1. K's今日の1曲
  2. Northern Europe
  3. Come On, I’m Waiting / Communions (Blue 収録)

 デンマークはコペンハーゲンの4人組、Communionsコミュニオンズ)がデビューフルアルバム『Blue』を2017年2月3日にFat Possum Recordsからリリース。"Come On, I’m Waiting"はアルバム収録曲。

・Communions - Come On, I’m Waiting


 UKロック的な雰囲気のあるギターロック。目新しさがあるわけではないけれど、それを補って余りあるキラキラした若さ光るサウンドとヴォーカルにやられました。アルバムの1曲目を飾るにふさわしい曲ですね。写真家のLasse Dearmanが手がけたミュージックビデオもグッド。

 バンドメンバーは以下の4人。

・Communions member
Martin Rehof
Mads Rehof
Jacob van Deurs Formann
Frederik Lind Køppen

 MartinとMadsのRehof兄弟と、その高校からの友人であるJacob、Frederikが集まり2014年に結成されたバンドで、デビュー当時からThe Stone Roses × The Libertinesなどと言われていたり。日本のリリース元であるHostessによると、海外ではこんな風に評されています。

「ポストパンク特有のファズに近年のオルタナティヴ・ギターサウンドへの憧れが混ざり合い、癖になるフックと生き生きとしたヴォーカルが完成した。これこそが"生"の味だ!生きろ!」−Noisey

「胸いっぱいのパワーポップ」−The FADER

「ザ・キュアーの陰気なノワール・ポップに大きな影響を受け、サウンドはキャッチーだがハードエッヂだ」−NME

「燃えるようなメロディーとベースのフックで気持ち良く舞い上がっていく」−Pitchfork


 既発のEP『Cobblestones』とか『Communions』を聴くとローゼズっぽさはかなりありますが(あまりリバティーンズぽさは無い)、本作『Blue』を聴き進めていくともっとオアシスのような「みんなの歌」感が感じられる気が個人的にはします。そっち方面に進んでいくのもアリかも。ちなみにメンバーは、デンマークのノイズ系のバンド、 Zero FigureやWhite Void、Jackmanなどに在籍してたとのことなので、そっちに進んでも面白い。間をとってシューゲイザーってのも・・・。とにかく(笑)、今後が楽しみなバンドですね。

 また、コミュニオンズは『Hostess Club Weekender』での来日も決まっています。

■Hostess Club Weekender
2017年2月25日(土):Pixies / MONO / Girl Band / Pumarosa
2017年2月26日(日):The Kills / Little Barrie / The Lemon Twigs / Communions
会場:新木場STUDIO COAST


Communions -『Blue』収録曲リスト
01. Come On, I'm Waiting
02. Today
03. Passed You By
04. She's A Myth
05. Midnight Child
06. Got To Be Free
07. Don't Hold Anything Back
08. Take It all
09. It's Like Air
10. Eternity
11. Alarm Clocks
12. It's Like Air (Live)*
13. Midnight Child (Live)*
14 Eternity (Live)*
15. Got To Be Free (Live)*
*日本盤ボーナストラック
・Apple Musicで試聴&ダウンロード


カテゴリ : Northern Europe ・ comments(0)  
2017年02月21日(火)
  1. K's今日の1曲
  2. Northern Europe
  3. Don’t Wanna Dance / MØ (No Mythologies to Follow 収録)

 デンマークはコペンハーゲン出身の女性シンガー、モー。本名Karen Marie Ørsted)のデビューアルバム『No Mythologies to Follow』からのシングル曲"Don't Wanna Dance"。デンマークのシングルチャートで25位。アルバムはデンマークで2位、イギリスで58位。

・MØ - Don't Wanna Dance


 2012年の1stシングル"Maiden"から数枚のシングルを出し、同じく北欧スウェーデンのAvicii の『True』収録の"Dear Boy"にフィーチャーされたりなどあって、やっと今年アルバムリリース。この"Don’t Wanna Dance"はこれまでのシングルやアルバムの中で最もポップな曲かな。

 ちなみにアーティスト名のMØ(Øはデンマーク語に使われるラテン文字でoeとか表記されたりするらしい)はデンマーク語で、英語にするとmaidenやvirginにあたる言葉らしい。昔やってた音楽が下品で軽薄な感じだったので、それと正反対の意味のものを付けたら面白いと思い名付けたんだとか。

 カナダのGrimesとかPurity Ring比較に出される彼女。エレクトロ系でちょっと変わった音楽をやってる女性ヴォーカルを探してる人にオススメです。

■MØ 『No Mythologies to Follow』 収録曲

1. Fire Rides
2. Maiden
3. Never Wanna Know
4. Red in the Grey
5. Pilgrim
6. Don't Wanna Dance
7. Waste of Time
8. Dust Is Gone
9. XXX 88
10. Walk This Way
11. Slow Love
12. Glass

【サイト内関連記事】
Oblivion / Grimes (Visions 収録)
Belispeak / Purity Ring (Shrines 収録)

カテゴリ : Northern Europe ・ comments(0)  
2014年05月04日(日)
  1. K's今日の1曲
  2. Northern Europe
  3. WHOREHOUSE / CEO (WONDERLAND 収録)

 スウェーデン出身のEric Berglundによるソロプロジェクト、CEOシーイーオー。今作よりceoから大文字になりました)が2ndアルバム『Wonderland』をリリース。前作『White Magic』より約4年振りの作品です。

 "WHOREHOUSE"はアルバムのリード曲。近年のAnimal Collectiveをさらにポップにしたようなエクスペリメンタルなシンセポップ。バンドではないですが、Battlesとかポストロック系が好きな人にオススメ。

・CEO 'WHOREHOUSE'


 アルバムのどの曲を聴いても楽しいです。"HARAKIRI"なんて曲も有ります。Eric Berglundはceoの前にThe Tough Allianceというポップデュオをやっていたそうなので、そちらもチェックしたいところです。

■CEO 『WONDERLAND』収録曲

01. WHOREHOUSE
02. HARAKIRI
03. MIRAGE
04. IN A BUBBLE ON A STREAM
05. WONDERLAND
06. jUjU
07. ULTRAKAOS
08. OMG
09. Everything Is Gonna Be Alright(bonus track)
10. Halo(bonus track)



カテゴリ : Northern Europe ・ comments(0)  
2014年04月30日(水)
  1. K's今日の1曲
  2. Northern Europe
  3. The Fox (What Does the Fox Say?) / Ylvis

 ノルウェー出身のコンビ芸人、Ylvisイルヴィス)による、全米6位・全英23位を記録した大ヒット曲"The Fox (What Does the Fox Say?)"。

 ま、とにかく説明の前に、日本語字幕付きのミュージックビデオを見てください。

・Ylvis(イルヴィス) - The Fox(ザ・フォックス) [日本語字幕付きVer.]


 どうです?面白かったでしょう。そして、耳から離れなくなって、気づけば口ずさんでしまうこと間違い無し。前半はよくあるエレクトロニックダンス系のサウンドに歌なんだけど、キツネの鳴き声になった瞬間・・・。ところどころ普通にカッコイイパートとかあるのが最高です。

 あ、キツネは「コンコン」と鳴くんじゃ?ってツッコミはなしで!

 ちなみにイルヴィスはノルウェーではかなり有名人で、2000年代前半から活躍してるみたいです。

■Ylvis
・ヴェガード・ウルハイム・イルヴィサーケル(Vegard Urheim Ylvisåker)
 1979年5月19日(34歳)
・バード・ウルハイム・イルヴィサーケル(Bård Urheim Ylvisåker)
 1982年3月21日(31歳)



カテゴリ : Northern Europe ・ comments(0)  
2013年10月24日(木)
  1. K's今日の1曲
  2. Northern Europe
  3. I Love It featuring Charli XCX / Icona Pop (Icona Pop 収録)

 スウェーデンはストックホルム出身のCaroline Hjelt(キャロライン・ヒェルト)とAino Jawo(アイノ・ジャウォ)からなる女性デュオ、Icona Popアイコナ・ポップ)のシングル曲""。スウェーデンで2位を獲得したのを始め、UKで1位、アメリカでもテレビドラマ等に使われ全米チャート7位という大ヒットを記録しています。EP『Iconic』およびアルバム『Icona Pop』収録。

 イギリス人エレクトロニックアーティスト/シンガーのCharli XCXをフィーチャー。skrillexにも通じるようなパンキッシュでバウンシーなバキバキのエレクトロサウンドに、威勢の良い女性ヴォーカル、ベタっちゃベタだけど純粋にアガる曲になっています。歌詞は失恋に関するものっぽいけど、"I don't care"の一言で潔い。自らのサウンドを"classical pop melodies with drums and synths"と評するだけあって単純明快なところが突き抜けててイイですね!こりゃ売れるわ。(消えるのも早いかもしれないけど・・・)

・Icona Popの『IThis Is... Icona Pop』を試聴&ダウンロード⇒
カテゴリ : Northern Europe ・ comments(0)  
2013年06月30日(日)
  1. K's今日の1曲
  2. Northern Europe
  3. Full of Fire / The Knife (Shaking the Habitual 収録)

 スウェーデンのストックホルム出身、Olof DreijerとKarin Dreijerの兄妹からなるエレクトロ・デュオ、The Knifeザ・ナイフ)。オリジナルアルバムとしては2006年以来7年ぶりとなる作品『Shaking the Habitual』をリリース。全英31位・全米52位・スウェーデン8位。

 "Full of Fire"はアルバムからの1stシングル。9分を超える大作。ミニマルなエレクトロから徐々に激しいビートが加わりアバンギャルドになってくとこが面白い。スウェーデンのポルノ映画監督のMarit OstbergによるPVもなかなかイカしてるので、そちらと合わせて試聴するとなお良いです。

 ちなみに前作『Silent Shout』は米Pitchfork Mediaで年間ベストアルバムの上位に選ばれていてずっと気になってたんだけど、やっと今作でThe Knife初体験(『Silent Shout』は未聴。すみません)。Gang Gang Danceとかその辺のバンドが好きな人にオススメ。この曲を始め長尺なナンバーが多めで、曲によっては正直なんだかよくわからない難解なものもあるけど、結構クセになりそう。日本ではそんなに話題になってないけど、一度フェスかなんかで来日したら人気出るかも。

■The Knife『Shaking the Habitual』収録曲
01 A Tooth for an Eye 6:04
02 Full of Fire 9:17
03 A Cherry on Top 8:43
04 Without You My Life Would Be Boring 5:14
05 Wrap Your Arms Around Me 4:36
06 Crake 0:55
07 Old Dreams Waiting to Be Realized 19:22
08 Raging Lung 9:58
09 Networking 6:42
10 Oryx 0:37
11 Stay Out Here 10:42
12 Fracking Fluid Injection 9:54
13 Ready to Lose 4:36

・The Knifeの『Shaking the Habitual』を試聴&ダウンロード⇒Shaking the Habitual - The Knife
カテゴリ : Northern Europe ・ comments(0)  
2013年04月25日(木)
  1. K's今日の1曲
  2. Northern Europe
  3. The Lion's Roar / First Aid Kit (The Lion's Roar 収録)

 スウェーデン出身のKlara SöderbergとJohanna Söderbergのソダーバーグ姉妹からなるフォーク・デュオ、First Aid Kitファースト・エイド・キット)が2年ぶりとなる2ndアルバム『The Lion's Roar』をリリース。プロデュースはBright Eyes等を手掛けるマイク・モーギス。全英35位・全米65位。地元スウェーデンのチャートでは初登場1位。

 "The Lion's Roar"はアルバムのタイトルトラックで、アルバムの1曲目。シングルリリースもされてスウェーデンチャート22位。哀愁のあるフォーキーなサウンドに、姉妹ならではのハーモニーが美しい曲。後半の盛り上がりはなかなかドラマチック。

 アルバムの10曲目"King of the World"には、ブライト・アイズのコナー・オバーストも参加しています。あのジャック・ホワイトも彼女たちを気に入って自身のスタジオで一緒にレコーディングをしたんだとか。要注目。

■First Aid Kit 『The Lion's Roar』収録曲
1. "The Lion's Roar"
2. "Emmylou"
3. "In the Hearts of Men"
4. "Blue"
5. "This Old Routine"
6. "To a Poet"
7. "I Found a Way"
8. "Dance to Another Tune"
9. "New Year's Eve"
10. "King of the World"



カテゴリ : Northern Europe ・ comments(0)  
2012年04月26日(木)
  1. K's今日の1曲
  2. Northern Europe
  3. Paddling Out / Miike Snow (Happy to You 収録)

 2007年にスウェーデンはストックホルムにて結成されたMiike Snowマイク・スノウ)。「Miike」は日本の映画監督の三池崇史に由来し、彼らの友人であるMike Snowさんと合わせてつけられたらしい。

 メンバーはプロデュースチームBloodshy & Avantとしても活動するChristian KarlssonPontus Winnbergの2人に、アメリカ人シンガーAndrew Wyattを加えた3人組。Bloodshy & Avantといえば、Kylie MinogueやMadonna、Jennifer Lopezなど超大物のプロデュースも手掛け、Britney Spearsの"Toxic"ではグラミー賞のベスト・ダンス・レコーディング賞も受賞。一方、アンドリューの方もBruno Marsの全米・全英No.1ヒット曲"Grenade"の共同製作者だったりと、何気にすごい3人組。

 『Happy to You』はそんなマイク・スノウの2ndアルバムで全米43位、全英31位。この"Paddling Out"はアルバムからの1stシングル(全英90位)。3人のポップセンスがいかんなく発揮された、ダンサブルなサウンドに覚えやすいメロが楽しい曲。

 この曲のミュージックビデオが面白い。金髪、髭面、小太りなおっさんが、部屋で踊っていると宇宙人に連れ去られ、全身整形手術を施され、それは宇宙人の目論む「a perfect human」Jean Noel(ジャン・ノエル)量産計画の・・・、というなんともSFな展開に。しかも、その続編が続く2ndシングル"The Wave"のPVになっており、そこでもまだ物語は終わらない。早く続きが観たい!監督は、同じくスウェーデン出身の映像ディレクターAndreas Nilsson(アンドレアス・ニルソン)。

 アルバムはどの曲もシングルとしてきれそうなポップな曲が多い。程よくバンドサウンドが混ざってたりして、あまりエレクトロ、エレクトロしてないとこが良い。歌もちょっとドリーミーな感じ心地よい。2010年にはフジロックで来日してたみたいですね。その時は全然ノーマークだったので、次こそは見たい。

・Miike Snowの楽曲を試聴&ダウンロード⇒Miike Snow

カテゴリ : Northern Europe ・ comments(0)  
2012年04月11日(水)
  1. K's今日の1曲
  2. Northern Europe
  3. Get Some / Lykke Li (Wounded Rhymes 収録)

 スウェーデン出身のシンガーソングライターLykke Liリッキ・リーリッケ・リー?スウェーデン語の発音は[ˈlʏkə li])が2ndアルバム『Wounded Rhymes』をリリース。全英37位。プロデュースは、Peter Bjorn & Johnビヨーン・イットリング

 "Get Some"はその2ndからの1stシングル。トライバルなビートに、呪詛的でダークなヴォーカルが印象的な曲。ストーンズの"悪魔を憐れむ歌"に近い雰囲気。歌詞の方は"SEX"を連想させられますが、これは村上春樹の『ねじまき鳥クロニクル』からの影響があるそうです。そういやデビュー作『YOUTH NOVELS』には"Dance. Dance. Dance"なる曲もありましたが、彼女はハルキストなのでしょうかねぇ。

 この曲のモノクロのビデオもかなりカッコイイですね。Lykkeが結構セクシーな格好してるんだけど、エロい感じは全然なくて、すごくクールな仕上がりになってます。ちなみにかなり美人さんです。

 『Wounded Rhymes』は"Get Some"に象徴されるように、前作に比べ、ダークでクールな作品になってます。デビュー作から注目を浴びてスウェーデンから世界に飛び出したLykkeのこの数年の経験が反映されているんだとか。

・Lykke Li -『Wounded Rhymes』収録曲
1. "Youth Knows No Pain"
2. "I Follow Rivers"
3. "Love Out of Lust"
4. "Unrequited Love"
5. "Get Some"
6. "Rich Kids Blues"
7. "Sadness Is a Blessing"
8. "I Know Places"
9. "Jerome"
10. "Silent My Song"

iTunes deluxe edition
11. "Made You Move"
12. "Untitled" (Video)
13. "Get Some (With Knives)"
14. "The Only" (pre-order only)

・Lykke Liの『Wounded Rhymes (Deluxe Version)』を試聴&ダウンロード⇒Wounded Rhymes (Deluxe Version) - Lykke Li


【サイト内関連記事】
Little Bit / Lykke Li (Youth Novels 収録)
カテゴリ : Northern Europe ・ comments(0)  
2011年03月10日(木)
  1. K's今日の1曲
  2. Northern Europe
  3. Little Bit / Lykke Li (Youth Novels 収録)

I think I'm a little bit Little bit A little bit in love with you♪

 スウェーデン出身のLykke Liリッケ・リー)のデビュー・アルバム『Youth Novels』収録曲。この"Little Bit"は彼女の1stシングルにもなっております。米音楽メディアPitchforkのThe 100 Best Tracks of 2008でも54位に選ばれています。

 リッケのちょっと舌足らっずなウィスパーヴォイスが印象的な曲。アコースティックな響きと少しのエレクトロ風味だけの簡素なバックトラックが、その声にピッタリで、すごくいいです。歌声がちょっとフレンチ・ポップス的な感じもしますね。

 ミュージシャンの父と写真家の母の元に生まれたLykke Liは、ヒッピー世代の両親に連れられポルトガルやネパール、インド、モロッコ等で幼少時代をすごしたのも影響し、テルミンやカズー、ハープシコードなど様々な楽器が隠し味として使われています。

 プロデュースを務めたのは、同郷であるPeter Bjorn & JohnのBjorn Yttling(ビヨーン・イットリング)とLasse Marten。作曲からレコーディングまで作業を共にしたそうです。

 彼女はPrimal Screamの最新9thアルバム『ビューティフル・フューチャー』にもバック・ヴォーカルとして参加しているそうです。

 この曲をストックホルムの路上でゲリラ的にライブしている映像がYouTubeに上がってて、なかなかいい感じでした。アルバム収録の"I'm Good, I'm Gone"のビデオもかなり変わってて面白いです。

(2011.03.04追記)
2ndアルバム『Wounded Rhymes』が2011年3月1日にリリースされましたが、国内盤のリリースは未定のようです。

・Lykke Liの楽曲を試聴&ダウンロード⇒Lykke Li


カテゴリ : Northern Europe ・ comments(0)  
2009年01月10日(土)

Related Posts with Thumbnails