Zebra
7. new song8. Take Care 9. 10 Mile Stereo


くるり@Red Marquee Setlist
1. ばらの花 2. ロックンロール 3. お祭りわっしょい
4. ハイウェイ 5. 温泉 6. 旅の途中 7. 飴色の部屋
8. 奇跡 9. いっぽ 10. リバー 11. ブレーメン
12. コンバット・ダンス 13. ワンダーフォーゲル


DARK STAR ORCHESTRA@Field Of Heaven Setlist
1st set
1. Not Fade Away 2. Music Never Stopped 3. Ramble On Rose
4. Jack Straw 5. Brown-Eyed Women 6. Greatest Story Ever Told
7. Mr. Charlie 8. Help On The Way/Slipknot! 9. Franklin’s Tower
2nd set
10. St. Stephen 11. China Cat Sunflower 12. I Know You Rider
13. Playing In The Band 14. Lady With A Fan
15. Terrapin Station 16. Drums 17. Space
18. Eyes Of The World 19. Morning Dew 20. Sugar Magnolia
21. Around And Around ---encore--- 22. Shakedown Sreet


なぎら健壱&OWN RISK@Orange Court Setlist
1. (不明) 2. 復興節 3. いっぽんでもにんじん
4. 労無者とはいえ 5. 東スポ博士 6. 風にふかれた頃
7. キャラバン 8. 昭和の銀次 9. 夜風に乾杯


ハンバートハンバート@Orange Court Setlist
1. Heigh-ho 2. 桶屋 3. おなじ話 4. 百八つ 5. 波羅蜜
6. 虎 7. おいらの船 8. 罪の味 9. アセロラ体操のうた


●過去のフジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10


カテゴリ : Fuji Rock Festival '11 ・ comments(0)  
2011年07月31日(日)
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '11
  3. Fuji Rock Festival 11 日記 7/31(日) 最終日 part1

Fuji Rock Festival 11 日記 7/30(土) 2日目 part3より続く。


いよいよ今年も最終日。
今日も目覚めは雨音。。。

最終日の疲労感はハンパなく、天気の問題もあって、昼前まで宿でダラダラ。
7人部屋なので、ワイワイとフジロックとは関係ない動画とかを見たりして。

だんだん天気も良くなってきたので、やっとこさ宿を出発。
歩き始めてすぐ晴れてきたのでポンチョも脱いだ!

んで、会場までの道中からビールを回し飲みしながら、今朝見た動画の歌を歌ったりしてテンション高めでゲートに到着。
中に入って、さっそくグリーン後方に拠点を作って、そこでもビールで乾杯。


とまぁゆったりとした午前中を過ごした後、やっと行動開始。

まずはRed MarqueeでWARPAINT
揃いも揃って美人な4人組。
ドラムの音がカッコイイ。
ちなみにベースの子が誕生日だった観たい。
ちょっと憂いを帯びたサウンドが、昼間なのに薄暗いレッドマーキーの雰囲気にピッタリでした。


ここで腹ごしらえで、五平餅を食う。
値段も安いし、腹もちも良いし、何と言っても片手で食えるのでフジロック行くと必ず何度か食べます。


Green Stageに戻り、まだ演奏中だったTHE KILLSを見る。
なんか真昼間の野外に似合わんね、この人たち(笑)
カッコ良いけど、2人組なので、ドラムが打ち込みになってて、ちょっと迫力に欠けたかな。
ライブハウスで観たい感じ。


というわけで、早めに切り上げ、移動開始。
目指すはOrange Court。

途中、White StageでBritish Sea Powerを、Field Of HeavenでDACHAMBOをチラ見。


そんなこんなでオレンジコートに到着。
かなりの人が集まってた!

みんなのお目当ては、そう!なぎら健壱&OWN RISK!!
そりゃ皆みたいですよ(笑)

ここで、Twitter上で知り合いだった人とリアルでの初対面なんかしたりしてたら、なぎら健壱登場。
トレードマークと言っていいカウボーイハットが、会場の雰囲気にピッタリ。
テレビ等でお馴染みの独特の語り口で軽快にMCを挟みつつ、カントリーテイストな歌を次々と披露。

歌もMCも面白い。
さぶちゃんの与作のメロディーに乗せて、「保釈でしゃぶ〜をうつ〜、再逮捕〜、さいたいほ〜♪」なんて歌をやったり、ヘブンから聞こえてくるダチャンボに対して「うるせぇなぁ、誰がやってんだ?」って悪態ついたり(笑)

そして、名曲"いっぽんでもニンジン"も披露!
これぞ日本で一番売れたシングル!(『およげ!たいやきくん』のB面だけどね・・)

小さい頃、これの入ったLPがうちにあってよく聴いたなぁ。
まさかフジロックで聴く日が来るとは・・・
なぎらさん曰く「フジロックの歴史を変えた!」(笑)


大満足で、オレンジを後に。
途中、Gypsy Avalonにて斉藤和義と中村達也のユニット、MANNISH BOYSを見ようとするも、人が多すぎて全く見れず。。。


諦めてホワイトに行って、後方のトイレの列に並びながらNO AGEをチラ見。
ワンマンで観た時と違って、今日はサポートがいなくて2人でやってた。
なのにその時見たよりも激しかったな。



長くなってきたので、Fuji Rock Festival 11 日記 7/31(日) 3日目 part2に続く。

フジロック2011 3日目 セットリスト集


●過去のフジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10

カテゴリ : Fuji Rock Festival '11 ・ comments(0)  
2011年07月31日(日)
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '11
  3. Fuji Rock Festival 11 日記 7/31(日) 最終日 part2

Fuji Rock Festival 11 日記 7/31(日) 最終日 part1より続く。

White StageのNo Ageを途中で切り上げ、その音の漏れ聞こえるなか、天気も良くなってきたので、ところ天国のとこで川遊び。
これをやるために、毎年サンダル(クロックス系)で行ってるようなもんだからね。


冷たい水でリフレッシュした後は、Green Stage方面へ。
たまたま通りかかった時にFEEDERが"buck rogers"を演奏し始めて、聴きたい曲だったのでラッキーと思いながら、それだけ聴いてグリーンは通過。


歩いてたら、クラムボンのミト一家を見かけた。
出演したアーティストも客としてフジロックを楽しんでるのがいいね。


Red Marqueeに行って、BEACH HOUSE
サポートがサポートがいたかな。


ここで、一旦グリーンに作った拠点へ。
拠点にて、スイカ割り。
実は、去年もスイカ割を同じ宿のメンバー達はやってたけど、残念ながら参加できず、今年こそは!って感じで。
1人がこぶしにて、粉々に(?)粉砕して、それをみんなで食べた♪


念願のスイカを食べて、ホワイトステージに移動。
eastern youthの最後のほうだけを見る。
"青すぎる空"〜"素晴らしい世界"〜"夏の日の午後"の3曲を堪能。
You Tubeにイースタンが"青すぎる空"演奏してる昔のフジロックの映像があって、あれがすごく良くて、実際に聴けてちょっと感動した!


イースタンを堪能し、Field Of Heaven方面へ。
途中、AvalonでSilverbusをチラ見。


そして、ヘブンにてCORNERSHOP
シタールの音が気落ちいい。
聴いててなんかすごい懐かしい気分になった。
ビートルズのカバーなんかも披露。
ロックであったり、サイケだったり、そしてもちろんアジアな感じもあったり、面白いバンドだなぁ。


コーナーショップを見ながらロコモコ丼を食べました。


続いてホワイトに移動し、斎藤和義
ギターに元マイラバでThe Birthdayに加入したフジイケンジ、ドラムに中村達也を加えた編成。
なんとも豪華。
MCで東京電力批判をしたと思ったら、インターネットで話題になってた"ずっと嘘だったんだ"("ずっと好きだった"の替え歌)も披露。
とかなんとかあったと思ったら、たまたま私の立ってたすぐ隣にこぎれいなおばちゃん(失礼!)が来たと思って横を見ると、それが加藤登紀子でビックリ。
アトミックカフェつながりかな。

そんなハプニングもありつつ、"歩いて帰ろう"や弾き語りで披露した"歌うたいのバラッド"など代表曲を堪能しました。

とりあえず、今年の夏一番の思い出は、「加藤登紀子と一緒に斎藤和義のライブを見た」ってのにしておこう(笑)


そんな夏の思い出を胸にグリーンに移動し、YELLOW MAGIC ORCHESTRA
YMOとかすごいよねぇ。
人むちゃくちゃ集まってた。
そりゃ観たいよ。
サポートに小山田圭吾とか豪華過ぎ。

もはや懐メロって言ってしまいそうな、哀愁漂うメロディ。
なんかもう終わっていくフジロックを感じてちょっと切なくなった。。

テクノレジェンドとして、次のケミカル兄弟につながるタイムテーブルがニクいね。


YMOの後は、Red Marqueeへ。
White StageのCakeも気になったけど、あんまり曲を知らないので、ここはレッドでレヴォルーション!!でもしようかと思って。

というわけで、ATARI TEENAGE RIOT@レッド。
すでに巨大な旗が2本(3本?)程振り回されていて、いやがおうにもテンションあがる!
そして、登場するアレック・エンパイア、ニック・エンドー、CX・キッドトロニックの3人。

ひたすら放出されるノイズとシャウトの洪水に飲み込まれる数十分。
ちょっと横のほうだったけど、柵際で観てたので、ステージから降りてきたアレックに手を握ってもらうことができました♪

レッドマーキーの3日間(深夜を除く)の最後を締めくくる熱いライブだった。
昨年のサマソニ深夜で観た時よりもパワーアップしてたかも。


へとへとになったので、ここでちょっと腹ごしらえ。
油そばを食す。
食べながら苗場食堂でやってたWILDBIRDS & PEACEDRUMSをチラ見。




長くなってきたので、Fuji Rock Festival 11 日記 7/31(日) 最終日 part3に続く。

フジロック2011 3日目 セットリスト集

●過去のフジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10

カテゴリ : Fuji Rock Festival '11 ・ comments(0)  
2011年07月31日(日)
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '11
  3. Fuji Rock Festival 11 日記 7/30(土) 2日目 part3

Fuji Rock Festival 11 日記 7/30(土) 2日目 part2より続く。

マーク・リーボウと偽キューバ人達の後は、Green Stage方面へ。

まずはField of Heavenを通過しながらWIDE SPREAD PANICを、次のGypsy AvalonでMaia Hirasawaをそれぞれチラ見。

そのままWhite StageにさしかかるとちょうどASIAN DUB FOUNDATIONが代表曲、というかライブのハイライトとなる"Fortress Europe"が始まって、なんかすごく得した気分。
ADFは今年の初めにワンマンを見てるのでフジでは良いかなって思ってたけど、やっぱ苗場で聴くADFは最高です。

ちなみに、私が初めて参加した2000年のフジロックでは、ADFが初日のホワイトのトリだったな。
あのときは、Blankey Jet Cityのラストライブをグリーンでやっててたのを見てて、観れなかったんだよな。


とかなんとか考えながらグリーンに到着。
いよいよ2日目のヘッドライナーであるFACESを見る。

昨年のRoxy Musicのように親父世代を狙った枠ですが、去年よりも人が多く集まってる感じがした。
ヴォーカルがね・・・ロッド・スチュワートならまだしも、Simply Redのミック・ハックネルってところが客の入り的にどうなのよって思ってたんだけどね。

ま、なにはともあれ70年代イギリスを代表するロックバンドだし、現ローリング・ストーンズのロン・ウッドもいれば、スモール・フェイセズのイアン・マクレガンがキーボード、同じくSmall Faces〜後期The Whoのケニー・ジョーンズがドラムだし、今回のサポートでのベースが元Sex Pistolsのグレン・マトロックっていうね、実はすごく豪華なメンツ。

ライブが始まる。
一番の懸念だったミック・ハックネルのヴォーカルが意外と良い!
まぁヴォーカリストとしては文句なしだからね。
声質もクイーンにポール・ロジャースが入るよりはすんなり聴ける。
むしろ今のロッドよりも声は出てるんじゃないだろうか。

それにしても、フジロックのステージにRolling Stonesのメンバーが立ってるってだけでなんかすごいね。
なんかの間違いで、今後ストーンズがフジに来たりしないかな。

そんなロンのロックスター然としてたたずまいはやっぱカッコイイ。
スライドギターのソロを弾いたり、ケニー・ジョーンズのドラムソロをステージわきでタバコ吸って踊りながら見てるだけでも様になる。

最初観る前は途中まで観てどっか別のを観に行こう、って思ってたけどなかなか良くて最後まで見ることに。
どうせ最大のヒット曲"Stay With Me"は最後の最後だろうし。

アンコールでは、前身バンドであるスモール・フェイセズの曲も披露。
"All Or Nothing"とか胸熱。

2度目のアンコールではお待ちかねの"Stay With Me"を披露し、大合唱の中ライブ終了。


予想をいい意味で裏切ったフェイセズ終わりで、急いで移動。

White Stageではincubusのが演奏中。
すごーく観たかったけど、1曲くらい聞いてすぐに移動。
ワンマン来たら観に行こう。


ボードウォークを抜け、ヘヴンに近づくと、まだWIDE SPREAD PANICがやってた。
長い(笑)

それを遠くに聴きながら、そのままOrange Courtへ。
CONGOTRONICS vs ROCKERSを見る。

これがもう楽しすぎた。
ステージ上には何人いるんだかわからんくらいのミュージシャンが集まり、音であふれ、大熱狂。
それを見るオレンジコートに集まってる人も皆踊りまくり。

ちなみにロッカーズには、Deerhoofやフアナ・モリーナ、スケルトンズ、ワイルドバーズ&ピースドラムスなど、出身地も異なる様々なメンバーが集まってた。
まさにオレンジコートのステージコンセプトにピッタリなメンツ。
フアナ・モリーナのダンスとかも超かわいかったな。

がんばってオレンジまで急いできた甲斐があった。

大満足で、帰路につこうと思ったら、知り合いに遭遇。
この人、普段全然連絡取らないのに、フェスとかでの遭遇率高し!

コンゴトロニクスの楽しさを共有し合って、お別れ。


さきほど来た道をまた帰る。

途中、ところ天国でホットドック食いながら映画「寅さん」をチラ見したり。

んで、会場を出て、Palace of Wonderに行って、Rookie A Go GoにてNOKIES!をチラ見し、Cystal PalaceではJURASSIC 5のDJ NU-MARKがやってたので観ようと思ったら激混みだったので、諦めて宿に戻りました。


今日2日目のベストアクトはクラムボンとMARC RIBOT Y LOS CUBANOS POSTIZOS。

コンゴトロニクスも途中からだけど超盛り上がった。

これで残すは後一日。

早い!

Fuji Rock Festival 11 日記 7/31(日) 3日目 part1に続く。

フジロック2011 2日目 セットリスト集

●過去のフジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10

カテゴリ : Fuji Rock Festival '11 ・ comments(0)  
2011年07月31日(日)
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '11
  3. フジロック2011 2日目 備忘録

フジロック2011二日目の備忘録です。

雨後曇り

朝9時起床
宿で飯食って10時半すぎに出発


クラムボン@グリーン
おはようフジロック
ナウのアレンジが変わってた
山の中なのに海の曲
あかりでボス登場
レイハラカミに捧げてフォークロア
ラララでさってった


WU LYF@レッド
超だみ声
途中ちょっと眠くなったけど最後盛り上がった

知り合いに会う

ボードウォーク渋滞

あらかじめ決められた恋人たちへ@ヘヴン
クリテツがいろんな楽器をこなす

知り合いに会う


加藤登紀子@アヴァロン
元気?
素晴らしいね、このぬかるみ
原発ジプシー


ハナレグミ@グリーン
ライブハウスのような近さがあるね
明日天気になれ


RA RA RIOT@レッド
アリガトウゴザイマス、フジロックがダイスキデス
チェロとバイオリン


Battles@グリーン
シンバル高い
タイヨンダイいなくてもATLASやった
フジロックにこれてしあわせです
ジョンの誕生日


もちぶた丼を食う


KIMONOS@レッド
二人で向かいあって歌う
レイハラカミに捧げてハイヤー
この曲をリミックスして欲しかった
途中からドラム参加


TODD RUNDGREN@ヘヴンメロウな曲と激しい曲の差がすごい
超ハイトーン

今年初オレンジ。言うほど泥沼化してない


MARC RIBOT Y LOS CUBANOS POSTIZOS@オレンジ
偽キューバ人最高!


WIDE SPREAD PANIC@ヘブン〜マイアヒラサワ@アバロン
チラ見


ASIAN DUB FOUNDATION@ホワイト
チラ見
ノーニュークリアエナジー
タイミング良くフォートレスヨーロッパで盛り上がる


FACES@グリーン
ロニーレーンの曲
ロンウッドのスライドギターソロ
ケニージョーンズのドラムソロをステージ脇でタバコ吸いながら踊って見るロン
ミック歌うまい、ロッドじゃ今はあの声でないな
スモールフェイセズ
スティーヴマリオット



incubus@ホワイト
チラ見


まだワイドスプレッド〜やってた

CONGOTRONICS vs ROCKERS@オレンジ
超盛り上がった
フアナ・モリーナのダンスがかわいい

知り合いに会う


NOKIES!
チラ見


・JURASSIC 5のDJ NU-MARK@クリスタルパレス
込んでて入れず


今日のベストアクトはクラムボンとMARC RIBOT Y LOS CUBANOS POSTIZOS。

コンゴトロニクスも途中からだけど超盛り上がった。


これで残すは後一日。

早い!




●過去のフジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10



【サイト内関連記事】
●2日目
BURNING FENCE / ASIAN DUB FOUNDATION (PUNKARA 収録)
TANK / ASIAN DUB FOUNDATION (TANK 収録)
FREE SATPAL RAM / ASIAN DUB FOUNDATION (RAFI'S REVENGE 収録)
FLYOVER / ASIAN DUB FOUNDATION (TANK 収録)
BUZZIN' / ASIAN DUB FOUNDATION (RAFI'S REVENGE 収録)
Asian Dub Foundation@Shibuya O-EAST (Special Guest:THE QEMISTS)
Asian Dub Foundation@新木場STUDIO COAST(guest:THA BLUE HERB)
ASIAN DUB FOUNDATION@SHIBUYA AX (Opening Act: African Head Charge)

Atlas / Battles (Mirrored 収録)
electraglide Presents WARP 20@幕張メッセ(Battles、Chris Cunningham Live、!!!、LFO、Andrew Weatherall他)

2 Hearts / Digitalism (I Love You Dude 収録)
Pogo / Digitalism (IDEALISM 収録)
Zdarlight / Digitalism (IDEALISM 収録)

Stay With Me / Faces (A Nod Is as Good as a Wink...To a Blind Horse 収録)

SOMEONE TO LOVE / fountains of wayne (TRAFFIC AND WEATHER 収録)
Stacys Mom / fountains of wayne (WELCOME INTERSTATE MANAGERS 収録)
Denise / fountains of wayne (utopia parkway 収録)
fountains of wayne@渋谷CLUB QUATTRO ACCOUSTIC ROCK TOUR 2010

Drive / incubus (Make Yourself 収録)

Young Blood / The Naked And Famous (Passive Me, Aggressive You 収録)

Back / あらかじめ決められた恋人たちへ (Calling 収録)

Soundtrack To Murder / KIMONOS (KIMONOS 収録)

NOW!!! (2010 ver.) / クラムボン (2010 収録)
便箋歌 / クラムボン (ドラマチック 収録)
心象21 / クラムボン (ドラマチック 収録)
残暑 / クラムボン (ドラマチック 収録)
Re-パンと蜜をめしあがれ / クラムボン (Re-clammbon 収録)
バイタルサイン [mono mix] / クラムボン (てん、 収録)
クラムボン@ヨコハマ創造都市センター 1F ホール(YCC) clammbon tour「2010」
Ballet Mecchanique(クラムボン、toe)@桜坂セントラル
クラムボン@NHKホール clammbon 2009 「Re-clammbon tour」
clammbon presents 『sound circle』@Shibuya O-EAST (クラムボン、toe、manual)
combination #1@代官山UNIT(クラムボン・Golf・montag)

流星とバラード / 東京スカパラダイスオーケストラ (WORLD SKA SYMPHONY 収録)
Pride Of Lions / 東京スカパラダイスオーケストラ (Perfect Future 収録)
MONSTER ROCK / TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA (MOODS FOR TOKYO SKA WE DON'T KNOW WHAT SKA IS! 収録)
SKA〜ROCKSTEADY〜LATIN〜MOOD MUSIC SOUND PARTY !! TONGUES WEST@METRO
FACTORY LIVE 0216@FUJI-TV V4 STUDIO(東京スカパラダイスオーケストラ、椿屋四重奏、SUEMITSU & THE SUEMITH、the telephones、THE BAWDIES)

Wake Upしてください / ハナレグミ (音タイム 収録)
Jamaica Song / ハナレグミ (音タイム 収録)
サヨナラColor feat.忌野清志郎 / ハナレグミ/クラムボン/ナタリー・ワイズ (サヨナラCOLOR~映画のためのうたと音楽~ 収録)
ハナレグミ@Zepp Tokyo TOUR あいのわ

カテゴリ : Fuji Rock Festival '11 ・ comments(0)  
2011年07月30日(土)
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '11
  3. フジロック2011 2日目 セットリスト集

フジロック2011の2日目 7月30日(土)のセットリスト集です。

その他もわかり次第随時更新予定。


FACES@Green Stage Setlist
1. Miss Judy’s Farm 2. Had Me A Real Good Time 3. Silicone Grown
4. Ooh La La 5. Maybe I’m Amazed 6. Flying 7. Debris
8. Ron wood guitar solo 9. Cindy Incidentally 10. Losing You
11. Too Bad 12. I’d Rather Go Blind 13. Pool Hall Richard
---encore1--- 14. Tin Soldier 15. All Or Nothing
---encore2--- 16. Stay With Me


東京スカパラダイスオーケストラ@Green Stage Setlist
1. You’ll never walk alone(short ver. ) 2. Boogie Stop Shuffle
3. chase 4. DOWN BEAT STOMP 5. CALL FROM RIO 6. SOUL GROWL
7. STORM RIDER 8. 花ふぶき 9. THEME FROM LUMPY GRAVY
10. SKA ME CRAZY 11. ALL GOOD SKA IS ONE 12. 水琴窟
13. 5 days of TEQUILA 14. PRIDE OF LIONS 15. JUST SAY YEAH!   


FOUNTAINS OF WAYNE@Green Stage Setlist
1. Little Red Light 2. No Better Place 3. Someone to Love
4. Red Dragon Tattoo 5. The Summer Place 6. Richie and Ruben
7. Troubled Times 8. A Dip In the Ocean 9. Denise
10. Survival Car 11. Mexican Wine 12. Stacy's Mom
13. Sink to the Bottom


ハナレグミ@Green Stage Setlist
1. 音タイム 2. あいのわ 3. 大安 4. 家族の風景
5. 光と影 6. 明日天気になれ 7. 新曲
8. オハナレゲエ 9. あいのこども


クラムボン@Green Stage Setlist
1. KANADE Dance 2. NOW!!! 3. GOOD TIME MUSIC
4. 波よせて 5. Re-雨 6. バイタルサイン 7. シカゴ
8. あかりfrom HERE 9. Folklore


Incubus@White Stage Setlist
1. Megalomaniac 2. Wish You Were Here 3. Consequence
4. Pardon Me 5. Anna Molly 6. Love Hurts 7. Circles
8. Promises,Promises 9. Drive 10. Isadore
11. Talk Shows on Mute 12. Adolescents
13. A Crow Left of the Murder 14. In The Company Of Wolves
15. Nice To Know You 16. Aqueous Transmission  


the HIATUS@White Stage Setlist
1. Snowflakes 2. The Flare 3. Monkeys 4. The Brainwasher
5. Bittersweet/Hatching Mayflies 6. 西門の昧爽(アコースティック)
7. The Ivy 8. 紺碧の夜に 9. ペテルギウスの灯
10. Twisted Maple Trees 11. Insomnia 


Get Up Kids@White Stage Setlist
1. Tithe 2. Action&Action 3. Regent's Court
4. I'm a Loner Dottie,a Rebel 5. Overdue 6. Automatic
7. Red Letter Day 8. Shatter Your Lungs 9. Shorty
10. Wouldn't Believe It 〜 Holy Roman 11. Pararelevant
12. Don't Hate Me 13. Holiday
---encore--- 14. Girls&Boys 15. Ten minutes


10-FEET@White Stage Setlist
1. super stomper 2. VIBES BY VIBES 3. STONE COLD BREAK
4. SHOES 5. hammer ska 6. RIVER 7. 2% 8. 1sec.
9. 風 10. goes on


Digitalism@Red Marquee Setlist
1. Idealistic 2. Forrest Gump 3. I want I want
4. Zdarlight 5. Stratosphere 6. 2 Hearts 7. Circles
8. Miami Showdown 9. Antibiotics 10. Reeperbahn
11. Blitz ---encore--- 12. Pogo


OKAMOTO'S@Red Marquee Setlist
1. 恋をしようよ 2. 笑って笑って 3. Run Chicken Run
4. Baby Don't Stop 5. Walk This Way
6. 欲望を叫べ!!!! 7. マダラ 8. Run Run Run


Todd Rundgren@Field Of Heaven Setlist
1. Real Man 2. Love Of The Common Man 3. Buffalo Grass
4. Determination 5. Can We Still Be Friends? 6. Espresso
7. Love Is The Answer 8. It Wouldn't Have Any Difference
9. Soul brother
10. Medley : I'm So Proud 〜 Ooh Baby Baby 〜 La La Means I Love You 〜 I Want You
11. Hawking 12. I Saw The Light 13. Drive 14. Couldn't I Just Tell You


OBRINT PAS@Orange Court Setlist
1. Benvinguts al paradis 2. Des de la nit 3. Viure
4. Seguirem 5. Caça de bruixes 6. I si demà no tornara
7. Una història d’amor 8. No hem oblidat 9. Som
10. La flama 11. unknown song
12. El cant dels maulets 13. Coratge



●過去のフジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10


カテゴリ : Fuji Rock Festival '11 ・ comments(0)  
2011年07月30日(土)
  1. K's今日の1曲
  2. Fuji Rock Festival '11
  3. Fuji Rock Festival 11 日記 7/30(土) 2日目 part1

Fuji Rock Festival 11 日記 7/29(金) 初日 part3より続く。


フジロック2日目。
もちろん寝不足だけど、9時には起床し、宿で朝ごはんをしっかりと食べて、準備して10時半には出発。
宿の食堂でテレビ観てたら豪雨のニュースばかりで心配になったけど、実際は、雨は降ってはいるけど、そこまででもない。

目指すは、2日目のGreen Stageのトップバッター、クラムボン
過去にフジロックでは2回観てるけど(ホワイトとヘヴン。レッドの時は見なかった)、ついにグリーンステージ。

もちろん悪いはずはなく(と言うか最高)、「おはようフジロック」という原田郁子のMCから軽やかに演奏が始まり"KANADE Dance"、"NOW!!!"と最初からガツンとかます。
"NOW!!!"はちょっとアレンジが変わってた。

「山の中なのに海の曲を」と言って始まった"波よせて"、そして"Re-雨"としっとりさせた後は、お待ちかねの"バイタルサイン"。
文句なし。

でも今日のハイライトはここから。
"あかり from HERE"ではTHA BLUE HARBBOSS THE MCが登場。
そして、最後はフジロック直前に亡くなったレイハラカミにささげての"Folklore"。
ラーラーララーララーと空へ空へと抜けていく。
朝から泣きそうになってしまった。
空の上にいるレイハラカミにも届いたことでしょう。



トップバッターながらガッツリ1時間演奏し、気づけば雨も上がっていた。

次は、Red Marqueeに移動して、WU LYF
謎だらけのバンドで、何となくのイメージで「夜」な感じで、真昼間はどうなんだ?と思ったけど、レッドというテントステージってのが結構ピッタリだったな。
ヴォーカルはかなりしゃがれてて、そこが彼らの魅力の一つ。
曲は結構ポップだったかも。


レッドを後に、途中ボードウォークの渋滞に巻き込まれつつも、一路、Field Of Heavenへ。
そのままレッド近辺に残って、次のThe Naked And Famousも観たいなと思ったけど、ここはあらかじめ決められた恋人たちへ@ヘヴンを選択。
ヘヴンであら恋なんて絶対に外れない組み合わせであるだけでなく、たまたまフジロックに来る前にTwitterであら恋のことを呟いたらメンバーのクリテツさんに「フジではぜひみに来て」と直接リプライをいただいたので、これは絶対に見ないわけにはいかないだろう!ということで。

そして、当然のように良かった。
会場の雰囲気に合いすぎでしょう!
鍵盤ハーモニカやテルミンの極上の音色が空へと抜けていく。

そんな気持ち良い状況のなかで、タコス食いながら酒を飲んで、幸せすぎた。


あら恋終わりで、知り合い、というかフジロックつながりでTwitterで知り合った人とちょっと会って話す。
オススメしたあら恋を観に来たらしい。
なんか嬉しい。


ヘブンを後にし、Gypsy Avalonへ。
そこには多くの人が集まってた。
もちろん加藤登紀子が出演するから。
日本を代表する大物シンガーがこんな小さなステージに出演するなんてそりゃみんなみたいですよ。

そんな御大は「元気?素晴らしいね、このぬかるみ」とあくまでフランクに。
歌の方は明日出演予定のオレンジコートでのステージを観に来れば良いとのことで、今日はタイムテーブルにも書いてある通り「アトミック・カフェ」、反核・反原発を訴えるもの。
今年3月に起きた未曾有の大震災、そして、福島原発事故。
今、やらなければいつやるんだというタイミングでの活動。

ま、いろいろなことが絡むのでここでこれ以上、原発とかについて語るつもりはないので割愛。
メッセージの部分はひとまず置いといて、加藤登紀子の歌の力強さに圧倒されたステージでした。


長くなってきたので、Fuji Rock Festival 11 日記 7/30(土) 2日目 part2に続く。

フジロック2011 2日目 セットリスト集


●過去のフジロック日記
Fuji Rock Festival '04
Fuji Rock Festival '05
Fuji Rock Festival '06
Fuji Rock Festival '07
Fuji Rock Festival '08
Fuji Rock Festival '09
Fuji Rock Festival '10

カテゴリ : Fuji Rock Festival '11 ・ comments(0)  
2011年07月30日(土)

Related Posts with Thumbnails