1. K's今日の1曲
  2. 独り言(音楽ネタ)
  3. 2020年Apple Musicで聴けるおすすめ洋楽・邦楽アルバム一覧 #サブスク

2020年にリリースされたアルバム・EPなどからApple Musicで聴ける私のおすすめする作品気になる作品話題の作品を一覧につらつらまとめていきます。

2020年Apple Musicで聴けるおすすめ洋楽・邦楽アルバム一覧カバー画像

※洋楽・邦楽それぞれのおすすめを月ごとにまとめます。
※なんとなく「気になる」と「話題の」という風にわけてみましたが、あんまり意味はありません「気になる」の方はブログで個別に紹介するかも
※週一更新予定
※リンク先はアップルミュージックのものになります。たぶん他のサブスクリプションでも聴けるので探してみてください

おすすめ洋楽アルバム2020


2020年1月/洋楽


【気になる】
Happy - Circa Waves
The Archer - Alexandra Savior
Seeking Thrills - Georgia
Junk Food - Easy Life
El Dorado - Marcus King
Walkabout - ニック・ロウ & Los Straitjackets
Hotspot - Pet Shop Boys
Foolish Loving Spaces - ブロッサムズ
Acoustic Sessions - Liam Gallagher
Be Up A Hello - Squarepusher

【話題の作品】
SG2 - セレーナ・ゴメス
R.Y.C - Mura Masa
Manic - ホールジー
Music To Be Murdered By - エミネム
High Road - KESHA
Walls - ルイ・トムリンソン

2020年2月/洋楽


【気になる】
Straight from #1 Bimini Road - OCTAVEPUSSY feat. GEORGE CLINTON, PARLIAMENT, FUNKADELIC
Perdida - ストーン・テンプル・パイロッツ
We're New Again: A Reimagining by Makaya McCraven - ギル・スコット・ヘロン & Makaya McCraven
  • New Hope Club - ニュー・ホープ・クラブ

  • The Slow Rush - Tame Impala

  • New Hope Club - ニュー・ホープ・クラブ

  • The Slow Rush - Tame Impala


  • 【話題作】
    Father of All... - Green Day
  • Changes - ジャスティン・ビーバー


  • [スポンサードリンク]


    おすすめ邦楽アルバム2020


    2020年1月/邦楽


    【気になる】
    劇団オギャリズム - 眉村ちあき ・孔雀 - Awich
    Beat generation - RAMMELLS
    MILESTONE - TOTALFAT
    NEO PROPAGANDA - 上坂すみれ
    まだいけます - 阿部真央
    C3 - Base Ball Bear
    BORDERLESS - 雨のパレード
    狂(KLUE) - GEZAN
    真っ黒 - tricot
    絶対零度 - EP - 赤い公園
    ZOO!! - ネクライトーキー
    PARADEIII ~RESPECTIVE TRACKS OF BUCK-TICK~ - Various Artists
    ハリネズミズム - キュウソネコカミ

    【話題の作品】
    LOOKiE - BiS
    Suchmos THE LIVE YOKOHAMA STADIUM 2019.09.08 - Suchmos
    CEREMONY - King Gnu
    SHISHAMO 6 - SHISHAMO
    THE RAMPAGE LIVE TOUR 2017-2018 GO ON THE RAMPAGE - THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
    ZZ's - ももいろクローバーZ
    202020 - 斉藤和義
    one-man tour 2019 at 2019.07.08日本武道館 (Live Video) - Official髭男dism

    2020年2月/邦楽


    【気になる作品】
    SCLL - Spangle call Lilli line
    The Fallen Crimson - envy
    bedtime story - リーガルリリー
    ざわめき - EP - 羊文学
    君と踊りあかそう日の出を見るまで (Live) - JAGATARA
    十 - 中村一義
  • LIVE FOR TODAY!-SHEENA LAST RECORDING & UNISSUED TRACKS- - シーナ&ロケッツ


  • 【話題の作品】
  • 大森靖子 - 大森靖子

  • Kiss from the darkness - SCANDAL

  • BRIGHT NEW WORLD - Little Glee Monster

  • サイドストーリー - リリィ、さよなら。

  • Official髭男dism one-man tour [email protected]日本武道館 - Official髭男dism


  • Apple Musicで聴けるおすすめ邦楽アーティストはこちらの記事でまとめているのでよければみてください。
    ↓↓↓
    Apple Musicで聴けるおすすめ邦楽アーティストリストを一覧にまとめてみた

    上で紹介したアルバムなどは他のサブスクサービスでも聴けると思うので、他サービスユーザーはそちらで検索してみてください。

    個人的には「Amazon Music Unlimited」もおすすめ。
    30日無料体験もあるのでぜひチェック!
    ↓↓↓

    カテゴリ : 独り言(音楽ネタ) ・ comments(0) K 
    2020年02月20日(木)
    1. K's今日の1曲
    2. 独り言(音楽ネタ)
    3. Apple Musicで聴けるおすすめ邦楽アーティストリストを一覧にまとめてみた(2020年2月リスト更新) #applemusic #itunes #アップルミュージック

    Appleの手がける定額制音楽ストリーミングサービス(ダウンロードしてオフライン再生も可)、『Apple Music』(アップルミュージック)が2015年6月30日(日本時間7月1日)についにリリース。

    apple music

    ・Apple Music ー 5,000万曲 音楽のもっと近くへ ー Apple


    【邦楽リストへジャンプ】

    オープンから2週間ほど経ち、個人的には大満足の一言。

    これまで中古CD屋に足繁く通って欲しいものを探し求めてたあの時間がなんだったんだって言うくらい(それはそれで楽しかったけど)、検索窓に文字を打ち込むだけで、いわゆる名盤だけでなく、個人的にはプログレ(特にクラウトロック系)や、新品は全然ないし中古でなんとか見つけても高くて手が出なかったレゲエやブラジル系、興味はあるけど聴けなかったアフリカ系などが聴けて、当然最新のアルバムまであって、それが月額980円(ファミリーなら1480円)という夢のようなサービス・・・と思ってるのは私のような一部のマニアックな人だけかもしれない。

    特に邦楽(主にJ-POP)が少ないという声が多く、「使えない」と断言してる人もいる始末。

    というわけで、どんな邦楽が聴けるのか個人的メモも含めてリストアップしてみました。(iTunesへのリンク付き)
    (最終更新日2020年2月10日)

    Apple Music人気アルバムランキング


    (2019年2月20日更新)

    1位 King Gnu - 『CEREMONY』
    2位 IZ*ONE - 『BLOOM*IZ』
    3位 ジャスティン・ビーバー - 『Changes』
    4位 日向坂46 - 『ソンナコトナイヨ (Special Edition) - EP』
    5位 Official髭男dism - 『Traveler』
    6位 Official髭男dism - 『Official髭男dism one-man tour [email protected]日本武道館』
    7位 King Gnu - 『Sympa』
    8位 BIM - 『NOT BUSY - EP』
    9位 Official髭男dism - 『エスカパレード』
    10位 ビリー・アイリッシュ - 『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』


    ■まずは個人的にも思い入れの強い90年代後半から2000年代のアーティスト


    BUMP OF CHICKEN
    フジファブリック
    くるり
    レミオロメン
    ナンバーガール
    ZAZEN BOYS
    Cocco
    syrup16g
    ACIDMAN
    ストレイテナー
    Base Ball Bear
    安藤裕子
    The Birthday
    bonobos
    七尾旅人
    ハナレグミ
    SUPER BUTTER DOG
    クラムボン
    Polaris
    中村一義
    かせきさいだぁ
    ASIAN KUNG-FU GENERATION
    チャットモンチー
    YUKI
    サカナクション
    椿屋四重奏
    MISIA
    Perfume

    ■2000年代後半辺りから最近のアーティスト


    相対性理論
    やくしまるえつこ
    神聖かまってちゃん
    モーモールルギャバン
    the telephones
    OGRE YOU ASSHOLE
    ゲスの極み乙女。
    indigo la End
    BLUE ENCOUNT
    [Alexandros]
    tricot
    Mrs. GREEN APPLE
    ドラマチックアラスカ
    赤い公園
    森は生きている
    androp
    KEYTALK
    パスピエ
    在日ファンク
    Shugo Tokumaru
    ねごと
    The Mirraz
    plenty
    クリープハイプ
    KANA-BOON
    キュウソネコカミ
    水曜日のカンパネラ
    Taiko Super Kicks
    D.A.N.
    小林うてな
    星野源

    [スポンサードリンク]

    ■ジャパニーズパンク・ラウドロック系


    ELLEGARDEN
    MAN WITH A MISSION
    FACT
    dustbox
    HAWAIIAN6
    TOTALFAT
    locofrank
    LOW IQ 01
    BACK DROP BOMB
    Husking Bee
    THE BACK HORN


    ■個人的に胸熱な80年代〜90年代から活躍組


    ユニコーン
    奥田民生
    小沢健二
    筋肉少女帯
    X JAPAN
    BUCK-TICK
    吉川晃司
    THEE MICHELLE GUN ELEPHANT
    The Yellow Monkey
    吉井和哉
    スピッツ
    SPIRAL LIFE
    Cornelius
    SCUDELIA ELECTRO
    AIR
    Chara
    Fishmans
    オリジナル・ラヴ
    岡村靖幸
    ICE
    JUDY AND MARY
    ゆらゆら帝国
    L'Arc〜en〜Ciel
    サザンオールスターズ

    [スポンサードリンク]

    ■今聞くと意外と盛り上がるバンドやグループ


    黒夢
    LUNA SEA
    hide
    GLAY
    TRF
    globe

    ■ジャパニーズ・ヒップホップ系


    Shing02
    THA BLUE HERB
    □□□(クチロロ)
    TOKYO No.1 SOUL SET
    スチャダラパー
    RHYMESTER
    サイプレス上野とロベルト吉野
    やけのはら
    環ROY
    Kダブシャイン

    [スポンサードリンク]

    ■往年のアイドル


    工藤静香
    中森明菜
    薬師丸ひろ子
    河合奈保子
    早見優
    柏原芳恵
    ピンク・レディー

    ■渋いところだとこの辺とか


    矢沢永吉
    友川カズキ
    三上 寛
    ジャックス
    FRICTION
    岡林信康
    ザ・フォーク・クルセーダース
    ザ・ワイルドワンズ
    ジャッキー吉川とブルー・コメッツ
    阿部 薫
    佐野元春
    坂本龍一
    矢野顕子
    中島みゆき


    ■フォークや演歌系


    井上陽水
    アリス
    松山千春
    吉田拓郎
    かぐや姫

    舟木一夫
    島倉千代子
    細川たかし
    都 はるみ
    坂本冬美
    美空ひばり
    八代亜紀
    小林幸子

    個人的には正直十分揃ってると思う。

    (2017.12.07追記)2017年12月6日に私の最も好きなユニコーン及び奥田民生などの各メンバーのソロ関連もApple Musicに追加されました!Apple Musicへのリンクは下記にまとめています。
    ユニコーン Apple Music、Spotify、Amazon等のサブスクリプションサービス解禁!メンバーソロ関連楽曲も有り

    世間的にこれが入ってないからダメって判断なのかな。

    AKB48, NMB48, SKE48, HKT48, 乃木坂46
    AKB48NMB48SKE48HKT48は対応したようです。
    乃木坂46欅坂46も追加。

    ミスチル
     →2018年5月に解禁されました Mr. Children
    ジャニーズ系
     →2019年10月嵐が一部解禁されました
     →2020年2月ほぼ全て解禁されました 
    B'z
    福山雅治
     →2017年12月に解禁されました 福山雅治
    椎名林檎
     →2018年5月に解禁されました 椎名林檎
    宇多田ヒカル
     →2017年12月に解禁されました 宇多田ヒカル
    ドリカム
     →2017年10月に解禁されました DREAMS COME TRUE
    井上陽水
     →2018年9月に解禁されました 井上陽水
    松任谷由美
     →2018年9月に解禁されました 松任谷由美 荒井由美
    ゆず
     →2019年5月に解禁されました ゆず
    安室奈美恵
     →2019年6月に解禁されました 安室奈美恵
    BUMP OF CHICKEN
     →2019年6月に解禁されました BUMP OF CHICKEN
    矢沢永吉
     →2019年9月に解禁されました 矢沢永吉
    L'Arc〜en〜Ciel
     →2019年12月に解禁されました L'Arc〜en〜Ciel
    ピンク・レディー
     →2019年12月に解禁されました ピンク・レディー
    サザンオールスターズ
     →2019年12月に解禁されました サザンオールスターズ
    中島みゆき
     →2020年1月に解禁されました 中島みゆき

    とかその辺。もちろんどれも定番のオルゴールサウンドはありますが(笑)

    意外とあるのが、EXILEE-girlsとか三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEとかエグザイル系。

    AWA、LINE MUSIC、はたまたSpotifyも試してみたいところですが。

    登録はこちら。3ヶ月無料です。(4ヶ月目から月額980円)↓↓↓


    と、Apple Musicおしをしてきましたが、2017年11月8日には、「Amazon Music Unlimited」なるサービスも開始。
    こちらはプライム会員とは別にApple Music並みの4000万曲以上配信の有料サービスです。
    30日無料体験もあるのでぜひチェック!
    ↓↓↓


    また、ライトなユーザーにはこちらもおすすめ!
    アマゾンプライム
    プライム・ミュージックが聴き放題なだけでなく、以下のものも全て年額3,900円(月々わずか325円)でサービスを受けられるという充実ぶり。

    ・プライム・ビデオが見放題
    ・プライムマークのついてる商品は1つからでも送料無料
    ・「お急ぎ便」や「お届け日時指定」も無料
    ・容量無制限のフォトストレージ「プライム・フォト」が使い放題
    ・Kindleライブラリーの電子書籍が毎月1冊無料

    Amazonといえば送料無料だったのが、無料じゃなくなった今、プライム会員になろうか私も検討中です。

    30日間無料なので、Apple Musicとの比較にどうぞ→


    twitterで@ksmusicを見る
    feedlyに登録
    カテゴリ : 独り言(音楽ネタ) ・ comments(0) K 
    2020年02月01日(土)
    1. K's今日の1曲
    2. 独り言(音楽ネタ)
    3. 2020年注目の新人リスト!英BBCが選ぶ『Sound of 2020』決定!音源・動画まとめ

    UKの国営放送・BBC(British Broadcasting Corporation)が発表するその年の期待の新人リスト『Sound of』。
    その2020年版『BBC Sound of 2020』が発表されました。

    2020年注目の新人リスト!英BBCが選ぶ『Sound of 2020』決定!音源・動画まとめ

    (参考)2019年のロングリストと動画はこちら。
    英BBC『Sound of 2019』音源・動画まとめ

    それでは以下、『BBC Sound of 2020』のロングリストを順位順にまとめたリストです。
    アーティストの説明はBBCのサイトに載っていたものを和訳しています。
    参考までにYouTube動画と合わせてどうぞ。

    ■BBC Sound of 2020


    ●1位:Celeste


    ・本名Celeste Waite。すでにブリット賞の「Rising Star Award」とBBCミュージックの「Introducing artist of the year」に選ばれている25歳。
    ・ロサンゼルスで生まれ、ブライトンで育った彼女は、エラ・フィッツジェラルド、オーティス・レディング、ビリー・ホリデイ、アレサ・フランクリンなどのジャズやソウルの名曲を聴いて育った。
    ・彼女は、1年前に肺癌で亡くなったジャマイカ人の父親に敬意を表して、17歳で最初の歌、"Sirens"を書く。そして、彼女の最初のEP『Milk & Honey』を、リリー・アレンのバンク・ホリデー・レコード・レーベルからリリース。
    ・現在、ポリドールと契約を結んでいるセレステは、タイムレスな歌とエモーショナルで、ストーリー性のある歌詞で称賛されています。彼女は単に「長い間音楽を作ることができ、実際に人々にとって重要な音楽を作ること」が目標だと言っています。

    ・Celeste - Strange (Official Video)


    ●2位:Easy Life
    ・レスター出身のイージーライフは、(ディープ・ブレス)ヒップホップ、ジャズ、インディー、ポップ、アフロビート、スローグルーブ、アンビエントハウス、サイケデリックエレクトロニカ、機知に富んだ、鋭い楽観的な楽観的な歌詞のブレンドにより、つかみどころはないが好きになるのは難しくない音楽。
    ・地元のいくつかのバンドでそれぞれ活動していた5人が2年前に「きまぐれに」結成。
    ・フロントマンのMurray Matraversは両親の農場で育ち、鶏の世話とジャガイモを育てながら形成期を過ごす。
    ・彼の歌詞は、不眠症(“Nightmares”)や金銭問題(“Pockets”)から恋に落ちた愛(“Frank”)に及びます。

    ・Easy Life - Nightmares (Official Video)


    ●3位:YUNGBLUD
    ・超アクティブで率直、大胆に脆弱なYungbludは、ロックスターになることの意味の定義に挑戦してる。
    ・本名ドミニク・ハリソン。22歳。彼は、ヒップホップビート、ジェットストリームギター、抗うことができないポップなメロディーをもって、銃規制(“Machine Gun”)と自己嫌悪(“Original Me”)について歌うことを恐れていない。
    ・しばしばドレスをきてステージ立つ。NMEに「箱は穀物用。ラベルは衣服用。私たちは人間であり、境界の必要性は日々重要ではなくなっている」
    ・彼の​​ファンは、中指に2本のハート型のタトゥー(1つは完全、もう1つは壊れている)をしていて、自身を「The Black Hearts Club」と呼んでいる。

    ・YUNGBLUD - Parents (Official Music Video)


    ●4位:Joy Crookes
    ・ジョイ・クルッカーが覚えている最初のレコードはThe Clashの『London Calling』で、彼らの音楽的探究心、ロンドンの多様性を祝すスタンスは、彼女自身の音楽の試金石のままである。
    ・ロンドンでバングラデシュ人の母親とアイルランド人の父親の間に生まれた彼女は、毎週行われるアイルランドのダンスレッスンにかり立てられ、幅広い音楽に触れた。「父は本当の教育を受けさせたいと思っていました。ニック・ケイブからキング・タビー、パキスタンのすべての音楽まで」と彼女は言う。「彼は「これはあなたの世界の側にあるものです。あなたはこれを聞くべきだ」と言います。」
    ・ピアノ、ベース、ギターを学び、エイミー・ワインハウスとローリン・ヒルの"mad honest"「狂ったような正直さ」のリリシズムに触発され、10代にして自分の音楽を書き始めた。

    ・Joy Crookes - Don't Let Me Down (Demo)


    ●5位:Inhaler
    ・Inhalerは、学校の友人であるイライジャ・ヒューソン、ロバート・キーティング、ライアン・マクマホン、ジョシュ・ジェンキンソンによって結成。共通で好きなバンドはジョイ・ディビジョン、ザ・ストロークス、ザ・ストーン・ローズ、ザ・キュアーなど。
    ・イライジャの急上昇するような、探究心のあるボーカルは、彼の父親であるU2のボノに似ていると気づくかもしれない。
    ・「私にとっても、バンドとしての私たちにとっても、門戸が開かれることはわかっています」と彼はNMEに家族のつながりについて話した。 「しかし、これらのドアは、私たちが良くない場合、門戸が開くのと同じくらいの速さで閉じてしまう。」
    ・しかし、Inhalerは父親の名前を使って活動することなく、小さなパブやクラブを周り、"My Honest Face"や"Ice Cream Sundae"などのポストパンクな曲で忠実な支持得ている。

    ・Inhaler - Ice Cream Sundae (Official Video)


    1位のセレステや4位のジョイ・クルッカーはこのBBC Sound of ...シリーズがいかにも好きそうなアーティストですね。
    この辺のアーティストを推してきた場合はまずハズレがないので、要チェックです。
    イージー・ライフとかヤングブラッドあたりは個人的にはなんかつかみどころがなくて、もうちょっとチェックしてみたいところ。
    正統派に近いロックバンドがトップ5に入るのは珍しいインヘーラーですが、ボノの息子がいるという先入観なしには聞けませんが(笑)、なかなか良さそう。

    以下、その他ロングリストに入ったアーティスト。

    [スポンサードリンク]


    (順不同)
    Arlo Parks
    ロンドン出身の19歳のソウルシンガー、アーロ・パークス。

    ・Arlo Parks - george (Official Music Video)


    beabadoobee
    マニラ生まれ、ロンドン育ちの19歳、Bea Kristiのソロプロジェクト、べアバッドゥービー。

    ・beabadoobee - If You Want To


    Georgia
    プロデューサー、ソングライター、ビートメーカーのジョージア・バーンズ。父はLeftfieldのニール・バーンズ。

    ・Georgia - About Work The Dancefloor (Official Video)


    Joesef
    グラスゴー出身のシンガーソングライター。24歳。

    ・Joesef - Don't Give In (Official Audio)


    Squid
    ブライトンを拠点に活動する5人組ロックバンド。

    ・Squid - Houseplants (Official Audio)


    5位に入らなかった5組では、ジョージアが個人的にはお気に入り。
    今年出た2ndアルバムめっちゃ良いです。
    10組の中にロックバンドが2つも入ったのがいい感じですね。

    以下、これまでの受賞者。(左から年、Winner、2位〜5位)

    2003 50 Cent/Electric Six/Yeah Yeah Yeahs/The Thrills/Dizzee Rascal
    2004 Keane/Franz Ferdinand/Wiley/Razorlight/Joss Stone
    2005 The Bravery/Bloc Party/Kano/The Game/Kaiser Chiefs
    2006 Corinne Bailey Rae/Clap Your Hands Say Yeah/The Feeling/Plan B/Guillemots
    2007 Mika/The Twang/Klaxons/Sadie Ama/Enter Shikari
    2008 Adele/Duffy/The Ting Tings/Glasvegas/Foals
    2009 Little Boots/White Lies/Florence + the Machine/Empire of the Sun/La Roux
    2010 Ellie Goulding/Marina and the Diamonds/Delphic/Hurts/The Drums
    2011 Jessie J/James Blake/The Vaccines/Jamie Woon/Clare Maguire
    2012 Michael Kiwanuka/Frank Ocean/Azealia Banks/Skrillex/Niki & The Dove
    2013 Haim/AlunaGeorge/Angel Haze/Laura Mvula/Chvrches
    2014 Sam Smith/Ella Eyre/Banks/Sampha/George Ezra
    2015 Years & Years/James Bay/Stormzy/Raury/George the Poet
    2016 Jack Garratt/Alessia Cara/NAO/Blossoms/Mura Masa, WSTRN
    2017 Ray BLK/Rag'n'Bone Man/Raye/Jorja Smith/Nadia Rose
    2018 Sigrid/Rex Orange County/IAMDDB/Khalid/Pale Waves
    2019 Octavian/King Princess/Grace Carter/slowthai/Rosalìa

    【サイト内関連記事】
    BBC sound of 2009
    BBC Sound of 2014
    BBC Sound of 2015 音源・動画まとめ
    BBC Sound of 2016 音源・動画まとめ
    BBC Sound of 2017 音源・動画まとめ
    BBC Sound of 2018 音源・動画まとめ
    BBC Sound of 2019 音源・動画まとめ
    カテゴリ : 独り言(音楽ネタ) ・ comments(0) K 
    2020年01月28日(火)
    1. K's今日の1曲
    2. 独り言(音楽ネタ)
    3. 【速報】2020年・第62回グラミー賞、受賞者・受賞作・結果・ノミネートリスト一覧まとめ #grammy #グラミー #GRAMMYs

    米・現地時間2020年1月26日(日本時間1月27日)にロサンゼルスのステープルズ・センターにて授賞式を開催する、第62回グラミー賞62nd Annual Grammy Awards)の受賞速報結果を一覧リストにしてまとめます。
    ノミネート作品/アーティストと合わせてどうぞ。



    2019年の結果はこちら。
    2019年・第61回グラミー賞・受賞者・結果まとめ

    まずは主要4部門。
    ビリー・アイリッシュリル・ナズ・X、そして、リゾの3組の熾烈な賞レースにも注目!

    最優秀レコード賞
    年間最優秀アルバム
    最優秀楽曲賞
    最優秀新人賞



    それでは、以下今年の受賞者一覧です。
    ※受賞者/受賞作品にはを付けて太字にしていきます。
    ※まだ印がついていないものは未発表

    Record Of The Year(最優秀レコード賞)


    HEY, MA - Bon Iver
    BAD GUY - Billie Eilish
    7 RINGS - Ariana Grande
    HARD PLACE - H.E.R.
    TALK - Khalid
    OLD TOWN ROAD - Lil Nas X Featuring Billy Ray Cyrus
    TRUTH HURTS - Lizzo
    SUNFLOWER - Post Malone & Swae Lee

    授賞式の一番最後に発表された最優秀レコード。
    ビリー・アイリッシュが18歳にして主要部門独占を果たしました。

    ・Billie Eilish - bad guy



    Album Of The Year(年間最優秀アルバム)


    I,I - Bon Iver
    NORMAN F***ING ROCKWELL! - Lana Del Rey
    WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO? - Billie Eilish
    THANK U, NEXT - Ariana Grande
    I USED TO KNOW HER - H.E.R.
    7 - Lil Nas X
    CUZ I LOVE YOU (DELUXE) - Lizzo
    FATHER OF THE BRIDE - Vampire Weekend

    主要部門で3番目に発表されたアルバム賞。
    こちらもビリー・アイリッシュが獲得。

    [スポンサードリンク]


    Song Of The Year(最優秀楽曲賞)


    ALWAYS REMEMBER US THIS WAY - Lady Gaga
    BAD GUY - Billie Eilish
    BRING MY FLOWERS NOW - Tanya Tucker
    HARD PLACE - H.E.R.
    LOVER - Taylor Swift
    NORMAN F***ING ROCKWELL - Lana Del Rey
    SOMEONE YOU LOVED - Lewis Capaldi
    TRUTH HURTS - Lizzo

    4部門で一番最初に発表されたのがこれ。
    決まった瞬間に兄フィニアスと抱き合うビリー。
    まずは主要1冠目を獲得!

    Best New Artist(最優秀新人賞)


    BLACK PUMAS
    BILLIE EILISH
    LIL NAS X
    LIZZO
    MAGGIE ROGERS
    ROSALÍA
    TANK AND THE BANGAS
    YOLA

    主要部門で2番目に発表された新人賞。
    ビリー・アイリッシュが獲得。
    これはさすがに固い結果でしたね。

    以上、主要4部門。

    最多ノミネートとなったLizzoや、全米シングルチャートで歴代最長の1位記録を更新したLil Nas Xといったどちらもフレッシュな若手アーティストと接戦になるかと注目されましたが、終わってみればその中で最年少のBillie Eilishが主要4部門を独占するという結果になりました。

    ここは個人的な想像の域をでませんが、3組の中で今後も生き残っていくのはビリーだったかなという印象。
    一過性の人気に終わらない気がします。
    今後の彼女のさらなる快進撃が楽しみです。



    その他の部門も下にまとめます。
    POP
    DANCE/ELECTRONIC MUSIC
    CONTEMPORARY INSTRUMENTAL MUSIC
    ROCK
    ALTERNATIVE
    R&B
    RAP
    COUNTRY
    NEW AGE
    JAZZ
    GOSPEL/CONTEMPORARY CHRISTIAN MUSIC
    LATIN
    AMERICAN ROOTS MUSIC
    REGGAE
    WORLD MUSIC
    CHILDREN'S
    SPOKEN WORD
    COMEDY
    MUSICAL THEATER
    MUSIC FOR VISUAL MEDIA
    COMPOSING/ARRANGING

    【サイト内関連記事】
    bad guy / Billie Eilish (When We All Fall Asleep, Where Do We Go? 収録)
    Truth Hurts / Lizzo (Cuz I Love You 収録)
    2019年・第61回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
    2018年・第60回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
    2017年・第59回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
    2016年・第58回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
    2015年・第57回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
    2014年・第56回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
    2013年・第55回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
    2012年・第54回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
    2011年・第53回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
    2010年・第52回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
    2009年・第51回グラミー賞・受賞者・結果まとめ


    POP


    ■Best Pop Solo Performance


    SPIRIT - Beyoncé
    BAD GUY - Billie Eilish
    7 RINGS - Ariana Grande
    TRUTH HURTS - Lizzo
    YOU NEED TO CALM DOWN - Taylor Swift

    ■Best Pop Duo/Group Performance


    BOYFRIEND - Ariana Grande & Social House
    SUCKER - Jonas Brothers
    OLD TOWN ROAD - Lil Nas X Featuring Billy Ray Cyrus
    SUNFLOWER - Post Malone & Swae Lee
    SEÑORITA - Shawn Mendes & Camila Cabello

    ■Best Traditional Pop Vocal Album


    SÌ - Andrea Bocelli
    LOVE (DELUXE EDITION) - Michael Bublé
    LOOK NOW - Elvis Costello & The Imposters
    A LEGENDARY CHRISTMAS - John Legend
    WALLS - Barbra Streisand

    ■Best Pop Vocal Album


    THE LION KING: THE GIFT - Beyoncé
    WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO? - Billie Eilish
    THANK U, NEXT - Ariana Grande
    NO.6 COLLABORATIONS PROJECT - Ed Sheeran
    LOVER - Taylor Swift

    DANCE/ELECTRONIC MUSIC


    ■Best Dance Recording


    LINKED - Bonobo
    GOT TO KEEP ON - The Chemical Brothers
    PIECE OF YOUR HEART - Meduza Featuring Goodboys
    UNDERWATER - RÜFÜS DU SOL
    MIDNIGHT HOUR - Skrillex & Boys Noize Featuring Ty Dolla $ign

    ■Best Dance/Electronic Album


    LP5 - Apparat
    NO GEOGRAPHY - The Chemical Brothers
    HI THIS IS FLUME (MIXTAPE) - Flume
    SOLACE - RÜFÜS DU SOL
    WEATHER - Tycho

    CONTEMPORARY INSTRUMENTAL MUSIC


    ■Best Contemporary Instrumental Album


    ANCESTRAL RECALL - Christian Scott aTunde Adjuah
    STAR PEOPLE NATION - Theo Croker
    BEAT MUSIC! BEAT MUSIC! BEAT MUSIC! - Mark Guiliana
    ELEVATE - Lettuce
    METTAVOLUTION - Rodrigo y Gabriela
    [スポンサードリンク]


    ROCK


    ■Best Rock Performance


    PRETTY WASTE - Bones UK
    THIS LAND - Gary Clark Jr.
    HISTORY REPEATS - Brittany Howard
    WOMAN - Karen O & Danger Mouse
    TOO BAD - Rival Sons

    ■Best Metal Performance


    ASTOROLUS - THE GREAT OCTOPUS - Candlemass Featuring Tony Iommi
    HUMANICIDE - Death Angel
    BOW DOWN - I Prevail
    UNLEASHED - Killswitch Engage
    7EMPEST- Tool

    ■Best Rock Song


    FEAR INOCULUM - Tool
    GIVE YOURSELF A TRY - The 1975
    HARMONY HALL - Vampire Weekend
    HISTORY REPEATS - Brittany Howard
    THIS LAND - Gary Clark Jr.

    ■Best Rock Album


    AMO - Bring Me The Horizon
    SOCIAL CUES - Cage The Elephant
    IN THE END - The Cranberries
    TRAUMA - I Prevail
    FERAL ROOTS - Rival Sons


    ALTERNATIVE


    ■Best Alternative Music Album


    U.F.O.F. - Big Thief
    ASSUME FORM - James Blake
    I,I - Bon Iver
    FATHER OF THE BRIDE - Vampire Weekend
    ANIMA - Thom Yorke

    R&B


    ■Best R&B Performance


    LOVE AGAIN - Daniel Caesar & Brandy
    COULD'VE BEEN - H.E.R. Featuring Bryson Tiller
    EXACTLY HOW I FEEL - Lizzo Featuring Gucci Mane
    ROLL SOME MO - Lucky Daye
    COME HOME - Anderson .Paak Featuring André 3000

    ■Best Traditional R&B Performance


    TIME TODAY - BJ The Chicago Kid
    STEADY LOVE - India.Arie
    JEROME - Lizzo
    REAL GAMES - Lucky Daye
    BUILT FOR LOVE - PJ Morton Featuring Jazmine Sullivan

    ■Best R&B Song


    COULD'VE BEEN - H.E.R. Featuring Bryson Tiller
    LOOK AT ME NOW - Emily King
    NO GUIDANCE - Chris Brown Featuring Drake
    ROLL SOME MO - Lucky Day
    SAY SO - PJ Morton Featuring JoJo

    ■Best Urban Contemporary Album


    APOLLO XXI - Steve Lacy
    CUZ I LOVE YOU (DELUXE) - Lizzo
    OVERLOAD - Georgia Anne Muldrow
    SATURN - NAO
    BEING HUMAN IN PUBLIC - Jessie Reyez

    ■Best R&B Album


    1123 - BJ The Chicago Kid
    PAINTED - Lucky Daye
    ELLA MAI - Ella Mai
    PAUL - PJ Morton
    VENTURA - Anderson .Paak

    RAP


    ■Best Rap Performance


    MIDDLE CHILD - J. Cole
    SUGE - DaBaby
    DOWN BAD - Dreamville Featuring J.I.D, Bas, J. Cole, EARTHGANG & Young Nudy
    RACKS IN THE MIDDLE - Nipsey Hussle Featuring Roddy Ricch & Hit-Boy
    CLOUT - Offset Featuring Cardi B

    ■Best Rap/Sung Performance


    HIGHER - DJ Khaled Featuring Nipsey Hussle & John Legend
    DRIP TOO HARD - Lil Baby & Gunna
    PANINI - Lil Nas X
    BALLIN - Mustard Featuring Roddy Ricch
    THE LONDON - Young Thug Featuring J. Cole & Travis Scott

    ■Best Rap Song


    BAD IDEA - YBN Cordae Featuring Chance The Rapper
    GOLD ROSES - Rick Ross Featuring Drake
    A LOT - 21 Savage Featuring J. Cole
    RACKS IN THE MIDDLE - Nipsey Hussle Featuring Roddy Ricch & Hit-Boy
    SUGE - DaBaby

    ■Best Rap Album


    REVENGE OF THE DREAMERS III - Dreamville
    CHAMPIONSHIPS - Meek Mill
    I AM > I WAS - 21 Savage
    IGOR - Tyler, The Creator
    THE LOST BOY - YBN Cordae
    [スポンサードリンク]

    COUNTRY


    ■BEST COUNTRY SOLO PERFORMANCE


    ALL YOUR’N - Tyler Childers
    GIRL GOIN' NOWHERE - Ashley McBryde
    RIDE ME BACK HOME - Willie Nelson
    GOD'S COUNTRY - Blake Shelton
    BRING MY FLOWERS NOW - Tanya Tucker

    ■BEST COUNTRY DUO/GROUP PERFORMANCE


    BRAND NEW MAN - Brooks & Dunn With Luke Combs
    I DON'T REMEMBER ME (BEFORE YOU) - Brothers Osborne
    SPEECHLESS - Dan + Shay
    THE DAUGHTERS - Little Big Town

    ■BEST COUNTRY SONG


    BRING MY FLOWERS - Tanya Tucker
    GIRL GOIN' NOWHERE - Ashley McBryde
    IT ALL COMES OUT IN THE WASH - Miranda Lambert
    SOME OF IT - Eric Church
    SPEECHLESS - Dan + Shay

    ■BEST COUNTRY ALBUM


    DESPERATE MAN - Eric Church
    STRONGER THAN THE TRUTH - Reba McEntire
    INTERSTATE GOSPEL - Pistol Annies
    CENTER POINT ROAD - Thomas Rhett
    WHILE I'M LIVIN' - Tanya Tucker

    NEW AGE


    ■BEST NEW AGE ALBUM


    FAIRY DREAMS - David Arkenstone
    HOMAGE TO KINDNESS - David Darling
    WINGS - Peter Kater
    VERVE - Sebastian Plano
    DEVA - Deva Premal


    JAZZ


    ■Best Improvised Jazz Solo


    ELSEWHERE - Melissa Aldana, soloist
    SOZINHO - Randy Brecker, soloist
    TOMORROW IS THE QUESTION - Julian Lage, soloist
    THE WINDUP - Branford Marsalis, soloist
    SIGHTSEEING - Christian McBride, soloist

    ■Best Jazz Vocal Album


    THIRSTY GHOST - Sara Gazarek
    LOVE & LIBERATION - Jazzmeia Horn
    ALONE TOGETHER - Catherine Russell
    12 LITTLE SPELLS - Esperanza Spalding
    SCREENPLAY - The Tierney Sutton Band

    ■Best Jazz Instrumental Album


    IN THE KEY OF THE UNIVERSE - Joey DeFrancesco
    THE SECRET BETWEEN THE SHADOW AND THE SOUL - Branford Marsalis Quartet
    CHRISTIAN MCBRIDE'S NEW JAWN - Christian McBride
    FINDING GABRIEL - Brad Mehldau
    COME WHAT MAY - Joshua Redman Quartet

    ■Best Large Jazz Ensemble Album


    TRIPLE HELIX - Anat Cohen Tentet
    DANCER IN NOWHERE - Miho Hazama
    HIDING OUT - Mike Holober & The Gotham Jazz Orchestra
    THE OMNI-AMERICAN BOOK CLUB - Brian Lynch Big Band
    ONE DAY WONDER - Terraza Big Band

    ■Best Latin Jazz Album


    ANTIDOTE - Chick Corea & The Spanish Heart Band
    SORTE!: MUSIC BY JOHN FINBURY -Thalma de Freitas With Vitor Gonçalves, John Patitucci, Chico Pinheiro, Rogerio Boccato & Duduka Da Fonseca
    UNA NOCHE CON RUBÉN BLADES - Jazz At Lincoln Center Orchestra With Wynton Marsalis & Rubén Blades
    CARIB - David Sánchez
    SONERO: THE MUSIC OF ISMAEL RIVERA - Miguel Zenón

    GOSPEL/CONTEMPORARY CHRISTIAN MUSIC


    ■Best Gospel Performance/Song


    LOVE THEORY - Kirk Franklin; Kirk Franklin, songwriter
    TALKIN' 'BOUT JESUS - Gloria Gaynor Featuring Yolanda Adams; Bryan
    Fowler, Gloria Gaynor & Chris Stevens, songwriters
    SEE THE LIGHT - Travis Greene Featuring Jekalyn Carr
    SPEAK THE NAME - Koryn Hawthorne Featuring Natalie Grant
    THIS IS A MOVE (LIVE) - Tasha Cobbs Leonard; Tony Brown, Brandon Lake, Tasha Cobbs Leonard & Nate Moore, songwriters

    ■Best Contemporary Christian Music Performance/Song


    ONLY JESUS - Casting Crowns; Mark Hall, Bernie Herms & Matthew West, songwriters
    GOD ONLY KNOWS - for KING & COUNTRY & Dolly Parton; Josh Kerr, Jordan Reynolds, Joel Smallbone, Luke Smallbone & Tedd Tjornhom, songwriters
    HAVEN'T SEEN IT YET - Danny Gokey; Danny Gokey, Ethan Hulse & Colby Wedgeworth, songwriters
    GOD'S NOT DONE WITH YOU (SINGLE VERSION) - Tauren Wells
    RESCUE STORY - Zach Williams; Ethan Hulse, Andrew Ripp, Jonathan Smith & Zach Williams, songwriters

    ■Best Gospel Album


    LONG LIVE LOVE - Kirk Franklin
    GOSHEN - Donald Lawrence Presents The Tri -City Singers
    TUNNEL VISION - Gene Moore
    SETTLE HERE - William Murphy
    SOMETHING'S HAPPENING! A CHRISTMAS ALBUM - CeCe Winans

    ■Best Contemporary Christian Music Album


    I KNOW A GHOST - Crowder
    BURN THE SHIPS - for KING & COUNTRY
    HAVEN'T SEEN IT YET - Danny Gokey
    THE ELEMENTS - TobyMac
    HOLY ROAR - Chris Tomlin

    ■Best Roots Gospel Album


    DEEPER ROOTS: WHERE THE BLUEGRASS GROWS - Steven Curtis Chapman
    TESTIMONY - Gloria Gaynor
    DEEPER OCEANS - Joseph Habedank
    HIS NAME IS JESUS - Tim Menzies
    GONNA SING, GONNA SHOUT - (Various Artists)Jerry Salley, Producer

    LATIN


    ■Best Latin Pop Album


    VIDA - Luis Fonsi
    11:11 - Maluma
    MONTANER - Ricardo Montaner
    #ELDISCO - Alejandro Sanz
    FANTASIA - Sebastian Yatra

    ■Best Latin Rock, Urban or Alternative Album


    X 100PRE - Bad Bunny
    OASIS - J Balvin & Bad Bunny
    INDESTRUCTIBLE - Flor De Toloache
    ALMADURA - iLe
    EL MAL QUERER - ROSALÍA

    ■Best Regional Mexican Music Album (Including Tejano)


    CAMINANDO - Joss Favela
    PERCEPCIÓN - Intocable
    POCO A POCO - La Energia Norteña
    20 ANIVERSARIO - Mariachi Divas De Cindy Shea
    DE AYER PARA SIEMPRE - Mariachi Los Camperos

    ■Best Tropical Latin Album


    OPUS - Marc Anthony
    TIEMPO AL TIEMPO - Luis Enrique + C4 Trio
    CANDELA - Vicente García
    LITERAL - Juan Luis Guerra 4.40
    A JOURNEY THROUGH CUBAN MUSIC - Aymée Nuviola

    AMERICAN ROOTS MUSIC


    ■Best American Roots Performance


    SAINT HONESTY - Sara Bareilles
    FATHER MOUNTAIN - Calexico And Iron & Wine
    I'M ON MY WAY - Rhiannon Giddens with Francesco Turrisi
    CALL MY NAME - I'm With Her
    FARAWAY LOOK - Yola

    ■Best American Roots Song


    BLACK MYSELF - Our Native Daughters
    CALL MY NAME - I'm With Her
    CROSSING TO JERUSALEM - Rosanne Cash
    FARAWAY LOOK - Yola
    I DON'T WANNA RIDE THE RAILS NO MORE - Vince Gill

    ■Best Americana Album


    YEARS TO BURN - Calexico And Iron & Wine
    WHO ARE YOU NOW - Madison Cunningham
    OKLAHOMA - Keb' Mo'
    TALES OF AMERICA - J.S. Ondara
    WALK THROUGH FIRE - Yola

    ■Best Bluegrass Album


    TALL FIDDLER - Michael Cleveland
    LIVE IN PRAGUE, CZECH REPUBLIC - Doyle Lawson & Quicksilver
    TOIL, TEARS & TROUBLE - The Po’ Ramblin’ Boys
    ROYAL TRAVELLER - Missy Raines
    IF YOU CAN'T STAND THE HEAT - Frank Solivan & Dirty Kitchen

    ■Best Traditional Blues Album


    KINGFISH - Christone "Kingfish" Ingram
    TALL, DARK & HANDSOME - Delbert McClinton & Self-Made Men
    SITTING ON TOP OF THE BLUES - Bobby Rush
    BABY, PLEASE COME HOME - Jimmie Vaughan
    SPECTACULAR CLASS - Jontavious Willis

    ■Best Contemporary Blues Album


    THIS LAND - Gary Clark Jr.
    VENOM & FAITH - Larkin Poe
    BRIGHTER DAYS - Robert Randolph & The Family Band
    SOMEBODY SAVE ME - Sugaray Rayford
    KEEP ON - Southern Avenue

    ■Best Folk Album


    MY FINEST WORK YET - Andrew Bird
    REARRANGE MY HEART - Che Apalache
    PATTY GRIFFIN - Patty Griffin
    EVENING MACHINES - Gregory Alan Isakov
    FRONT PORCH - Joy Williams

    ■Best Regional Roots Music Album


    KALAWAI’ANUI - Amy Hānaiali’i
    WHEN IT'S COLD - CREE ROUND DANCE SONGS - Northern Cree
    GOOD TIME - Ranky Tanky
    RECORDED LIVE AT THE 2019 NEW ORLEANS JAZZ & HERITAGE FESTIVAL - Rebirth Brass Band
    HAWAIIAN LULLABY - (Various Artists)Imua Garza & Kimié Miner, producers

    REGGAE


    ■Best Reggae Album


    RAPTURE - Koffee
    AS I AM - Julian Marley
    THE FINAL BATTLE: SLY & ROBBIE VS. ROOTS RADICS - Sly & Robbie & Roots Radics
    MASS MANIPULATION - Steel Pulse
    MORE WORK TO BE DONE - Third World

    WORLD MUSIC


    ■Best World Music Album


    GECE - Altin Gün
    WHAT HEAT - Bokanté & Metropole Orkest Conducted By Jules Buckley
    AFRICAN GIANT - Burna Boy
    FANM D'AYITI - Nathalie Joachim With Spektral Quartet
    CELIA - Angelique Kidjo

    [スポンサードリンク]

    CHILDREN'S


    ■Best Children's Album


    AGELESS SONGS FOR THE CHILD ARCHETYPE - Jon Samson
    FLYING HIGH! - Caspar Babypants
    I LOVE RAINY DAYS - Daniel Tashian
    THE LOVE - Alphabet Rockers
    WINTERLAND - The Okee Dokee Brothers

    SPOKEN WORD


    ■Best Spoken Word Album (Includes Poetry, Audio Books & Storytelling)


    BEASTIE BOYS BOOK - (Various Artists) Michael Diamond, Adam Horovitz, Scott Sherratt & Dan Zitt, producers
    BECOMING - Michelle Obama
    I.V. CATATONIA: 20 YEARS AS A TWO-TIME CANCER SURVIVOR - Eric Alexandrakis
    MR. KNOW-IT-ALL - John Waters
    SEKOU ANDREWS & THE STRING THEORY - Sekou Andrews & The String Theory

    COMEDY


    ■Best Comedy Album


    QUALITY TIME - Jim Gaffigan
    RELATABLE - Ellen DeGeneres
    RIGHT NOW - Aziz Ansari
    SON OF PATRICIA - Trevor Noah
    STICKS & STONES - Dave Chappelle

    MUSICAL THEATER


    ■Best Musical Theater Album


    AIN'T TOO PROUD: THE LIFE AND TIMES OF THE TEMPTATIONS - Original Broadway Cast
    HADESTOWN - Original Broadway Cast
    MOULIN ROUGE! THE MUSICAL - Original Broadway Cast
    THE MUSIC OF HARRY POTTER AND THE CURSED CHILD - IN FOUR CONTEMPORARY SUITES - Imogen Heap
    OKLAHOMA! - Richard Rodgers, composer; Oscar Hammerstein II, lyricist

    MUSIC FOR VISUAL MEDIA


    ■Best Compilation Soundtrack For Visual Media


    THE LION KING: THE SONGS - Various Artists - Various Artists
    ROCKETMAN - Taron Egerton
    SPIDER-MAN: INTO THE SPIDER-VERSE - Various Artists
    A STAR IS BORN - Lady Gaga & Bradley Cooper

    ■Best Score Soundtrack For Visual Media


    AVENGERS: ENDGAME - Alan Silvestri, composer
    CHERNOBYL - Hildur Guðnadóttir, composer
    GAME OF THRONES: SEASON 8 - Ramin Djawadi, composer
    THE LION KING - Hans Zimmer, composer

    ■Best Song Written For Visual Media


    THE BALLAD OF THE LONESOME COWBOY - Chris Stapleton
    GIRL IN THE MOVIES - Dolly Parton
    I'LL NEVER LOVE AGAIN (FILM VERSION) - Lady Gaga & Bradley Cooper
    SPIRIT - Beyoncé
    SUSPIRIUM - Thom Yorke

    COMPOSING/ARRANGING


    ■Best Instrumental Composition


    BEGIN AGAIN - Fred Hersch & The WDR Big Band Conducted By Vince Mendoza
    CRUCIBLE FOR CRISIS - Brian Lynch Big Band
    LOVE, A BEAUTIFUL FORCE - Vince Mendoza, Terell Stafford, Dick Oatts & Temple University Studio Orchestra
    STAR WARS: GALAXY'S EDGE SYMPHONIC SUITE - John Williams
    WALKIN' FUNNY - Christian McBride

    ■Best Arrangement, Instrumental or A Cappella


    BLUE SKIES - Kris Bowers, arranger (Kris Bowers)
    HEDWIG'S THEME - John Williams, arranger (Anne-Sophie Mutter & John Williams)
    LA NOVENA - Emilio Solla, arranger (Emilio Solla Tango Jazz Orchestra)
    LOVE, A BEAUTIFUL FORCE - Vince Mendoza, arranger (Vince Mendoza, Terell Stafford, Dick Oatts & Temple University Studio Orchestra)
    MOON RIVER - Jacob Collier, arranger (Jacob Collier)

    ■Best Arrangement, Instruments and Vocals


    ALL NIGHT LONG - Jacob Collier, arranger (Jacob Collier Featuring Jules Buckley, Take 6 & Metropole Orkest)
    JOLENE - Geoff Keezer, arranger (Sara Gazarek)
    MARRY ME A LITTLE - Cyrille Aimée & Diego Figueiredo, arrangers (Cyrille Aimée)
    OVER THE RAINBOW - Vince Mendoza, arranger (Trisha Yearwood)
    12 LITTLE SPELLS (THORACIC SPINE) - Esperanza Spalding, arranger (Esperanza Spalding)

    ■Best Recording Package


    CHRIS CORNELL - Barry Ament, Jeff Ament, Jeff Fura & Joe Spix, art directors (Chris Cornell)
    HOLD THAT TIGER - Andrew Wong & Fongming Yang, art directors (The Muddy Basin Ramblers)
    I,I - Aaron Anderson & Eric Timothy Carlson, art directors (Bon Iver)
    INTELLEXUAL - Irwan Awalludin, art director (Intellexual)

    ■Best Boxed Or Special Limited Edition Package


    ANIMA - Stanley Donwood & Tchocky, art directors (Thom Yorke)
    GOLD IN BRASS AGE - Amanda Chiu, Mark Farrow & David Gray, art directors (David Gray)
    1963: NEW DIRECTIONS - Josh Cheuse, art director (John Coltrane)
    THE RADIO RECORDINGS 1939-1945 - Marek Polewski, art director (Wilhelm Furtwängler & Berliner Philharmoniker)
    WOODSTOCK: BACK TO THE GARDEN - THE DEFINITIVE 50TH ANNIVERSARY ARCHIVE - Masaki Koike, art director (Various Artists)

    ■Best Album Notes


    THE COMPLETE CUBAN JAM SESSIONS - Various Artists
    THE GOSPEL ACCORDING TO MALACO - Various Artists
    PEDAL STEEL + FOUR CORNERS - Terry Allen And The Panhandle Mystery Band
    PETE SEEGER: THE SMITHSONIAN FOLKWAYS COLLECTION) - Pete Seeger
    STAX '68: A MEMPHIS STORY - Various Artists

    HISTORICAL


    ■Best Historical Album


    THE GIRL FROM CHICKASAW COUNTY - THE COMPLETE CAPITOL MASTERS - Bobbie Gentry
    THE GREAT COMEBACK: HOROWITZ AT CARNEGIE HALL - Vladimir Horowitz
    KANKYO ONGAKU: JAPANESE AMBIENT, ENVIRONMENTAL & NEW AGE MUSIC 1980-1990 - Various Artists
    PETE SEEGER: THE SMITHSONIAN FOLKWAYS COLLECTION - Pete Seeger
    WOODSTOCK: BACK TO THE GARDEN - THE DEFINITIVE 50TH ANNIVERSARY ARCHIVE - Various Artists

    PRODUCTION, NON-CLASSICAL


    ■Best Engineered Album, Non-Classical


    ALL THESE THINGS - Thomas Dybdahl
    ELLA MAI - Ella Mai
    RUN HOME SLOW - The Teskey Brothers
    SCENERY - Emily King
    WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO? - Billie Eilish

    ■Producer Of The Year, Non-Classical


    JACK ANTONOFF
    DAN AUERBACH
    JOHN HILL
    FINNEAS
    RICKY REED

    ■Best Remixed Recording


    I RISE (TRACY YOUNG'S PRIDE INTRO RADIO REMIX) - Madonna
    MOTHER'S DAUGHTER (WUKI REMIX) - Miley Cyrus
    THE ONE (HIGH CONTRAST REMIX) - Jorja Smith
    SWIM (FORD. REMIX) - Mild Minds
    WORK IT (SOULWAX REMIX) - Marie Davidson

    [スポンサードリンク]


    PRODUCTION, IMMERSIVE AUDIO


    ■Best Immersive Audio Album


    CHAIN TRIPPING - Yacht
    KVERNDOKK: SYMPHONIC DANCES - Ken-David Masur & Stavanger Symphony Orchestra
    LUX - Anita Brevik, Trondheimsolistene & Nidarosdomens Jentekor
    THE ORCHESTRAL ORGAN - Jan Kraybill
    THE SAVIOR - A Bad Think

    PRODUCTION, CLASSICAL


    ■Best Engineered Album, Classical


    AEQUA - ANNA THORVALDSDÓTTIR - International Contemporary Ensemble
    BRUCKNER: SYMPHONY NO. 9 - Manfred Honeck & Pittsburgh Symphony Orchestra
    RACHMANINOFF - HERMITAGE PIANO TRIO - Hermitage Piano Trio
    RILEY: SUN RINGS - Kronos Quartet
    WOLFE: FIRE IN MY MOUTH - Jaap Van Zweden, Francisco J. Núñez, Donald Nally, The Crossing, Young People's Chorus Of NY City & New York Philharmonic

    ■Producer Of The Year, Classical


    BLANTON ALSPAUGH
    JAMES GINSBURG
    MARINA A. LEDIN, VICTOR LEDIN
    MORTEN LINDBERG
    DIRK SOBOTKA

    CLASSICAL


    ■Best Orchestral Performance


    BRUCKNER: SYMPHONY NO. 9 - Pittsburgh Symphony Orchestra
    COPLAND: BILLY THE KID; GROHG - Detroit Symphony Orchestra
    NORMAN: SUSTAIN - Los Angeles Philharmonic
    TRANSATLANTIC - Cincinnati Symphony Orchestra
    WEINBERG: SYMPHONIES NOS. 2 & 21 - City Of Birmingham Symphony Orchestra & Kremerata Baltica

    ■Best Opera Recording


    BENJAMIN: LESSONS IN LOVE & VIOLENCE - Orchestra Of The Royal Opera House
    BERG: WOZZECK - Netherlands Philharmonic Orchestra; Chorus Of Dutch National Opera
    CHARPENTIER: LES ARTS FLORISSANTS; LES PLAISIRS DE VERSAILLES - Boston Early Music Festival Chamber Ensemble; Boston Early Music Festival Vocal Ensemble)
    PICKER: FANTASTIC MR. FOX - Boston Modern Orchestra Project; Boston Children's Chorus
    WAGNER: LOHENGRIN - Festspielorchester Bayreuth; Festspielchor Bayreuth

    ■Best Choral Performance


    BOYLE: VOYAGES - The Crossing
    DURUFLÉ: COMPLETE CHORAL WORKS - Ken Cowan; Houston Chamber Choir
    THE HOPE OF LOVING - Conspirare
    SANDER: THE DIVINE LITURGY OF ST. JOHN CHRYSOSTOM - Evan Bravos, Vadim Gan, Kevin Keys, Glenn Miller & Daniel Shirley; PaTRAM Institute Singers
    SMITH, K.: THE ARC IN THE SKY - The Crossing

    ■Best Chamber Music/Small Ensemble Performance


    CERRONE: THE PIECES THAT FALL TO EARTH - Christopher Rountree & Wild Up
    FREEDOM & FAITH - PUBLIQuartet
    PERPETULUM - Third Coast Percussion
    RACHMANINOFF - HERMITAGE PIANO TRIO - Hermitage Piano Trio
    SHAW: ORANGE - Attacca Quartet

    ■Best Classical Instrumental Solo


    THE BERLIN RECITAL - Yuja Wang
    HIGDON: HARP CONCERTO - The Rochester Philharmonic Orchestra
    MARSALIS: VIOLIN CONCERTO; FIDDLE DANCE SUITE - Philadelphia Orchestra
    THE ORCHESTRAL ORGAN - Jan Kraybill
    TORKE: SKY, CONCERTO FOR VIOLIN - Albany Symphony

    ■Best Classical Solo Vocal Album


    THE EDGE OF SILENCE - WORKS FOR VOICE BY GYÖRGY KURTÁG - Donald Berman, Curtis Macomber, Kathryn Schulmeister & Nicholas Tolle
    HIMMELSMUSIK - Jesús Rodil & Dingle Yandell
    SCHUMANN: LIEDERKREIS OP. 24, KERNER-LIEDER OP. 35 - Matthias Goerne; Leif Ove Andsnes, accompanist
    SONGPLAY - Steve Barnett & Lautaro Greco
    A TE, O CARA - Kaunas City Symphony Orchestra

    ■Best Classical Compendium


    AMERICAN ORIGINALS 1918 - John Morris Russell, conductor; Elaine Martone, producer
    LESHNOFF: SYMPHONY NO. 4 'HEICHALOS'; GUITAR CONCERTO; STARBURST - Giancarlo Guerrero, conductor; Tim Handley, producer
    MELTZER: SONGS AND STRUCTURES - Paul Appleby & Natalia Katyukova; Silas Brown & Harold Meltzer, producers
    THE POETRY OF PLACES - Nadia Shpachenko; Marina A. Ledin & Victor Ledin, producers
    SAARIAHO: TRUE FIRE; TRANS; CIEL D'HIVER - Hannu Lintu, conductor; Laura Heikinheimo, producer

    ■Best Contemporary Classical Composition


    BERMEL: MIGRATION SERIES FOR JAZZ ENSEMBLE & ORCHESTRA - Derek Bermel, Ted Nash, David Alan Miller, Juilliard Jazz Orchestra & Albany Symphony Orchestra
    HIGDON: HARP CONCERTO - Yolanda Kondonassis, Ward Stare & The Rochester Philharmonic Orchestra
    MARSALIS: VIOLIN CONCERTO IN D MAJOR - Nicola Benedetti, Cristian Măcelaru & Philadelphia Orchestra
    NORMAN: SUSTAIN - Gustavo Dudamel & Los Angeles Philharmonic
    SHAW: ORANGE - Attacca Quartet
    WOLFE: FIRE IN MY MOUTH - Jaap Van Zweden, Francisco J. Núñez, Donald Nally, The Crossing, Young People's Chorus Of NY City & New York Philharmonic

    MUSIC VIDEO/FILM


    ■Best Music Video


    WE'VE GOT TO TRY - The Chemical Brothers
    THIS LAND - Gary Clark Jr.
    CELLOPHANE - FKA twigs
    OLD TOWN ROAD (OFFICIAL MOVIE) - Lil Nas X & Billy Ray Cyrus
    GLAD HE'S GONE - Tove Lo

    ■Best Music Film


    HOMECOMING - Beyoncé
    REMEMBER MY NAME - David Crosby
    BIRTH OF THE COOL - Miles Davis
    SHANGRI-LA - Various Artists
    ANIMA - Thom Yorke
    カテゴリ : 独り言(音楽ネタ) ・ comments(0) K 
    2020年01月27日(月)
    1. K's今日の1曲
    2. 独り言(音楽ネタ)
    3. 2020年・第62回グラミー賞ノミネート発表!候補一覧まとめ&受賞予想 #grammy #グラミー #GRAMMYs

    米・現地時間2020年1月26日(日本時間1月27日)にロサンゼルスのステープルズ・センターにて授賞式が開催される第62回グラミー賞62nd Annual Grammy Awards)のノミネート作品が発表されました。



    ・62nd Annual GRAMMY Awards Nominations Announcement


    2019年の結果はこちら。
    2019年・第61回グラミー賞・受賞者・結果まとめ

    まずは主要4部門。



    私の受賞予想も載せています。
    予想マークは競馬風に。

    ・予想マーク(上から本命)
    ◎=本命
    ○=対抗
    ▲=単穴
    △=連下

    Record Of The Year(最優秀レコード賞)


    HEY, MA - Bon Iver
    BAD GUY - Billie Eilish
    7 RINGS - Ariana Grande
    HARD PLACE - H.E.R.
    TALK - Khalid
    OLD TOWN ROAD - Lil Nas X Featuring Billy Ray Cyrus
    TRUTH HURTS - Lizzo
    SUNFLOWER - Post Malone & Swae Lee

    この中で一番売れたのは全米チャートNo.1最長記録を更新したリル・ナズXだけど、本命はアリアナ・グランデかなと思う。
    ビリー・アイリッシュと甲乙付けがたいけど、今回はこっちかな。
    グラミー的にはカリードとか好きそう。

    Album Of The Year(年間最優秀アルバム)


    I,I - Bon Iver
    NORMAN F***ING ROCKWELL! - Lana Del Rey
    WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO? - Billie Eilish
    THANK U, NEXT - Ariana Grande
    I USED TO KNOW HER - H.E.R.
    7 - Lil Nas X
    CUZ I LOVE YOU (DELUXE) - Lizzo
    FATHER OF THE BRIDE - Vampire Weekend

    アルバムもアリアナかなと思う。
    個人的にはビリー・アイリッシュに取って欲しいけどどうだろうか。
    リゾも好きだけどグラミーっぽくないかな。
    意外なとこではボン・イヴェールとか取っちゃうこともありそう。

    [スポンサードリンク]


    Song Of The Year(最優秀楽曲賞)


    ALWAYS REMEMBER US THIS WAY - Lady Gaga
    BAD GUY - Billie Eilish
    BRING MY FLOWERS NOW - Tanya Tucker
    HARD PLACE - H.E.R.
    LOVER - Taylor Swift
    NORMAN F***ING ROCKWELL - Lana Del Rey
    SOMEONE YOU LOVED - Lewis Capaldi
    TRUTH HURTS - Lizzo

    こちらはリゾを推してみる。
    実はこの曲は今年の曲じゃないけど、可能性はあると思う。
    こちらも対抗はビリー・アイリッシュ。

    Best New Artist(最優秀新人賞)


    BLACK PUMAS
    BILLIE EILISH
    LIL NAS X
    LIZZO
    MAGGIE ROGERS
    ROSALÍA
    TANK AND THE BANGAS
    YOLA

    こちらはビリー・アイリッシュが取れなきゃおかしいと思う。
    もちろんリゾ、リル・ナズも可能性高いけど。

    以上、主要4部門。

    今回の最多ノミネートはリゾの8部門。
    主要4部門全部にノミネートされています。
    同じく主要部門制覇のビリー・アイリッシュとリル・ナズ・Xがそれぞれ6部門。
    リゾとビリーの一騎打ちな感じもありますが、シングル的にはリゾの方が分があるんじゃないかと思うけど、そこは他にも強敵がいっぱいいてわかりませんね。
    でも、できればアルバムと新人賞はビリーにとったら面白いなと期待しています。

    授賞式が楽しみ。


    その他の部門も下にまとめます。
    POP
    DANCE/ELECTRONIC MUSIC
    CONTEMPORARY INSTRUMENTAL MUSIC
    ROCK
    ALTERNATIVE
    R&B
    RAP
    COUNTRY
    NEW AGE
    JAZZ
    GOSPEL/CONTEMPORARY CHRISTIAN MUSIC
    LATIN
    AMERICAN ROOTS MUSIC
    REGGAE
    WORLD MUSIC
    CHILDREN'S
    SPOKEN WORD
    COMEDY
    MUSICAL THEATER
    MUSIC FOR VISUAL MEDIA
    COMPOSING/ARRANGING

    【サイト内関連記事】
    bad guy / Billie Eilish (When We All Fall Asleep, Where Do We Go? 収録)
    Truth Hurts / Lizzo (Cuz I Love You 収録)
    2019年・第61回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
    2018年・第60回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
    2017年・第59回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
    2016年・第58回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
    2015年・第57回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
    2014年・第56回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
    2013年・第55回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
    2012年・第54回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
    2011年・第53回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
    2010年・第52回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
    2009年・第51回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
    カテゴリ : 独り言(音楽ネタ) ・ comments(0) K 
    2019年11月20日(水)
    1. K's今日の1曲
    2. 独り言(音楽ネタ)
    3. 【随時更新】2019年のおすすめ邦楽曲 バンド・男性ソロ・女性ソロアーティスト #jpop

    2019年のおすすめ邦楽の楽曲をつらつらまとめていきます。(2019.12.01最終更新)
    2019年のおすすめ邦楽曲 バンド・男性ソロ・女性ソロアーティスト
    ヒット曲紹介ではないので悪しからず。

    簡単に区分け。
    バンド/グループ
    男性ソロアーティスト
    女性ソロアーティスト

    洋楽はこちら。
    2019年のおすすめ洋楽曲 ROCK・POP系
    2019年のおすすめ洋楽曲 HIP HOP・R&B・Techno・House系

    ■おすすめ動画プレイリスト


    ※詳細があるものはタイトルがクリックできます。
    ※曲名 / アーティスト名 (収録アルバム名)
    ※YouTubeの埋め込みを使ったらページが重くなりすぎたのでやめました。
    下記ボタンがYouTubeへのリンクになっています。
    youtube start

    バンド/グループ

    コールドスリープ / のろしレコード(松井文、折坂悠太、夜久一) (OOPTH 収録)


    松井文、折坂悠太、夜久一という3人のソングライターによるレコードレーベル兼ユニット、のろしレコードの2ndアルバム収録曲【曲詳細
    youtube start

    ¡Dale Dale! 〜ダレ・ダレ!〜 feat.チバユウスケ / TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA (ツギハギカラフル 収録)


    スカパラ、11月20日リリース、デビュー30周年記念オリジナルアルバム収録。The Birthdayのチバユウスケをボーカルにフィーチャー。WOWOWスペインサッカー 19-20シーズン イメージソング。【曲詳細
    youtube start

    あふれる / tricot


    tricot、9月25日リリースのメジャー1stシングル。
    youtube start

    ハナヒカリ / リーガルリリー


    リーガルリリー、9月25日リリースの1stシングル。映画『惡の華』主題歌。
    youtube start

    涙はふかない / カーリングシトーンズ (氷上のならず者 収録)


    寺岡呼人、奥田民生、斉藤和義、浜崎貴司、YO-KING、トータス松本の6人からなるスーパーバンド、カーリングシトーンズの11月27日リリースの1stアルバムからのリード曲。
    youtube start

    オトナノススメ〜35th 愛されSP〜 / 怒髪天 (怒髪天 収録)


    怒髪天、10月16日リリースの作品に収録される35周年記念トリビュート曲。総勢220名にのぼる豪華ゲストが参加しています。
    youtube start

    無情のスキャット / 人間椅子 (新青年 収録)


    人間椅子、6月5日リリースのデビュー30周年アルバム収録。
    youtube start

    FLY AGAIN 2019 / MAN WITH A MISSION (Remember Me 収録)


    マンウィズ、6月5日リリースのシングル収録。スーパーラグビーサンウルブズ 2019シーズン公式テーマソング
    youtube start

    TEJIME / HIFANA


    HIFANA、約9年ぶりの新曲を5月1日にリリース。ビデオの監督はKEN IMAI(VIDEOHAZE)。
    youtube start

    BUTTER / tricot (リピート 収録)


    トリコ、3月20日リリースのミニアルバム収録曲。
    youtube start

    Dororo / ASIAN KUNG-FU GENERATION (Dororo / 解放区 収録)


    アジカン、5月15日リリースの両A面シングルの1曲。テレビアニメ「どろろ」のオープニングテーマ。
    youtube start

    STORY / never young beach (STORY 収録)


    never young beach、5月8日リリースのアルバムのタイトルトラック。ビデオは2月に新木場STUDIO COASTで行われたライブに参加したファンの撮影した映像をつなぎ合わせたもの。
    youtube start

    timeless tree / EGO-WRAPPIN' (Dream Baby Dream 収録)


    エゴ・ラッピン、5月22日リリースのアルバム収録曲。映像制作チーム「最後の手段」が手がけたアニメーションのミュージックビデオも秀逸。
    youtube start

    O.N.E / フジファブリック


    「サントリー天然水 GREEN TEA」のプロモーション企画「徒然なるトリビュート」の第1弾、フジファブリックによる曲。
    youtube start

    A・I・A・O・U / MONO NO AWARE


    MONO NO AWARE、4月3日配信リリースの映画「沈没家族 劇場版」の主題歌。
    youtube start

    U.N.K.O. / Frasco × ケンモチヒデフミ


    メタポッププロジェクトFrascoと水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミのコラボ曲。うんこミュージアム YOKOHAMAのテーマソング。
    youtube start

    スパイラル / ストレイテナー


    ストレイテナー、3月27日配信リリースされた新曲。幕張イベントホールで行われたワンマンライブ「21st ANNIVERSARY ROCK BAND」のために書き下ろされた曲。
    youtube start

    なめらかな日々 / ミツメ (Ghosts 収録)


    ミツメ、4月3日リリースのアルバムからのリード曲。
    youtube start

    OH! / SHISHAMO (THE XXXXXX 収録)


    SHISHAMO、4月24日リリースのシングル。ミュージックビデオは彼女たちの母校川崎市立川崎総合科学高等学校の屋上で撮影。
    youtube start

    horizon bloom / THE XXXXXX (THE XXXXXX 収録)


    山田孝之、綾野剛、内田朝陽による音楽プロジェクト・THE XXXXXX(ザ・シックスと読みます)の4月5日リリースの1stアルバム収録曲。
    youtube start

    1999 / 集団行動 (SUPER MUSIC 収録)


    集団行動、4月3日リリースの3rdアルバムのリード曲。
    youtube start

    Everything / Czecho No Republic (Odyssey 収録)


    チェコ・ノー・リパブリック、4月3日リリースのEPのリード曲。
    youtube start

    Stargazer / Ovall


    オーバルの配信リリースされたシングル。ミュージックビデオは鷲尾友公によるもので、彼のオリジナルキャラクター「手君」が登場。
    youtube start

    ZERO / ユニコーン (UC100V 収録)


    ユニコーン、100周年アルバムからのリード曲。リードボーカルはABEDON。【曲詳細
    youtube start

    すべてのありふれた光 / GRAPEVINE (ALL THE LIGHT 収録)


    グレイプバイン、2月6日リリースの16枚目のアルバムの最終曲。アルバムを象徴するような曲。【曲詳細
    youtube start

    A Paper Dream / DYGL


    DYGL、3月6日リリースの配信シングル。
    youtube start

    留学生 / MONKEY MAJIK × 岡崎体育 (COLLABORATED 収録)


    MONKEY MAJIKと岡崎体育によるコラボレーション曲。“日本語に聞こえる英語、英語に聞こえる日本語”をテーマにした曲。MONKEY MAJIKのコラボアルバム収録。
    youtube start

    エンドレスメーデー / フレデリック (フレデリズム2 収録)


    フレデリック、2月20日リリースのアルバム収録曲。ワイモバイルが制作するドラマシリーズ第2弾「パラレルスクールDAYS」の主題歌。
    youtube start

    Center Of The Earth / a flood of circle (Center Of The Earth 収録)


    a flood of circle、3月6日にリリースのアルバムリード曲。ビデオには河合優実と宮本和武が出演。
    youtube start

    MAC-ROY / VOLA&THE ORIENTAL MACHINE (Transducer 収録)


    VOLA&THE ORIENTAL MACHINE、4月3日リリースの約4年ぶりの新作からのリード曲。ビデオには女優の祷キララが出演。
    youtube start

    Koi / androp


    androp、2月27日リリースのシングル。高橋一生、川口春奈主演の映画「九月の恋と出会うまで」の主題歌。
    youtube start

    青 / ヒトリエ (HOWLS 収録)


    ヒトリエ、2月27日リリースのアルバム収録のミドルナンバー。
    youtube start

    ハグルマ / KANA-BOON


    KANA-BOON、3月6日リリースのシングル。テレビアニメ「からくりサーカス」のオープニングテーマ。
    youtube start

    CHOOSE GO! / CHAI (PUNK 収録)


    CHAI、2月12日リリースする2ndアルバムのリード曲。GUのファッション動画コンテンツ「GU CHANGE」に使われています。
    youtube start

    ghost / 踊ってばかりの国


    踊ってばかりの国の新曲。春にリリースされるアルバムに収録予定。ミュージックビデオは映像作家の山田智和が監督。
    youtube start

    君がいるなら / スカート


    澤部渡によるソロプロジェクト、スカートの1月23日リリースのメジャー2ndシングル。映画「そらのレストラン」の主題歌。
    youtube start

    ベイビィ・エビネギ・ポップ! / 私立恵比寿中学×Negicco


    私立恵比寿中学とNegiccoのコラボ曲。新潟県民会館で開催される2組のジョイントライブ「エビネギ」の公式テーマソング。
    youtube start

    Sweet and Sour / Nulbarich (Blank Envelope 収録)


    Nulbarich、2月6日リリースのアルバム収録曲。テレビ東京・ドラマ「デザイナー 渋井直人の休日」のエンディングテーマ。ミュージックビデオは映像作家の木村太一によるもの。
    youtube start

    破顔 / フジファブリック (F 収録)


    フジファブリック、1月23日リリースの記念すべき10作目のアルバムからTVアニメ「3D彼女 リアルガール」第2シーズンエンディングテーマ曲。
    youtube start

    Flame / Base Ball Bear (ポラリス 収録)


    Base Ball Bear、1月30日に自らのレーベル・Drum Gorilla Park Recordsからリリースの新EP収録。ミュージックビデオは映画監督・武井佑吏による作品。
    youtube start

    Killing Heads / Killing Heads (FABBY CLUB 収録)


    4人組ロックバンド、TENDOUJIの2018年11月14日リリースのアルバム収録曲。
    youtube start

    電気グルーヴ30周年の唄 / 電気グルーヴ (30 収録)


    電気グルーヴ、結成30周年記念アルバム収録の新曲。シンガーソングライターの町あかりをヴォーカルにフィーチャー。【曲詳細
    youtube start

    火炎(FIRE) / 女王蜂


    女王蜂、1月30日発売のシングル。アニメ「どろろ」のオープニング曲。
    youtube start

    OH BABY! / The Birthday (VIVIAN KILLERS 収録)


    ザ・バースデイの21枚目のシングル曲。3月20日リリースの10作目のアルバムに収録。
    youtube start

    I don't know / THE YELLOW MONKEY (9999 収録)


    イエモン、4月17日リリースの19年ぶりのオリジナル・アルバムからの先行曲。テレビ朝日系列木曜ミステリー『刑事ゼロ』主題歌 。
    youtube start

    リズムをとめるな / ウルフルズ


    ウルフルズ、2月20日リリースの配信限定シングル。
    youtube start

    Slumberland / King Gnu (Sympa 収録)


    キングヌー、1月16日リリースの2ndアルバムからの先行曲。【曲詳細
    youtube start

    [スポンサードリンク]


    男性ソロアーティスト

    予兆 / YUSUKE CHIBA-SNAKE ON THE BEACH- (潮騒 収録)


    The Birthdayのチバユウスケによるソロプロジェクト、YUSUKE CHIBA-SNAKE ON THE BEACH-の11月27日リリースの7年ぶりの2ndアルバムのリード曲。インストナンバーです。【曲詳細
    youtube start

    カツベン節 / 奥田民生


    奥田民生が歌う映画『カツベン!』(監督:周防正行、主演:成田 凌・黒島結菜)主題歌。脚本を務める片島章三が「東京節」に新たに歌詞を乗せた曲。
    youtube start

    TSUGARU / 吉幾三


    日本語ラップの始祖とも崇めれられる吉幾三の9月12日配信リリースシングル。曲はレゲエ調。
    youtube start

    Thanks a Lot / 布袋寅泰 (GUITARHYTHM 収録)


    布袋寅泰、5月29日リリースのギタリズムシリーズ最新作から、BOØWY時代の盟友・松井常松と高橋まことが参加した曲。
    youtube start

    抱擁 / 折坂悠太


    折坂悠太、配信シングル。6月5日にアナログ盤でもリリース。もう1曲"櫂"と連続したミュージックビデオになっています。
    youtube start

    SIGN / TENDRE


    マルチプレイヤー、河原太朗のソロ・プロジェクト、TENDREのスポーツサンダルブランド、Teva全面協力のもと制作された曲。
    youtube start

    魔女狩り / GOMESS (てる 収録)


    ラッパー、GOMESSの4月24日リリースのアルバムから神聖かまってちゃんのの子プロデュースの曲。
    youtube start

    労働なんかしないで 光合成だけで生きたい / スガ シカオ (労働なんかしないで 光合成だけで生きたい 収録)


    スガシカオ、4月17日リリースのアルバムのタイトルトラック。タイトルにインパクトある!
    youtube start

    ぼくはシモベくん-呪縛からの解放- / John Natsuki (Theatre of Strange 収録)


    Tempalayのドラマー、藤本夏樹のソロプロジェクト、John Natsukiの4月10日配信リリースの作品収録曲。
    youtube start

    Society / Coff (Tiny Music 収録)


    元どついたるねんのDaBassがCoff名義でソロデビュー。4月17日リリースのソロデビューアルバム収録曲。
    youtube start

    HARUKAZE / 浅井健一 (THUNDERBIRD 収録)


    2月28日に配信リリースされる、浅井健一ソロ名義としては約5年ぶりとなる新曲。レコーディングは浅井健一&THE INTERCHANGE KILLSのメンバーにより行われています。
    youtube start

    THUNDERBIRD / 大橋トリオ (THUNDERBIRD 収録)


    大橋トリオの2月13日リリースのアルバムのタイトルトラック。
    youtube start

    冬の花 / 宮本浩次


    エレファントカシマシのフロントマン、宮本浩次のソロデビュー曲。フジテレビ系ドラマ「後妻業」主題歌。小林武史がプロデュース。
    youtube start

    アレ / 斉藤和義 (bless You! 収録)


    斉藤和義、2月20日リリースのシングル。日本テレビ系水曜ドラマ「家売るオンナの逆襲」主題歌。ミュージックビデオは自らスマホで撮影して編集したもの。
    youtube start

    ゼロセット / ORIGINAL LOVE (bless You! 収録)


    田島貴男によるオリジナル・ラブの2月13日リリースの新作からのリード曲。ペトロールズの長岡亮介が参加。
    youtube start

    からだ / 岡崎体育 (SAITAMA 収録)


    岡崎体育、1月9日リリースのアルバム収録曲。
    youtube start

    女性ソロアーティスト

    海辺に咲くばらのお話 / Cocco (スターシャンク 収録)


    Cocco、10月2日リリースの3年ぶり10作目のアルバムからのリード曲。
    youtube start

    大丈夫 / 眉村ちあき (めじゃめじゃもんじゃ 収録)


    眉村ちあき、5月7日リリースのメジャーデビューアルバム収録曲。テレビ東京系「ゴッドタン」で披露した即興ソングが元になっています。
    youtube start

    JUSTadICE / 大森靖子


    大森靖子、テレビ東京系アニメ「ブラッククローバー」のオープニングテーマ。
    youtube start

    3min / Aimer (Sun Dance 収録)


    Aimerの4月10日リリースのアルバムからのリード曲。ミュージックビデオは曲のタイトルの通り、「3分間で世界を一周」というコンセプトで製作。
    youtube start

    ハルノヒ / あいみょん


    あいみょん、4月17日リリースの7thシングル。「映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 〜失われたひろし〜」主題歌。
    youtube start

    イチリンソウ / 山本彩 (COLOR 収録)


    元NMB48の山本彩の4月17日リリースのシングル曲。作詞・作曲は本人。亀田誠治プロデュース。
    youtube start

    屍を越えてゆけ / AAAMYYY (BODY 収録)


    長野県出身のSSW/トラックメイカー、AAAMYYY(エイミー)の2月6日リリースのアルバム収録曲。ミュージックビデオは映像作家の黒柳勝喜が監督、グラフィックアーティストのYOSHIROTTENが制作に関わっています。【曲詳細
    youtube start

    狂おしいほど僕には美しい / majiko (COLOR 収録)


    majiko、1月23日リリースのEP収録。ミュージックビデオは林響太郎によるもの。
    youtube start

    涙 / 柴田聡子 (がんばれ!メロディー 収録)


    柴田聡子、3月6日リリースのアルバム収録曲。ミュージックビデオは坂本渉太が監督。
    youtube start

    やたらとシンクロニシティ / YUKI (forme 収録)


    ユキ、2月6日リリースのアルバム収録。フジテレビ系ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」主題歌。
    youtube start

    雨のように泣いてやれ / NakamuraEmi (NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol. 6 収録)


    NakamuraEmi、2月20日リリースのアルバムからのリード曲。ミュージックビデオは「ソウル」と「レイン(雨)」でアメリカの番組『ソウル・トレイン』にオマージュ。
    youtube start

    Face My Fears / Hikaru Utada & Skrillex


    宇多田ヒカルとスクリレックスのコラボ。ゲーム『KINGDOM HEARTS III』のオープニングテーマ曲。
    youtube start

    twitterで@ksmusicを見る
    feedlyに登録

    【サイト内関連記事】
    【随時更新】2019年のおすすめ洋楽 HIP HOP・R&B・Techno・House系
    【随時更新】2019年のおすすめ洋楽 ROCK・POP系
    【随時更新】2018年のおすすめ邦楽 バンド・男性ソロ・女性ソロ
    【随時更新】2018年のおすすめ洋楽 HIP HOP・R&B・Techno・House系
    【随時更新】2018年のおすすめ洋楽 ROCK・POP系
    【随時更新】2017年のおすすめ邦楽 バンド・男性ソロ・女性ソロ
    【随時更新】2017年のおすすめ洋楽 HIP HOP・R&B・Techno・House系
    【随時更新】2017年のおすすめ洋楽 ROCK・POP系
    カテゴリ : 独り言(音楽ネタ) ・ comments(0) K 
    2019年11月01日(金)
    1. K's今日の1曲
    2. 独り言(音楽ネタ)
    3. 【随時更新】2019年のおすすめ洋楽曲 HIP HOP・R&B・Techno・House・Dance系 #ヒップホップ #テクノ

    2019年のおすすめ洋楽の楽曲をつらつらまとめていきます。(2019.11.16最終更新)
    2019年のおすすめ洋楽曲 HIP HOP・R&B・Techno・House・Dance系

    HIP HOPヒップ・ホップ)/R&BTechnoテクノ)/Houseハウス)系を主に紹介します。

    以下、ジャンル別にまとめてます。
    HIP HOP / R&B / Soul
    Dance / Techno / House
    Reggae

    ROCKやPOP系はこちら
    2019年のおすすめ洋楽曲 ROCK・POP系

    邦楽はこちら。
    2019年のおすすめ邦楽 バンド・男性ソロ・女性ソロアーティスト

    ■おすすめ動画プレイリスト


    ※詳細があるものはタイトルがクリックできます。
    ※曲名 / アーティスト名 (収録アルバム名)
    ※YouTubeの埋め込みを使ったらページが重くなりすぎたのでやめました。
    下記ボタンがYouTubeへのリンクになっています。
    youtube start

    HIP HOP / R&B / Soul

    holy terrain (feat. Future) / FKA twigs (MAGDALENE 収録)


    FKAツイッグスの11月8日リリース、約5年ぶりとなる2ndアルバムからのシングル。アトランタのラッパー、フューチャーをフィーチャー。【曲詳細
    youtube start

    Follow / God (JESUS IS KING 収録)


    カニエ・ウェスト、10月25日リリースの9thアルバムからのシングル。ミュージックビデオに彼の実の父親が登場します。【曲詳細
    youtube start

    Goodbyes ft. Young Thug / Post Malone (Hollywood's Bleeding 収録)


    テキサス出身のラッパー、ポスト・マローンの9月6日リリースのアルバム収録曲。ヤング・サグをフィーチャー。
    youtube start

    Juice / Lizzo (Cuz I Love You 収録)


    デトロイト出身のシンガー、リゾの4月19日リリースのアルバム収録の大ヒット曲。【曲詳細
    youtube start

    Truth Hurts / Lizzo (Cuz I Love You 収録)


    デトロイト出身のシンガー、リゾの2017年の曲。Netflixの映画「Someone Great」に使用され2019年になって大ヒット。【曲詳細
    youtube start

    HER Love ft. Daniel Caesar / Common (In My Defense 収録)


    ラッパー、コモンの3年ぶりのシングル。ダニエル・シーザーとドゥウェレをフィーチャー。94年の"I Used To Love H.E.R."の続編とも言える曲。
    youtube start

    Started / Iggy Azalea (In My Defense 収録)


    オーストラリアのラッパー、イギー・アゼリアの2ndアルバム収録予定曲。
    youtube start

    Cellophane / FKA twigs (MAGDALENE 収録)


    FKAツイッグスのデジタルリリースされた約3年ぶりのシングル。今回もミュージックビデオ共にやばい。
    youtube start

    Calma (Alicia Remix) / Pedro Capó, Alicia Keys, Farruko


    プエルトリコのシンガー、ペドロ・カポが2018年にリリースした曲に、この曲のファンだと公言していたアリシア・キーズが参加したリミックスバージョン。
    youtube start

    Old Town Road (feat. Billy Ray Cyrus) / Lil Nas X


    TikTokから火がついたアトランタ出身のラッパー、リル・ナズ・Xのカントリーアーティスト、ビリー・レイ・サイラスをフィーチャーした曲。全米カントリーチャートにチャートインするも、後にチャートから外されたりと論議が怒っています。
    youtube start

    Pure Water / Mustard, Migos


    プロデューサーでのマスタードがミーゴスとコラボしたシングル曲。
    youtube start

    Clout ft. Cardi B / Offset (FATHER OF 4 収録)


    ヒップホップトリオ、MigosのオフセットのソロアルバムからパートナーであるカーディBをフィーチャーした曲。
    youtube start

    Power Is Power / SZA, The Weeknd, Travis Scott (Game Of Thrones 収録)


    ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のサントラから、シザ、ザ・ウィークエンド、トラヴィス・スコットによるコラボ曲。
    youtube start

    Talk / Khalid (Free Spirit 収録)


    カリード、4月5日リリースの2ndアルバムのリード曲。サウンドプロダクションはdisclosure。
    youtube start

    Robbery / Juice WRLD (Death Race for Love 収録)


    ジュース・ワールド、3月8日リリースの2ndアルバムからの1stシングル。歌うようなエモいラップ。
    youtube start

    Late Night Feelings / Mark Ronson (Late Night Feelings 収録)


    シンガーソングライター/プロデューサーのマーク・ロンソン、6月21日リリースのアルバムから、スウェーデン人シンガー、リッキ・リーをフィーチャーしたタイトルトラック。
    youtube start

    Walk Me Home / P!nk (Hurts 2B Human 収録)


    ピンク、4月26日リリースのアルバムからのリード曲。
    youtube start

    Binz / Solange (When I Get Home 収録)


    ソランジュ、3月1日にリリースのアルバム収録曲。
    youtube start

    Almeda / Solange (When I Get Home 収録)


    ソランジュ、3月1日に突如リリースされたアルバムからのリード曲。
    youtube start

    Please Me / Cardi B & Bruno Mars


    ブルーノ・マーズとカーディ・Bのコラボレーション曲
    youtube start

    Preach / John Legend


    ジョン・レジェンドのシングル。ミュージックビデオでは妻のクリッシー・テイゲンとの共演。YouTubeからこの曲を通して彼が設立した刑事司法制度改革活動のチャリティー団体「FreeAmerica」に寄付できます。
    youtube start

    Raise A Man / Alicia Keys


    グラミー賞では見事司会を務めたアリシア・キーズのデジタル配信シングル。
    youtube start

    Unshaken / D'Angelo


    ディアンジェロがアクション・ゲーム『Red Dead Redemption 2』に提供した新曲。
    youtube start

    Dancing With A Stranger / Sam Smith, Normani


    UKのシンガー、サム・スミスと、元Fifth Harmonyのノーマニ・コーディのコラボ曲。
    youtube start

    [スポンサードリンク]


    Dance / Techno / House

    Dancers / Plaid (Polymer 収録)


    エレクトロニックユニット、プラッドの6月7日にWarpからリリースされる通算10作目のアルバム収録曲。
    youtube start

    SOS ft. Aloe Blacc / Avicii (TIM 収録)


    2018年4月20日にこの世を去ったアヴィーチーの遺作から、代表曲"Wake Me Up"でも共演したアロー・ブラックをフィーチャーした曲。
    youtube start

    More (feat. Anderson .Paak) / Flying Lotus (Flamagra 収録)


    フライング・ロータス、アンダーソン・パークをフィーチャーした曲。ミュージックビデオは『カウボーイビバップ』などで知られるアニメ監督の渡辺信一郎によるもの。
    youtube start

    Fire Is Coming feat. David Lynch / Flying Lotus (Flamagra 収録)


    フライング・ロータス、5月24日リリースのアルバムから、デヴィッド・リンチをフィーチャーした曲。
    youtube start

    Infinity / Digitalism (Chapter 1 収録)


    ドイツのエレクトロ・デュオ、デジタリズムの3月1日リリースのEP収録曲。
    youtube start

    Here With Me / Marshmello Ft. CHVRCHES


    覆面のDJ、マシュメロの配信シングル。グラスゴーのエレクトロポップバンド、チャーチズをフィーチャー。
    youtube start

    365 / Zedd, Katy Perry


    ゼッドとケイティ・ペリーのコラボレーションシングル。
    youtube start

    Lost in the Fire / Gesaffelstein & The Weeknd (No Geography 収録)


    フランスのテクノアーティスト、ゲサフェルスタインがザ・ウィークエンドをフィーチャーしたシングル。
    youtube start

    Mile High / James Blake (Assume Form 収録)


    ジェイムス・ブレイク、1月18日リリースの5thアルバムからトラヴィス・スコットとメトロ・ブーミンをフィーチャーした曲。【曲詳細
    youtube start

    MAH / The Chemical Brothers (No Geography 収録)


    ケミカル・ブラザーズ、4月12日リリースの4年ぶりのアルバムからのリード曲。
    youtube start

    Molehill / Underworld (Drift, Episode 2 収録)


    アンダーワールド『Drift』プロジェクト第2弾。リックとカールがレコーディングしたピアノ、ギター、ヴォイスを基に作られたトラック。
    youtube start

    Face My Fears / Hikaru Utada & Skrillex


    宇多田ヒカルとスクリレックスのコラボ。ゲーム『KINGDOM HEARTS III』のオープニングテーマ曲。
    youtube start

    Reggae

    Let It Rain / Lee "Scratch" Perry (Rainford 収録)


    レゲエ/ダブのレジェンド、リー・ペリーの5月10日リリースのアルバム収録曲。プロデュースはON-Uのエイドリアン・シャーウッド。
    youtube start

    Are You The One / Julian Marley (As I Am 収録)


    ボブ・マーリーの息子、ジュリアン・マーリーの1月25日リリースのアルバム収録曲。ルーツレゲエ。
    youtube start

    You Haven't Called / UB40 (For The Many 収録)


    UKレゲエの重鎮、UB40の新曲。創設メンバーで、ヴォーカリスト/ギタリストのロビン・キャンベルによる楽曲でリード・ヴォーカルは彼の弟ダンカン。
    youtube start

    twitterで@ksmusicを見る
    feedlyに登録

    [スポンサードリンク]


    【サイト内関連記事】
    【随時更新】2019年のおすすめ邦楽 バンド・男性ソロ・女性ソロ
    【随時更新】2019年のおすすめ洋楽 ROCK・POP系
    【随時更新】2018年のおすすめ邦楽 バンド・男性ソロ・女性ソロ
    【随時更新】2018年のおすすめ洋楽 HIP HOP・R&B・Techno・House系
    【随時更新】2018年のおすすめ洋楽 ROCK・POP系
    【随時更新】2017年のおすすめ邦楽 バンド・男性ソロ・女性ソロ
    【随時更新】2017年のおすすめ洋楽 HIP HOP・R&B・Techno・House系
    【随時更新】2017年のおすすめ洋楽 ROCK・POP系
    カテゴリ : 独り言(音楽ネタ) ・ comments(0) K 
    2019年11月01日(金)
    1. K's今日の1曲
    2. 独り言(音楽ネタ)
    3. 【随時更新】2019年のおすすめ洋楽曲 ROCK・POP系 #ロック #バンド

    2019年のおすすめ洋楽の楽曲をつらつらまとめていきます。(2019.11.09最終更新)
    2019年のおすすめ洋楽曲 ROCK・POP系

    ロックポップス系を主に紹介します。

    以下、ジャンル別にまとめてます。
    UK ROCK
    British Rock
    US Indie
    Punk/Hardcore
    New Wave/Post Punk
    Northern Europe
    Alternative Rock
    Post Rock
    Heavy Rock
    Hard Rock/Heavy Metal
    American Rock
    Pop
    Australian / New Zealand

    HIP HOP/R&BやTechno/House系はこちら。
    2019年のおすすめ洋楽曲 HIP HOP・R&B・Techno・House・Dance系

    邦楽はこちら。
    2019年のおすすめ邦楽 バンド・男性ソロ・女性ソロアーティスト

    ■おすすめ動画プレイリスト


    ※詳細があるものはタイトルがクリックできます。
    ※曲名 / アーティスト名 (収録アルバム名)
    ※YouTubeの埋め込みを使ったらページが重くなりすぎたのでやめました。
    下記ボタンがYouTubeへのリンクになっています。
    youtube start

    UK ROCK

    Orphans / Coldplay (Everyday Life 収録)


    コールドプレイ、11月22日リリースの8thアルバムからのリード曲。
    youtube start

    Shockwave / Liam Gallagher (Why Me? Why Not 収録)


    リアム・ギャラガー、9月20日リリースの2ndソロアルバムからの1stシングル。【曲詳細
    youtube start

    Favourites ft. Little Simz / THE S.L.P.


    カサビアンのギタリスト/ヴォーカリストであるサージ・ピッツォーノによるサイドプロジェクト、THE S.L.P.の8月30日リリースのデビューアルバムからリトル・シムズをフィーチャーした曲。
    youtube start

    Can You See Me Now / Miles Kane


    ラスト・シャドウ・パペッツでの活動でも知られるマイルズ・ケインのデジタル配信シングル。
    youtube start

    The Way I Feel / Keane (Cause and Effect 収録)


    キーン、7年ぶりのニューアルバムを9月20日にリリース。そのリード曲。ミュージックビデオの監督はケヴィン・ゴドレイ。
    youtube start

    Hot Motion / Temples (Hot Motion 収録)


    テンプルズの9月7日リリースのアルバムのタイトルトラック。
    youtube start

    Record Collection / Kaiser Chiefs (Duck 収録)


    カイザー・チーフスの7月26日リリース、通算7作目のアルバムからのリード曲。
    youtube start

    Bullet Holes / Bush


    英オルタナバンド、ブッシュの映画『ジョン・ウィック:パラベラム(原題:John Wick: Chapter 3 - Parabellum)』でフィーチャーされた曲で、映画作曲家タイラー・ベイツとの共作曲。
    youtube start

    Future Love / Ride (This Is Not a Safe Place 収録)


    ライド、8月16日リリースの再結成後2作目、通算6枚目のアルバム収録。プロデュースはエロル・アルカン。
    youtube start

    Black Star Dancing / Noel Gallagher’s High Flying Birds (Black Star Dancing 収録)


    ノエル・ギャラガー率いるハイ・フライング・バーズの6月14日リリースのEPの表題曲。
    youtube start

    Fear Of Flying / Feeder (Tallulah 収録)


    フィーダーの通算10作目のアルバムからのリード曲。
    youtube start

    Talk / Two Door Cinema Club (False Alarm 収録)


    北アイルランドのバンド、トゥー・ドア・シネマ・クラブのデジタル配信シングル。
    youtube start

    Who's Been Having You Over / Peter Doherty & The Puta Madres (Peter Doherty & The Puta Madres 収録)


    ザ・リバティーンズ/ベイビーシャンブルズのピート・ドハーティーによる新バンドの4月26日リリースのデビュー作からのリード曲。
    youtube start

    Armatopia / Johnny Marr


    ジョニー・マーのシングル。シンセが効いています。
    youtube start

    Everything Is Falling Apart / Teenage Fanclub


    ティーンエイジ・ファンクラブの、オリジナルメンバーでベーシストであるジェラード・ラブだった後初となるシングル。
    youtube start

    What's Next / Piroshka (Brickbat 収録)


    Lushのミキ・ベレーニ、Elasticaのジャスティン・ウェルチ、Modern Englishのマイケル・コンロイ、MooseのK.J."ムース"・マキロップが組んだ新バンド、Piroshkaの2月15日リリースのデビュー作のリード曲。
    youtube start

    Exits / FOALS (Everything Not Saved Will Be Lost Part 1 収録)


    オクスフォード出身の5人組、フォールズの3月8日リリースの新作(秋にはPart2もリリース)からのリード曲。
    youtube start

    Inside The Rose / These New Puritans (Inside the Rose 収録)


    ロンドンを拠点に活動するジーズ・ニュー・ピューリタンズ、6年ぶりのアルバムからのリード曲。
    youtube start

    Longshot / Catfish and the Bottlemen (The Balance 収録)


    キャットフィッシュ・アンド・ザ・ボトルメンの3年ぶりの新曲。4月26日リリースのアルバム収録。
    youtube start

    [スポンサードリンク]


    British Rock

    US Indie

    Uneventful Days / Beck (Hyperspace 収録)


    ベック、11月22日リリースのアルバムからのシングル。Blood Orangeことデヴ・ハインズによるミュージックビデオも注目。
    youtube start

    Long Way Back / Richard Reed Parry (Quiet River of Dust Vol. 2: That Side of the River 収録)


    Arcade Fireのマルチインストゥルメンタリスト、リチャード・バリーの2枚目のソロアルバム収録曲。
    youtube start

    Kantori Ongaku / Devendra Banhart (Ma 収録)


    フリーク・フォークを代表するシンガー、デヴェンドラ・バンハートの9月13日リリースのアルバムからのリード曲。曲名は日本語の「カントリー音楽」で歌詞の一部も日本語。細野晴臣にオマージュを捧げているらしい。
    youtube start

    UR Paranoid / !!!


    チック・チック・チック(Chk Chk Chk)の配信シングル曲。
    youtube start

    Help Me Stranger / The Raconteurs (Help Us Stranger 収録)


    ジャック・ホワイト率いるザ・ラカンターズの6月21日リリース、約11年ぶりのアルバムからのリード曲。ミュージックビデオは日本で撮影されています。
    youtube start

    Style / Foster The People


    フォスター・ザ・ピープルの3月22日に配信リリースされたシングル。
    youtube start

    It Doesn't Matter Why / Silversun Pickups (Widow's Weeds 収録)


    シルバーサン・ピックアップス、6月7日リリースの通算5作目のアルバム収録曲。プロデュースはニルヴァーナなどでおなじみブッチ・ヴィグ。
    youtube start

    Light Years / The National (I Am Easy to Find 収録)


    ザ・ナショナルの5月17日リリースのアルバムのリード曲。
    youtube start

    Red Bull & Hennessy / Jenny Lewis (On the Line 収録)


    ジェニー・ルイスの3月22日リリースのアルバム収録曲。ミュージックビデオにベックやSt. Vincent、マック・デマルコなどが映っています。
    youtube start

    Baby Mine / Arcade Fire


    アーケイド・ファイアによるディズニーアニメ映画『ダンポ』の実写リメイク版(ティム・バートン監督)のエンドクレジットで流れる曲。
    youtube start

    Nobody / Mac DeMarco (Here Comes the Cowboy 収録)


    カナダのシンガーソングライター、マック・デマルコの5月10日リリースのアルバム収録曲。
    youtube start

    Blood And Rockets: Movement I, Saga Of Jack Parsons - Movement II, Too The Moon / The Claypool Lennon Delirium (South of Reality 収録)


    ショーン・レノンとプライマスのレス・クレイプールによるユニット、ザ・クレイプール・レノン・デリリウムの2月22日リリースの2ndアルバム収録曲。
    youtube start

    Harmony Hall / Vampire Weekend


    ヴァンパイア・ウィークエンドの新曲。ミュージックビデオには俳優のジョナ・ヒルやBlood Orangeなどが参加しています。
    youtube start

    Boyfriends / Broken Social Scene (Let's Try The After Vol. 1 収録)


    カナダの音楽集団、ブロークン・ソーシャル・シーンの2月15日リリースのEP収録曲。
    youtube start

    Token / Panda Bear (Buoys 収録)


    Animal Collectiveのパンダ・ベアーの2月8日リリースのアルバムからのリード曲。
    youtube start

    Ready To Let Go / Cage The Elephant (Social Cues 収録)


    ケンタッキー出身のバンド、ケイジ・ジ・エレファントの4月19日リリース、4年ぶりのアルバムからのリード曲。
    youtube start

    Fine Mess / The Killers


    ラスベガス出身のバンド、ザ・キラーズのデジタル配信シングル。
    youtube start

    Land Of The Free / Interpol


    NYのインディーバンド、インターポールのデジタルシングル。
    youtube start

    Death in Midsummer / Deerhunter (Why Hasn’t Everything Already Disappeared 収録)


    アトランタのバンド、ディアハンターの1月18日リリースのアルバムからのリード曲。
    youtube start

    Seventeen / Sharon Van Etten (Remind Me Tomorrow 収録)


    NYはブルックリンを拠点に活動するシンガーソングライター、シャロン・ヴァン・エッテンの1月18日リリースの新作からのシングル曲。
    youtube start

    Punk/Hardcore

    Out For Blood / Sum 41 (Order In Decline 収録)


    サム41の7月19日リリース、約3年ぶりのアルバムのリード曲。デリックのホームスタジオでレコーディング。
    youtube start

    Cat Fight (Over A Dog Like Me) / Stray Cats (40 収録)


    ブライアン・セッツァー率いるストレイ・キャッツの40周年を記念して26年ぶりにリリースするアルバム収録。
    youtube start

    Do The Paranoid Style / Bad Religion (Age of Unreason 収録)


    バッド・レリジョン、5月3日リリースの6年ぶり17作目のアルバム収録曲。
    youtube start

    Satellite / The Get Up Kids (Problems 収録)


    ゲット・アップ・キッズ、5月10日リリースの8年ぶりのフルアルバムからのリード曲。
    youtube start

    The Power Of Love / New Found Glory (From the Screen To Your Stereo 3 収録)


    ニュー・ファウンド・グローリーによる映画ソングカバーアルバム収録。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でおなじみのHuey Lewis & The Newsのカバー。
    youtube start

    Landfill Crew / Landfill Crew (Landfill Crew 収録)


    Rancidのティム・アームストロングによる架空の80'sアニメーション・パンクバンド、ランドフィル・クルーのEP収録曲。
    youtube start

    New Wave/Post Punk

    Favour / Mark Stewart (Pay It All Back Volume 7 収録)


    The Pop Groupのフロントマン、マーク・スチュワートの7年ぶりのソロ曲。ON-Uサウンドのサンプラーに収録。
    youtube start

    No Man’s Land / Imperial Wax (Happy Now 収録)


    ザ・フォールのマーク・E・スミス亡き後、残されたメンバーで結成したバンド、インペリアル・ワックスのデビュー曲。
    youtube start

    Paper Thin / Gang Of Four (Happy Now 収録)


    アンディ・ギル率いるギャング・オブ・フォーの3月1日リリースの新作からの先行曲。
    youtube start

    Northern Europe
    Alternative Rock

    Air BnB / Kim Gordon (No Home Record 収録)


    元Sonic Youthのキム・ゴードンのソロアルバムからのリード曲。プロデュースはチャーリーXCXやスカイ・フェレイラ、サンフラワー・ビーンなどを手掛けるジャスティン・ライセン
    youtube start

    The Crowded Cell / PJ Harvey


    PJハーヴェイの英TV局Channel 4の新ドラマ『The Virtues』に提供した楽曲。
    youtube start

    Pirate Punk Politician / Perry Farrell (Kind Heaven 収録)


    ジェーンズ・アディクションのボーカリスト、ペリー・ファレルの6月7日リリース、約18年ぶりのソロアルバムのリード曲。プロデュースは大御所トニー・ヴィスコンティ。
    youtube start

    Star Machine / Giants in the Trees (Volume 2 収録)


    元ニルヴァーナのベーシスト、クリス・ノヴォゼリック率いるジャイアンツ・イン・ザ・ツリーズのアルバム収録曲。
    youtube start

    Break Me / Filthy Friends (Emerald Valley 収録)


    元R.E.M.のピーター・バック、スリーター・キニーのコリン・タッカーが組んだバンド、フィルシー・フレンズのKill Rock Starから5月3日にリリースされるアルバム収録曲。作詞をコリン、作曲をピーターが担当。
    youtube start

    Stitch It Up / Mark Lanegan Band (Somebody's Knocking 収録)


    元スクリーミング・トゥリーズのマーク・ラネガンの10月18日リリースのアルバム収録曲。
    youtube start

    Salty / KAZU (Adult Baby 収録)


    Blonde Redheadのボーカリスト、カズ・マキノのソロプロジェクト第1弾シングル。
    youtube start

    Warranty / Meat Puppets (Dusty Notes 収録)


    ミート・パペッツの3月8日リリース、オリジナルメンバーが揃ったのが24年ぶりとなるアルバム収録曲。
    youtube start

    celebrate the void / Sebadoh (Act Surprised 収録)


    ルー・バーロウ率いるセバドーの6年ぶり通算9作目のアルバムからのリード曲。
    youtube start

    Burn Baby / L7 (Scatter the Rats 収録)


    L7、5月3日リリース、約20年ぶりのアルバムからのリード曲。リリース元はジョーン・ジェットのレーベルBlackheart Recordsから。
    youtube start

    Hurts / Tahiti 80 (The Sunsh!ne beat Vol.1 収録)


    フランスのインディーポップ・バンド、タヒチ80の新作からのリード曲。
    youtube start

    Rushing the Acid Frat / Stephen Malkmus (Groove Denied 収録)


    ペイヴメントのフロントマン、スティーヴン・マルクマスの3月15日リリースのソロアルバム収録曲。ミュージックビデオはスーパーオーガニズムの映像担当ロバート・ストレンジが監督。
    youtube start

    High As A Kite / Weezer (The Black Album 収録)


    ウィーザーの3月1日リリースのセルフタイトルアルバム(今回はブラックアルバム)からのリード曲。ミュージックビデオはアメリカの子供番組「Mr. Rogers' Neighborhood:のパロディ。
    youtube start

    Progressive Rock

    Gong / My Sawtooth Wake (The Universe Also Collapses 収録)


    フランスのプログレバンド、ゴングの5月10日リリース、デヴィッド・アレンが2015年に亡くなってからリリースされる2作目のスタジオアルバム収録。
    youtube start

    Ramalama / Jon Anderson (1000 Hands 収録)


    元イエスのヴォーカリスト、ジョン・アンダーソンの3月31日リリース、約8年ぶりのソロアルバムからのリード曲。
    youtube start

    BLACK BLOOMS feat. SERJ TANKIAN / O.R.k. (Ramagehead 収録)


    King Crimsonのパット・マステロット、Porcupine Treeのコリン・エドウィンなどからなるバンド、O.R.k.の2月22日リリースのアルバムから、System Of A Downのサージ・タンキアンをフィーチャーした曲。youtube start

    Untethered Angel / DREAM THEATER (Distance Over Time 収録)


    ドリーム・シアターの2月22日リリースのアルバムからの先行曲。レーベル移籍後初の作品。
    youtube start

    Post Rock

    Titanium 2 Step ft. Sal Principato / Battles (Juice B Crypts 収録)


    イアン・ウィリアムスとジョン・ステニアーによるマスロックバンド、バトルスの10月18日にWarpからリリースされるアルバムからのリード曲。No Waveを代表するバンド、Liquid Liquidのサル・プリンシパトをフィーチャー。
    youtube start

    Silhouettes / American Football (American Football (LP3) 収録)


    マイク・キンセラ率いるアメリカン・フットボールの3月22日リリース、3年ぶりのアルバムからのリード曲。
    youtube start

    Heavy Rock

    Fear Inoculum / TOOL (Fear Inoculum 収録)


    トゥール、前作『10,000 Days』から実に13年ぶりとなる待望の新作からのリード曲&アルバムタイトルトラック。
    youtube start

    Elevate / Papa Roach (Who Do You Trust? 収録)


    パパ・ローチの記念すべき10作目のアルバムからのリード曲。
    youtube start

    Hard Rock/Heavy Metal

    Chapter 8: Kiss The Go-Goat / Ghost


    スウェーデンのバンド、ゴーストのシングル曲。
    youtube start

    Rock Steady / MICHAEL SCHENKER FEST (REVELATION 収録)


    マイケル・シェンカー率いる、マイケル・シェンカー・フェストの9月20日リリースのアルバムからのリード曲。アルバムにはMSGに過去に在籍したヴォーカリストなどが参加してます。
    youtube start

    Let 'Em Go / The Wildhearts (Renaissance Men 収録)


    ザ・ワイルドハーツ、5月3日リリースの約10年ぶりのアルバムのリードトラック。メンバーはクラシックラインナップ。
    youtube start

    Deutschland / Rammstein (untitled 収録)


    ドイツのインダンスとリアルメタルバンド、ラムシュタインの5月17日リリースの約10年ぶりのアルバムからのリード曲。
    youtube start

    Light-years / QUEENSRYCHE (The Verdict 収録)


    クイーンズライク、3月1日リリース、トッド・ラ・トゥーレがボーカルで加入して3枚目のアルバム(邦題「評決」)のリード曲。
    youtube start

    Rage / L.A. Guns (The Devil You Know 収録)


    トレイシー・ガンズ率いるL.A.ガンズの2年ぶりのアルバムからのリード曲。
    youtube start

    Platitudes And Barren Words / CHILDREN OF BODOM (Hexed 収録)


    チルドレン・オブ・ボドム、3月8日リリースの通算10枚目のアルバムからのリード曲。
    youtube start

    Shut Up & Kiss Me / Whitesnzake (Flesh & Blood 収録)


    デヴィッド・カヴァーデイル率いるホワイトスネイク、5月10日リリースのアルバムからのリード曲。
    youtube start

    Call My Name / In Flames (I, The Mask 収録)


    スウェーデンのヘヴィメタル・バンド、イン・フレイムスの3月1日リリースのアルバムからのリード曲。
    youtube start

    44 Undead / BACKYARD BABIES (Sliver & Gold 収録)


    スウェーデンのバンド、バックヤード・ベイビーズの3月1日リリースのアルバム収録曲。
    youtube start

    Cells / THE DAMNED THINGS (High Crimes 収録)


    アンスラックスのスコット・イアン、フォール・アウト・ボーイのジョー・トローマンとアンディ・ハーレー、エヴリタイム・アイ・ダイのキース・バックリー、アルカライン・トリオのダン・アンドリアーノからなるザ・ダムド・シングの4月26日リリースのアルバムからのリード曲。
    youtube start

    Trust Fund Baby / Sammy Hagar & The Circle (Space Between 収録)


    Van Halenでもヴォーカルを務めたサミー・ヘイガー率いるサミー・ヘイガー&ザ・サークルの5月10日リリースのデビュー作からのリード曲。ミュージックビデオはジョー・サトリアーニの息子ZZが監督。
    youtube start

    Late / Altitudes & Attitude (Get It Out 収録)


    Anthraxのベーシスト、フランク・ベロとMegadethのベーシスト、デイヴィッド・エレフソンによるプロジェクト、アルティチューズ&アティチュードの1月18日リリースのデビューアルバムから、元KISSのエース・フレーリーを迎えた曲。
    youtube start

    Rock the Rock / Axl Rose


    ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズが、米アニメ『ルーニー・テューンズ』のために歌った曲。
    youtube start

    American Rock

    Unsainted / Slipknot (We Are Not Your Kind 収録)


    スリップ・ノット、8月9日リリースの約5年ぶりのアルバム収録曲。ミュージックビデオはメンバーのショーン・“クラウン”・クラハンによるもの。
    youtube start

    Shine A Light / Bryan Adams (Shine A Light 収録)


    ブライアン・アダムス、3月1日リリースのアルバムからエド・シーランとの共作ナンバー。
    youtube start

    Pop

    Don’t Call Me Angel (Charlie’s Angels) / Ariana Grande, Miley Cyrus, Lana Del Rey


    11月から全米で公開される映画『チャーリーズ・エンジェル』の曲で、アリアナ・グランデ、マイリー・サイラス、ラナ・デル・レイがコラボ。
    youtube start

    I Don't Care / Ed Sheeran & Justin Bieber (No.6 Collaborations Project 収録)


    エド・シーランの様々なアーティストコラボレーションしたアルバムからジャスティン・ビーバーとのコラボ曲。
    youtube start

    Sucker / Jonas Brothers


    米ニュージャージー州出身の3兄弟バンド、ジョナス・ブラザーズの再結成後初のシングル。全米初登場1位を獲得!
    youtube start

    Medellín / Madonna (Madame X 収録)


    クイーン・オブ・ポップ、マドンナの6月14日リリース、約4年ぶりのアルバムからコロンビアのシンガー、マルーマをフィーチャーした曲。
    youtube start

    bad guy / Billie Eilish (WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO? 収録)


    ビリー・アイリッシュの英米含む16ヵ国で1位を獲得したデビューアルバム収録曲。【曲詳細
    youtube start

    Kiev / Vanessa Paradis (Les sources 収録)


    女優・シンガーのヴァネッサ・パラディ、昨年リリースのアルバムからの2ndシングル。
    youtube start

    7 rings / Ariana Grande (thank u, next 収録)


    アリアナ・グランデ、2月8日リリースの5thアルバムのリード曲。ミュージックビデオには日本へのオマージュがたっぷり。
    youtube start

    bury a friend / Billie Eilish (WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO? 収録)


    米カリフォルニア出身のシンガー・ソングライター、ビリー・アイリッシュの待望のデビューアルバムからの先行曲。【曲詳細
    youtube start

    Australian / New Zealand

    New York City / Kylie Minogue (Step Back in Time: The Definitive Collection 収録)


    カイリー・ミノーグの最新ベストアルバム収録曲。これまでライブでは披露されていた曲のスタジオバージョン。
    youtube start

    The Barrel / Aldous Harding (Designer 収録)


    ニュージーランドのシンガーソングライター、オルダス・ハーディングが4月26日に4ADからリリースするアルバム収録曲。
    youtube start

    twitterで@ksmusicを見る
    feedlyに登録
    カテゴリ : 独り言(音楽ネタ) ・ comments(0) K 
    2019年11月01日(金)
    1. K's今日の1曲
    2. 独り言(音楽ネタ)
    3. 【速報】2019年・第61回グラミー賞、受賞者・結果・ノミネートリスト #grammy #グラミー #GRAMMYs

    米・現地時間2019年2月10日(日本時間2月11日)にロサンゼルスのステープルズ・センターにて授賞式が開催、第61回グラミー賞61st Annual Grammy Awards)の受賞速報結果を一覧リストです。
    ノミネートと合わせてどうぞ。



    ・2019 GRAMMY Nominations Announced!


    2018年の結果はこちら。
    2018年・第60回グラミー賞・受賞者・結果まとめ

    それでは、以下今年の受賞者一覧です。
    ※受賞者/受賞作品にはを付けて太字にしていきます。
    ※まだ印がついていないものは未発表

    Record Of The Year(最優秀レコード賞)


    I LIKE IT - Cardi B, Bad Bunny & J Balvin
    THE JOKE - Brandi Carlile
    THIS IS AMERICA - Childish Gambino
    GOD'S PLAN - Drake
    SHALLOW - Lady Gaga & Bradley Cooper
    ALL THE STARS - Kendrick Lamar & SZA
    ROCKSTAR - Post Malone Featuring 21 Savage
    THE MIDDLE - Zedd, Maren Morris & Grey

    最優秀レコード賞はSong Of The Yearと同じくチャイルディッシュ・ガンビーノの"This Is America"に決定!

    Album Of The Year(年間最優秀アルバム)


    『INVASION OF PRIVACY』 - Cardi B
    『BY THE WAY, I FORGIVE YOU』 - Brandi Carlile
    『SCORPION』 - Drake
    『H.E.R.』 - H.E.R.
    『BEERBONGS & BENTLEYS』 - Post Malone
    『DIRTY COMPUTER』 - Janelle Monáe
    『GOLDEN HOUR』 - Kacey Musgraves
    『BLACK PANTHER: THE ALBUM, MUSIC FROM AND INSPIRED BY』 - (Various Artists)

    最も権威のある年間最優秀アルバムは、昨年のフジロックでも来日したケイシー・マスグレイヴスの『GOLDEN HOUR』が受賞しました!

    [スポンサードリンク]


    Song Of The Year(最優秀楽曲賞)


    THIS IS AMERICA - Childish Gambino
    ALL THE STARS - Kendrick Lamar & SZA
    BOO'D UP - Ella Mai
    GOD'S PLAN - Drake
    IN MY BLOOD - Shawn Mendes
    THE JOKE - Brandi Carlile
    THE MIDDLE - Zedd, Maren Morris & Grey
    SHALLOW - Lady Gaga & Bradley Cooper

    チャイルディッシュ・ガンビーノの衝撃作"This Is America"が最優秀楽曲賞を受賞!

    Best New Artist(最優秀新人賞)


    CHLOE X HALLE
    LUKE COMBS
    GRETA VAN FLEET
    H.E.R.
    DUA LIPA
    MARGO PRICE
    BEBE REXHA
    JORJA SMITH

    最優秀新人賞はイギリスのシンガー、デュア・リパが受賞しました。
    "New Rules"はほんとよく耳にした楽曲だったので、順当な結果でしょうか。

    以上、主要4部門。

    受賞作はAmazon Music Unlimitedでチェック。30日無料です。
    Amazon Music Unlimited

    その他の部門も下にまとめます。
    POP部門
    DANCE/ELECTRONIC MUSIC部門
    CONTEMPORARY INSTRUMENTAL MUSIC部門
    ROCK部門
    ALTERNATIVE部門
    R&B部門
    RAP部門
    COUNTRY部門
    NEW AGE部門
    JAZZ部門
    GOSPEL/CONTEMPORARY CHRISTIAN MUSIC部門
    LATIN部門
    AMERICAN ROOTS MUSIC部門
    REGGAE部門
    WORLD MUSIC部門
    CHILDREN'S部門
    SPOKEN WORD部門
    COMEDY部門
    MUSICAL THEATER部門
    MUSIC FOR VISUAL MEDIA部門
    その他

    POP


    ■Best Pop Solo Performance
    COLORS - Beck
    HAVANA (LIVE) - Camila Cabello
    GOD IS A WOMAN - Ariana Grande
    JOANNE (WHERE DO YOU THINK YOU'RE GOIN'?) - Lady Gaga
    BETTER NOW - Post Malone

    ■Best Pop Duo/Group Performance
    FALL IN LINE - Christina Aguilera Featuring Demi Lovato
    DON'T GO BREAKING MY HEART - Backstreet Boys
    'S WONDERFUL - Tony Bennett & Diana Krall
    SHALLOW - Lady Gaga & Bradley Cooper
    GIRLS LIKE YOU - Maroon 5 Featuring Cardi B
    SAY SOMETHING - Justin Timberlake Featuring Chris Stapleton
    THE MIDDLE - Zedd, Maren Morris & Grey

    ■Best Traditional Pop Vocal Album
    LOVE IS HERE TO STAY - Tony Bennett & Diana Krall
    MY WAY - Willie Nelson
    NAT "KING" COLE & ME - Gregory Porter
    STANDARDS (DELUXE) - Seal
    THE MUSIC...THE MEM'RIES...THE MAGIC! - Barbra Streisand

    ■Best Pop Vocal Album
    CAMILA - Camila Cabello
    MEANING OF LIFE - Kelly Clarkson
    SWEETENER - Ariana Grande
    SHAWN MENDES - Shawn Mendes
    BEAUTIFUL TRAUMA - P!nk
    REPUTATION - Taylor Swift

    ポップ部門はレディ・ガガの2冠で終わりました。
    アルバムではアリアナ・グランデが受賞。
    この並びにウィリー・ネルソンの名前があるのが面白いです。

    DANCE/ELECTRONIC MUSIC


    ■Best Dance Recording
    NORTHERN SOUL - Above & Beyond Featuring Richard Bedford
    ULTIMATUM - Disclosure (Featuring Fatoumata Diawara)
    LOSING IT - Fisher
    ELECTRICITY - Silk City & Dua Lipa Featuring Diplo & Mark Ronson
    GHOST VOICES - Virtual Self

    ■Best Dance/Electronic Album
    SINGULARITY - Jon Hopkins
    WOMAN WORLDWIDE - Justice
    TREEHOUSE - Sofi Tukker
    OIL OF EVERY PEARL'S UN-INSIDES - SOPHIE
    LUNE ROUGE - TOKiMONSTA

    ダンス/エレクトロニック部門はマーク・ロンソンとディプロをフィーチャーしたデュア・リパとシルク・シティが受賞。
    アルバム賞はジャスティスでした。

    CONTEMPORARY INSTRUMENTAL MUSIC


    ■Best Contemporary Instrumental Album
    THE EMANCIPATION PROCRASTINATION - Christian Scott aTunde Adjuah
    STEVE GADD BAND - Steve Gadd Band
    MODERN LORE - Julian Lage
    LAID BLACK - Marcus Miller
    PROTOCOL 4 - Simon Phillips

    [スポンサードリンク]


    ROCK


    ■Best Rock Performance
    FOUR OUT OF FIVE - Arctic Monkeys
    WHEN BAD DOES GOOD - Chris Cornell
    MADE AN AMERICA - THE FEVER 333
    HIGHWAY TUNE - Greta Van Fleet
    UNCOMFORTABLE - Halestorm

    ■Best Metal Performance
    CONDEMNED TO THE GALLOWS - Between The Buried And Me
    HONEYCOMB - Deafheaven
    ELECTRIC MESSIAH - High On Fire
    BETRAYER - Trivium
    ON MY TEETH - Underoath

    ■Best Rock Song
    BLACK SMOKE RISING - Greta Van Fleet
    JUMPSUIT - Twenty One Pilots
    MANTRA Bring Me The Horizon
    MASSEDUCTION - St. Vincent
    RATS - Ghost

    ■Best Rock Album
    RAINIER FOG - Alice In Chains
    M A N I A - Fall Out Boy
    PREQUELLE - Ghost
    FROM THE FIRES - Greta Van Fleet
    PACIFIC DAYDREAM - Weezer

    ロック部門は何と言ってもグレタ・ヴァン・フリートが並み居る強豪を抑えてベストロックアルバム賞を受賞。
    今後に期待!
    クリス・コーネルの受賞に涙。

    ALTERNATIVE


    ■Best Alternative Music Album
    TRANQUILITY BASE HOTEL + CASINO - Arctic Monkeys
    COLORS - Beck
    UTOPIA - Björk
    AMERICAN UTOPIA - David Byrne
    MASSEDUCTION - St. Vincent

    受賞作はAmazon Music Unlimitedでチェック。30日無料です。
    Amazon Music Unlimited

    R&B


    ■Best R&B Performance
    LONG AS I LIVE - Toni Braxton
    SUMMER - The Carters
    Y O Y - Lalah Hathaway
    BEST PART - H.E.R. Featuring Daniel Caesar
    FIRST BEGAN - PJ Morton

    ■Best Traditional R&B Performance
    BET AIN'T WORTH THE HAND - Leon Bridges
    DON'T FALL APART ON ME TONIGHT - Bettye LaVette
    HONEST - MAJOR.
    HOW DEEP IS YOUR LOVE - PJ Morton Featuring Yebba
    MADE FOR LOVE - Charlie Wilson Featuring Lalah Hathaway

    ■Best R&B Song
    BOO'D UP - Ella Mai
    COME THROUGH AND CHILL - Miguel Featuring J. Cole & Salaam Remi
    FEELS LIKE SUMMER - Childish Gambino
    FOCUS - H.E.R.
    LONG AS I LIVE - Toni Braxton

    ■Best Urban Contemporary Album
    EVERYTHING IS LOVE - The Carters
    THE KIDS ARE ALRIGHT - Chloe x Halle
    CHRIS DAVE AND THE DRUMHEDZ - Chris Dave And The Drumhedz
    WAR & LEISURE - Miguel
    VENTRILOQUISM - Meshell Ndegeocello

    ■Best R&B Album
    SEX & CIGARETTES - Toni Braxton
    GOOD THING - Leon Bridges
    HONESTLY - Lalah Hathaway
    H.E.R. - H.E.R.
    GUMBO UNPLUGGED (LIVE) - PJ Morton

    R&B部門はH.E.R.がベストR&Bアルバム賞を含む2冠達成。

    RAP


    ■Best Rap Performance
    BE CAREFUL - Cardi B
    NICE FOR WHAT - Drake
    KING'S DEAD - Kendrick Lamar, Jay Rock, Future & James Blake
    BUBBLIN - Anderson .Paak
    SICKO MODE - Travis Scott, Drake, Big Hawk & Swae Lee

    ■Best Rap/Sung Performance
    LIKE I DO - Christina Aguilera Featuring Goldlink
    PRETTY LITTLE FEARS - 6lack Featuring J. Cole
    THIS IS AMERICA - Childish Gambino
    ALL THE STARS - Kendrick Lamar & SZA
    ROCKSTAR - Post Malone Featuring 21 Savage

    ■Best Rap Song
    GOD'S PLAN - Drake
    KING'S DEAD - Kendrick Lamar, Jay Rock, Future & James Blake
    LUCKY YOU - Eminem Featuring Joyner Lucas
    SICKO MODE - Travis Scott, Drake, Big Hawk & Swae Lee
    WIN - Jay Rock

    ■Best Rap Album
    INVASION OF PRIVACY - Cardi B
    SWIMMING - Mac Miller
    VICTORY LAP - Nipsey Hussle
    DAYTONA - Pusha T
    ASTROWORLD - Travis Scott

    ラップ部門はケンドリック・ラマー、チャイルディッシュ・ガンビーノ、ドレイク、カーディ・Bと一番の激戦区とも言える部門を分け合っています。

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    【輸入盤】2019グラミー・ノミニーズ [ VARIOUS ]
    価格:1614円(税込、送料無料) (2019/2/11時点)


     



    COUNTRY


    ■BEST COUNTRY SOLO PERFORMANCE
    Wouldn't It Be Great? - Loretta Lynn
    Mona Lisas And Mad Hatters - Maren Morris
    Butterflies - Kacey Musgraves
    Millionaire - Chris Stapleton
    Parallel Line - Keith Urban

    ■BEST COUNTRY DUO/GROUP PERFORMANCE
    Shoot Me Straight - Brothers Osborne
    Tequila - Dan Shay
    When Someone Stops Loving You - Little Big Town
    Dear Hate - Maren Morris Featuring Vince Gill
    Meant To Be - Bebe Rexha & Florida Georgia Line

    ■BEST COUNTRY SONG
    Break Up In The End - Cole Swindell
    Dear Hate - Maren Morris Featuring Vince Gill
    I Lived It - Blake Shelton
    Space Cowboy - Kacey Musgraves
    Tequila - Dan + Shay
    When Someone Stops Loving You - Little Big Town

    ■BEST COUNTRY ALBUM
    Unapologetically - Kelsea Ballerini
    Port Saint Joe - Brothers Osborne
    Girl Going Nowhere - Ashley McBryde
    Golden Hour - Kacey Musgraves
    From A Room: Volume 2 - Chris Stapleton

    NEW AGE


    ■BEST NEW AGE ALBUM
    Hiraeth - Lisa Gerrard & David Kuckhermann
    Beloved - Snatam Kaur
    Opium Moon - Opium Moon
    Molecules Of Motion - Steve Roach
    Moku Maluhia - Peaceful Island - Jim Kimo West

    JAZZ


    ■Best Improvised Jazz Solo
    SOME OF THAT SUNSHINE - Regina Carter, soloist
    DON'T FENCE ME IN - John Daversa, soloist
    WE SEE - Fred Hersch, soloists
    DE-DAH - Brad Mehldau, soloist
    CADENAS - Miguel Zenón, soloist

    ■Best Jazz Vocal Album
    MY MOOD IS YOU - Freddy Cole
    THE QUESTIONS - Kurt Elling
    THE SUBJECT TONIGHT IS LOVE - Kate McGarry, Keith Ganz, Gary Versace
    IF YOU REALLY WANT - Raul Midón With The Metropole Orkest Conducted By Vince Mendoza
    THE WINDOW - Cécile McLorin Salvant

    ■Best Jazz Instrumental Album
    DIAMOND CUT - Tia Fuller
    LIVE IN EUROPE - Fred Hersch Trio
    SEYMOUR READS THE CONSTITUTION! - Brad Mehldau Trio
    STILL DREAMING - Joshua Redman, Ron Miles, Scott Colley & Brian Blade
    EMANON - The Wayne Shorter Quartet

    ■Best Large Jazz Ensemble Album
    ALL ABOUT THAT BASIE - The Count Basie Orchestra Directed By Scotty Barnhart
    AMERICAN DREAMERS: VOICES OF HOPE, MUSIC OF FREEDOM - John Daversa Big Band Featuring DACA Artists
    PRESENCE - Orrin Evans And The Captain Black Big Band
    ALL CAN WORK - John Hollenbeck Large Ensemble
    BAREFOOT DANCES AND OTHER VISIONS - Jim McNeely & The Frankfurt Radio Big Band

    ■Best Latin Jazz Album
    HEART OF BRAZIL - Eddie Daniels
    BACK TO THE SUNSET - Dafnis Prieto Big Band
    WEST SIDE STORY REIMAGINED - Bobby Sanabria Multiverse Big Band
    CINQUE - Elio Villafranca
    YO SOY LA TRADICIÓN - Miguel Zenón Featuring Spektral Quartet

    GOSPEL/CONTEMPORARY CHRISTIAN MUSIC


    ■Best Gospel Performance/Song
    YOU WILL WIN - Jekalyn Carr; Allen Carr & Jekalyn Carr, songwriters
    WON'T HE DO IT - Koryn Hawthorne
    NEVER ALONE - Tori Kelly Featuring Kirk Franklin; Kirk Franklin & Victoria Kelly, songwriters
    CYCLES - Jonathan McReynolds Featuring DOE; Jonathan McReynolds & Will Reagan, songwriters
    A GREAT WORK - Brian Courtney Wilson; Aaron W. Lindsey, Alvin Richardson & Brian Courtney Wilson, songwriters

    ■Best Contemporary Christian Music Performance/Song
    RECKLESS LOVE - Cory Asbury; Cory Asbury, Caleb Culver & Ran Jackson, songwriters
    YOU SAY - Lauren Daigle; Lauren Daigle, Jason Ingram & Paul Mabury, songwriters
    JOY. - for KING & COUNTRY; Ben Glover, Matt Hales, Stephen Blake Kanicka, Seth Moslely, Joel Smallbone, Luke Smallbone & Tedd Tjornhom, songwriters
    GRACE GOT YOU - MercyMe Featuring John Reuben; David Garcia, Ben Glover, MercyMe, Solomon Olds & John Reuben, songwriters
    KNOWN - Tauren Wells; Ethan Hulse, Jordan Sapp & Tauren Wells, songwriters

    ■Best Gospel Album
    ONE NATION UNDER GOD - Jekalyn Carr
    HIDING PLACE - Tori Kelly
    MAKE ROOM - Jonathan McReynolds
    THE OTHER SIDE - The Walls Group
    A GREAT WORK - Brian Courtney Wilson

    ■Best Contemporary Christian Music Album
    LOOK UP CHILD - Lauren Daigle
    HALLELUJAH HERE BELOW - Elevation Worship
    LIVING WITH A FIRE - Jesus Culture
    SURROUNDED - Michael W. Smith
    SURVIVOR: LIVE FROM HARDING PRISON - Zach Williams

    ■Best Roots Gospel Album
    UNEXPECTED - Jason Crabb
    CLEAR SKIES - Ernie Haase & Signature Sound
    FAVORITES: REVISITED BY REQUEST - The Isaacs
    STILL STANDING - The Martins
    LOVE LOVE LOVE - Gordon Mote

    トリー・ケリーさんが2冠。
    まだ26歳だそうです。

    LATIN


    ■Best Latin Pop Album
    PROMETO - Pablo Alboran
    SINCERA - Claudia Brant
    MUSAS (UN HOMENAJE AL FOLCLORE LATINOAMERICANO EN MANOS DE LOS MACORINOS), VOL. 2 - Natalia Lafourcade
    2:00 AM - Raquel Sofía
    VIVES - Carlos Vives

    ■Best Latin Rock, Urban or Alternative Album
    CLAROSCURA - Aterciopelados
    COASTCITY - COASTCITY
    ENCANTO TROPICAL - Monsieur Periné
    GOURMET - Orishas
    AZTLÁN - Zoé

    ■Best Regional Mexican Music Album (Including Tejano)
    PRIMERO SOY MEXICANA - Angela Aguilar
    MITAD Y MITAD - Calibre 50
    TOTALMENTE JUAN GABRIEL VOL. II - Aida Cuevas
    CRUZANDO BORDERS - Los Texmaniacs
    LEYENDAS DE MI PUEBLO - Mariachi Sol De Mexico De Jose Hernandez
    ¡MÉXICO POR SIEMPRE! - Luis Miguel

    ■Best Tropical Latin Album
    PA' MI GENTE - Charlie Aponte
    LEGADO - Formell Y Los Van Van
    ORQUESTA AKOKÁN - Orquesta Akokán
    PONLE ACTITUD - Felipe Peláez
    ANNIVERSARY - Spanish Harlem Orchestra

    [スポンサードリンク]


    AMERICAN ROOTS MUSIC


    ■Best American Roots Performance
    KICK ROCKS - Sean Ardoin
    SAINT JAMES INFIRMARY BLUES - Jon Batiste
    THE JOKE - Brandi Carlile
    ALL ON MY MIND - Anderson East
    LAST MAN STANDING - Willie Nelson

    ■Best American Roots Song
    ALL THE TROUBLE - Lee Ann Womack
    BUILD A BRIDGE - Mavis Staples
    THE JOKE - Brandi Carlile
    KNOCKIN' ON YOUR SCREEN DOOR - John Prine
    SUMMER'S END - John Prine

    ■Best Americana Album
    BY THE WAY, I FORGIVE YOU - Brandi Carlile
    THINGS HAVE CHANGED - Bettye LaVette
    THE TREE OF FORGIVENESS - John Prine
    THE LONELY, THE LONESOME & THE GONE - Lee Ann Womack
    ONE DROP OF TRUTH - The Wood Brothers

    ■Best Bluegrass Album
    PORTRAITS IN FIDDLES - Mike Barnett
    SISTER SADIE II - Sister Sadie
    RIVERS AND ROADS - Special Consensus
    THE TRAVELIN' MCCOURYS - The Travelin' McCourys
    NORTH OF DESPAIR - Wood & Wire

    ■Best Traditional Blues Album
    SOMETHING SMELLS FUNKY 'ROUND HERE - Elvin Bishop's Big Fun Trio
    BENTON COUNTY RELIC - Cedric Burnside
    THE BLUES IS ALIVE AND WELL - Buddy Guy
    NO MERCY IN THIS LAND - Ben Harper And Charlie Musselwhite
    DON'T YOU FEEL MY LEG (THE NAUGHTY BAWDY BLUES OF BLUE LU BARKER) - Maria Muldaur

    ■Best Contemporary Blues Album
    PLEASE DON'T BE DEAD - Fantastic Negrito
    HERE IN BABYLON - Teresa James And The Rhythm Tramps
    CRY NO MORE - Danielle Nicole
    OUT OF THE BLUES - Boz Scaggs
    VICTOR WAINWRIGHT AND THE TRAIN - Victor Wainwright And The Train

    ■Best Folk Album
    WHISTLE DOWN THE WIND - Joan Baez
    BLACK COWBOYS - Dom Flemons
    RIFLES & ROSARY BEADS - Mary Gauthier
    WEED GARDEN - Iron & Wine
    ALL ASHORE - Punch Brothers

    ■Best Regional Roots Music Album
    KREOLE ROCK AND SOUL - Sean Ardoin
    SPYBOY - Cha Wa
    ALOHA FROM NA HOA - Na Hoa
    NO 'ANE'I - Kalani Pe'a
    MEWASINSATIONAL - CREE ROUND DANCE SONGS - Young Spirit

    アメリカンルーツミュージック部門は、主要部門にもノミネートされているブランディ・カーライルさんの圧勝です。

    受賞作はAmazon Music Unlimitedでチェック。30日無料です。
    Amazon Music Unlimited

    REGGAE


    ■Best Reggae Album
    AS THE WORLD TURNS - Black Uhuru
    REGGAE FOREVER - Etana
    REBELLION RISES - Ziggy Marley
    A MATTER OF TIME - Protoje
    44/876 - Sting & Shaggy

    WORLD MUSIC


    ■Best World Music Album
    DERAN - Bombino
    FENFO - Fatoumata Diawara
    BLACK TIMES - Seun Kuti & Egypt 80
    FREEDOM - Soweto Gospel Choir
    THE LOST SONGS OF WORLD WAR II - Yiddish Glory

    CHILDREN'S


    ■Best Children's Album
    ALL THE SOUNDS - Lucy Kalantari & The Jazz Cats
    BUILDING BLOCKS - Tim Kubart
    FALU'S BAZAAR - Falu
    GIANTS OF SCIENCE - The Pop Ups
    THE NATION OF IMAGINE - Frank & Deane

    SPOKEN WORD


    ■Best Spoken Word Album (Includes Poetry, Audio Books & Storytelling)
    ACCESSORY TO WAR (NEIL DEGRASSE TYSON & AVIS LANG) - Courtney B. Vance
    CALYPSO - David Sedaris
    CREATIVE QUEST - Questlove
    FAITH - A JOURNEY FOR ALL - Jimmy Carter
    THE LAST BLACK UNICORN - Tiffany Haddish

    COMEDY


    ■Best Comedy Album
    ANNIHILATION - Patton Oswalt
    EQUANIMITY & THE BIRD REVELATION - Dave Chappelle
    NOBLE APE - Jim Gaffigan
    STANDUP FOR DRUMMERS - Fred Armisen
    TAMBORINE - Chris Rock

    MUSICAL THEATER


    ■Best Musical Theater Album
    THE BAND'S VISIT
    CAROUSEL
    JESUS CHRIST SUPERSTAR LIVE IN CONCERT
    MY FAIR LADY
    ONCE ON THIS ISLAND

    MUSIC FOR VISUAL MEDIA


    ■Best Compilation Soundtrack For Visual Media
    CALL ME BY YOUR NAME
    DEADPOOL 2
    THE GREATEST SHOWMAN
    LADY BIRD
    STRANGER THINGS

    ■Best Score Soundtrack For Visual Media
    BLACK PANTHER - Ludwig Göransson, composer
    BLADE RUNNER 2049 - Benjamin Wallfisch & Hans Zimmer, composers
    COCO - Michael Giacchino, composer
    THE SHAPE OF WATER - Alexandre Desplat, composer
    STAR WARS: THE LAST JEDI - John Williams, composer

    ■Best Song Written For Visual Media
    ALL THE STARS - Kendrick Lamar & SZA
    MYSTERY OF LOVE - Sufjan Stevens
    REMEMBER ME - Miguel Featuring Natalia Lafourcade
    SHALLOW - Lady Gaga & Bradley Cooper
    THIS IS ME - Keala Settle & The Greatest Showman Ensemble

    映画に関わるところは「グレイテスト・ショーマン」と「ブラックパンサー」と「アリー/ スター誕生」という話題作で決まり。

    その他


    ■BEST INSTRUMENTAL COMPOSITION
    Blut Und Boden (Blood And Soil) - Terence Blanchard, composer (Terence Blanchard)
    Chrysalis
    Infinity War
    Mine Mission
    The Shape Of Water

    ■BEST ARRANGEMENT, INSTRUMENTAL OR A CAPPELLA
    Stars And Stripes Forever - John Daversa, arranger (John Daversa Big Band Featuring DACA Artists)
    Batman Theme (TV)
    Change The World
    Madrid Finale
    The Shape Of Water

    ■BEST ARRANGEMENT, INSTRUMENTS AND VOCALS
    Spiderman Theme - Mark Kibble, Randy Waldman & Justin Wilson, arrangers (Randy Waldman Featuring Take 6 & Chris Potter)
    It Was A Very Good Year
    Jolene
    Mona Lisa
    Niña

    ■BEST RECORDING PACKAGE
    Masseduction - Willo Perron, art director (St. Vincent)
    Be The Cowboy
    Love Yourself: Tear
    The Offering
    Well Kept Thing

    ■BEST BOXED OR SPECIAL LIMITED EDITION PACKAGE
    Squeeze Box: The Complete Works Of "Weird Al" Yankovic - Meghan Foley, Annie Stoll & Al Yankovic, art directors ("Weird Al" Yankovic)
    Appetite For Destruction (Locked N' Loaded Box)
    I’ll Be Your Girl
    Pacific Northwest '73-74': The Complete Recordings
    Too Many Bad Habits

    ■BEST ALBUM NOTES
    Voices Of Mississippi: Artists And Musicians Documented By William Ferris - David Evans, album notes writer (Various Artists)
    Alpine Dreaming: The Helvetia Records Story, 1920-1924
    4 Banjo Songs, 1891-1897: Foundational Recordings Of America’s Iconic Instrument
    The 1960 Time Sessions
    The Product Of Our Souls: The Sound And Sway Of James Reese Europe's Society Orchestra
    Trouble No More: The Bootleg Series Vol. 13 / 1979-1981 (Deluxe Edition)

    ■BEST HISTORICAL ALBUM
    Voices Of Mississippi: Artists And Musicians Documented By William Ferris - William Ferris, April Ledbetter & Steven Lance Ledbetter, compilation producers; Michael Graves, mastering engineer (Various Artists)
    Any Other Way
    At The Louisiana Hayride Tonight...
    Battleground Korea: Songs And Sounds Of America's Forgotten War
    A Rhapsody In Blue - The Extraordinary Life Of Oscar Levant

    ■BEST ENGINEERED ALBUM, NON-CLASSICAL
    Colors - Beck
    All The Things That I Did And All The Things That I Didn't Do
    Earthtones
    Head Over Heels
    Voicenotes

    ■PRODUCER OF THE YEAR, NON-CLASSICAL
    Boi-1da
    Larry Klein
    Linda Perry
    Kanye West
    Walking Away (Mura Masa Remix) - Alex Crossan, remixer (Haim)Pharrell Williams

    受賞作はAmazon Music Unlimitedでチェック。30日無料です。
    Amazon Music Unlimited

    ■BEST REMIXED RECORDING
    Walking Away (Mura Masa Remix) - Alex Crossan, remixer (Haim)
    Audio (CID Remix)
    How Long (EDX's Dubai Skyline Remix)
    Only Road (Cosmic Gate Remix)
    Stargazing (Kaskade Remix)

    ■BEST IMMERSIVE AUDIO ALBUM
    Eye In The Sky - 35th Anniversary Edition - The Alan Parsons Project
    Folketoner
    Seven Words From The Cross
    Sommerro: Ujamaa & The Iceberg
    Symbol

    ■BEST ENGINEERED ALBUM, CLASSICAL
    Bates: The (R)evolution Of Steve Jobs
    Beethoven: Symphony No. 3; Strauss: Horn Concerto No. 1
    John Williams At The Movies
    Liquid Melancholy - Clarinet Music Of James M. Stephenson
    Shostakovich: Symphonies Nos. 4 & 11
    Visions And Variations

    ■PRODUCER OF THE YEAR, CLASSICAL
    Blanton Alspaugh
    David Frost
    Elizabeth Ostrow
    Judith Sherman
    Dirk Sobotka

    ■BEST ORCHESTRAL PERFORMANCE
    Beethoven: Symphony No. 3; Strauss: Horn Concerto No. 1
    Nielsen: Symphony No. 3 & Symphony No. 4
    Ruggles, Stucky & Harbison: Orchestral Works
    Schumann: Symphonies Nos. 1-4
    Shostakovich: Symphonies Nos. 4 & 11

    ■BEST OPERA RECORDING
    Adams: Doctor Atomic
    Bates: The (R)evolution Of Steve Jobs
    Lully: Alceste
    Strauss, R.: Der Rosenkavalier
    Verdi: Rigoletto

    ■BEST CHORAL PERFORMANCE
    Chesnokov: Teach Me Thy Statutes
    Kastalsky: Memory Eternal
    McLoskey: Zealot Canticles
    Rachmaninov: The Bells
    Seven Words From The Cross

    ■BEST CHAMBER MUSIC/SMALL ENSEMBLE PERFORMANCE
    Anderson, Laurie: Landfall
    Beethoven, Shostakovich & Bach
    Blueprinting
    Stravinsky: The Rite Of Spring Concerto For Two Pianos
    Visions And Variations

    ■BEST CLASSICAL INSTRUMENTAL SOLO
    Bartók: Piano Concerto No. 2
    Biber: The Mystery Sonatas
    Bruch: Scottish Fantasy, Op. 46; Violin Concerto No. 1 In G Minor, Op. 26
    Glass: Three Pieces In The Shape Of A Square
    Kernis: Violin Concerto

    [スポンサードリンク]


    ■BEST CLASSICAL SOLO VOCAL ALBUM
    ARC
    The Handel Album
    Mirages
    Schubert: Winterreise
    Songs Of Orpheus - Monteverdi, Caccini, D'India & Landi

    ■BEST CLASSICAL COMPENDIUM
    Fuchs: Piano Concerto 'Spiritualist'; Poems Of Life; Glacier; Rush
    Gold
    The John Adams Edition
    John Williams At The Movies
    Vaughan Williams: Piano Concerto; Oboe Concerto; Serenade To Music; Flos Campi

    ■BEST CONTEMPORARY CLASSICAL COMPOSITION
    Bates: The (R)evolution Of Steve Jobs
    Du Yun: Air Glow
    Heggie: Great Scott
    Kernis: Violin Concerto
    Mazzoli: Vespers For Violin

    ■BEST MUSIC VIDEO
    Apes*** - The Carters
    This Is America - Childish Gambino
    I'm Not Racist - Joyner Lucas
    PYNK - Janelle Monáe
    MUMBO JUMBO - Tierra Whack

    ■BEST MUSIC FILM
    Life In 12 Bars - Eric Clapton
    Whitney - (Whitney Houston)
    Quincy - Quincy Jones
    Itzhak - Itzhak Perlman
    The King - (Elvis Presley)

    【サイト内関連記事】
    2018年・第60回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
    2017年・第59回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
    2016年・第58回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
    2015年・第57回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
    2014年・第56回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
    2013年・第55回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
    2012年・第54回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
    2011年・第53回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
    2010年・第52回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
    2009年・第51回グラミー賞・受賞者・結果まとめ
    カテゴリ : 独り言(音楽ネタ) ・ comments(0) K 
    2019年02月11日(月)
    1. K's今日の1曲
    2. 独り言(音楽ネタ)
    3. 2019年注目の新人リスト!英BBCが選ぶ『Sound of 2019』決定!音源・動画まとめ

    UKの国営放送・BBC(British Broadcasting Corporation)が発表するその年の期待の新人リスト『Sound of』。
    その2019年版『BBC Sound of 2019』が発表されました。

    2019年注目の新人リスト!英BBCが選ぶ『Sound of 2019』決定!音源・動画まとめ

    (参考)2018年のロングリストと動画はこちら。
    英BBC『Sound of 2018』音源・動画まとめ

    それでは以下、『BBC Sound of 2019』のロングリストを順位順にまとめたリストです。
    参考までにYouTube動画と合わせてどうぞ。

    ■Longlist for BBC Sound of 2019


    ●1位:Octavian


    ロンドンを拠点に活動するフランス生まれのラッパー、オクタヴィアン(本名:Oliver Godji)。ドレイクなどからも評価。

    ・Octavian - Little (Official Video)


    ●2位:King Princess
    アメリカ出身、20歳のシンガーソングライター、キング・プリンセス(本名:Mikaela Straus)。マーク・ロンソンのレーベルZelig Recordsと契約。

    ・King Princess - 1950


    ●3位:Grace Carter
    UKはブライトン出身のソウルシンガー、グレイス・カーター

    ・Grace Carter - Why Her Not Me


    ●4位:slowthai
    UKはノーサンプトン出身のラッパー、スロータイ

    ・slowthai - Ladies


    ●5位:Rosalìa
    スペインはカタルーニャ出身のシンガー、ロザリア。アルバム『El Mal Querer』はすでにラテン・グラミーで5部門ノミネートされてる。

    ・ROSALÍA - MALAMENTE (Cap.1: Augurio)


    2019年の1位はフランス生まれ、ロンドン在住のラッパー、Octavianが選ばれました。
    Skeptaとかその辺りのUKヒップホップ、グライム系のアーティストですね。
    音楽性的に過去に1位を獲得しているアデルやサム・スミス、エリー・ゴールディングのような世界中で聴かれる感じではないとおもますが、個人的には好きです。
    去年はいなかったヒップホップ系は、4位にもslowthaiが入ってますね。

    2位から5位の顔ぶれを見ても今年は初めて名前を聞くアーティストが多いので、すでに出てる曲やこれからリリースされる曲など聴くのが楽しみです。

    しかし、今年はバンドがいませんね。。。
    以下、その他ロングリストに入ったアーティスト。

    [スポンサードリンク]


    (順不同)
    Dermot Kennedy
    アイルランドはダブリン出身のシンガー、ダーモット・ケネディー。

    ・Dermot Kennedy - Power Over Me
    youtube start

    Ella Mai
    ロンドン出身のシンガー、エラ・マイ。すでに説明不要の大ヒット曲"Boo'd Up"があります。

    ・Ella Mai - Boo'd Up
    youtube start

    Flohio
    ナイジェリア出身の女性ラッパー、フロヒオ(本名:Funmi Ohiosumah)。

    ・Flohio - 10 More Rounds
    youtube start

    Mahalia
    英レスター出身のシンガー、マヘリア(本名:Mahalia Burkmar)。ブリットアウォードの批評家賞にもノミネート。

    ・Mahalia - I Wish I Missed My Ex
    youtube start

    Sea Girls
    英レスターシャー出身の4人組ロックバンド、シー・ガールズ。

    ・Sea Girls - Lost
    youtube start

    まず、去年までよりもロングリストの数が減りましたね。
    TOP5以外に10組いたけど、今年は5組です。

    ロック系では唯一、Sea Girlsがエントリー。
    ロックバンドには厳しい世の中になったものです。
    (小粒が多いのも事実・・・)

    以下、これまでの受賞者。(左から年、Winner、2位〜5位)

    2003 50 Cent/Electric Six/Yeah Yeah Yeahs/The Thrills/Dizzee Rascal
    2004 Keane/Franz Ferdinand/Wiley/Razorlight/Joss Stone
    2005 The Bravery/Bloc Party/Kano/The Game/Kaiser Chiefs
    2006 Corinne Bailey Rae/Clap Your Hands Say Yeah/The Feeling/Plan B/Guillemots
    2007 Mika/The Twang/Klaxons/Sadie Ama/Enter Shikari
    2008 Adele/Duffy/The Ting Tings/Glasvegas/Foals
    2009 Little Boots/White Lies/Florence + the Machine/Empire of the Sun/La Roux
    2010 Ellie Goulding/Marina and the Diamonds/Delphic/Hurts/The Drums
    2011 Jessie J/James Blake/The Vaccines/Jamie Woon/Clare Maguire
    2012 Michael Kiwanuka/Frank Ocean/Azealia Banks/Skrillex/Niki & The Dove
    2013 Haim/AlunaGeorge/Angel Haze/Laura Mvula/Chvrches
    2014 Sam Smith/Ella Eyre/Banks/Sampha/George Ezra
    2015 Years & Years/James Bay/Stormzy/Raury/George the Poet
    2016 Jack Garratt/Alessia Cara/NAO/Blossoms/Mura Masa, WSTRN
    2017 Ray BLK/Rag'n'Bone Man/Raye/Jorja Smith/Nadia Rose
    2018 Sigrid/Rex Orange County/IAMDDB/Khalid/Pale Waves

    【サイト内関連記事】
    BBC sound of 2009
    BBC Sound of 2014
    BBC Sound of 2015 音源・動画まとめ
    BBC Sound of 2016 音源・動画まとめ
    BBC Sound of 2017 音源・動画まとめ
    BBC Sound of 2018 音源・動画まとめ
    カテゴリ : 独り言(音楽ネタ) ・ comments(0) K 
    2019年01月11日(金)

    Related Posts with Thumbnails