1. K's今日の1曲
  2. Alternative Rock
  3. Unfuck The World / Prophets Of Rage (Prophets Of Rage 収録)

 「レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン」 + 「パブリック・エナミー」 + 「サイプレス・ヒル」。この3つのバンド/グループのメンバーが集まったバンドを「スーパーバンド」と言わずしてなんと言おうという感じの強者どもが集まったバンド、Prophets Of Rageプロフェッツ・オブ・レイジ)が1stアルバム『Prophets Of Rage』(全英6位)をリリース。アルバムのプロデューサーにはレイジの『Evil Empire』や『The Battle Of Los Angeles』を手掛けたブレンダン・オブライエン、アルバムのアートワークはストリート・アーティストのシェパード・フェアリーが手掛けています。

 "Unfuck The World"はアルバムからのリード曲。

・Prophets of Rage - Unfuck The World (Music Video)


 曲を聴いてもらったところでまずはメンバー紹介。

■Prophets Of Rage member
・ex.Rage Against The Machine / Audioslave
Tom Morello(トム・モレロ) – guitar
Tim Commerford(ティム・コマーフォード) – bass guitar, backing vocals
Brad Wilk(ブラッド・ウィルク) – drums
・Public Enemy
DJ Lord(DJロード) – turntables, backing vocals
Chuck D(チャックD) – vocals
・Cypress Hill
B-Real(B-リアル) – vocals

 いやぁ、錚々たるメンツ。そしてこのメンツから期待される音と言葉の洪水。「No Hatred」「Fuck Racists」と歌詞を全て理解できないようなアジアの東の果てに住むアラフォーオッサンにもわかるような単純明快なフレーズ。Michael Moore(マイケル・ムーア)を監督に迎え、レイジの"Sleep Now In The Fire"の名ビデオでの共闘を思い起こさせるミュージックビデオもドナルド・トランプ米大統領の映像がふんだんに使われていて「期待通り」の仕上がり。ビデオの最後に表示される"The world is not going to change itself. That's up to you."(世界を変えるのはオマエだ!)というメッセージも素敵。

 しかし、この「期待通り」って言葉が曲者で、「期待以上」ではないところが惜しい。ベタな言い方だと1+1+1が3にしかなっていないって感じでしょうか。そして、「めっちゃかっこいい」と思う私がいる反面、正直言うと「うーん、ダサいかも」と思う私もいる。もっとぶっちゃけると「ザック、お前はどこで何やってんだ!」と。チャックDとB−リアルというレジェンド2人が(後、故人となってしまったクリス・コーネルも)悪いはずはないんだけどね。アルバム収録曲の"Living on the 110"とか"Strength in Numbers"を聴くとどうしてもZack de la Rochaの声を求めてしまうのは仕方ないですね。まぁ今の時代にザックが戻ってきたらどんな音になって、どんなメッセージを発するんだろうって期待もありますが、前回レイジが再結成した時に新しい音が出てこなかったのを考えると、それができないから復帰もしないだろうなぁって気もします。

 と、なんだか話が「このバンド、イマイチ」的な方向に向かってると思われそうで修正しますが、「期待を裏切らないかっこいいアルバム」であるのは間違いないです。後、継続的にこのバンドが続くとすれば"Take Me Higher"のようなちょっと毛色の違う曲が増えていっても面白いかも。逆に一時的なバンドなら今の路線で正解なのかも。


Prophets Of Rage -『Prophets Of Rage』収録曲リスト
1. "Radical Eyes"
2. "Unfuck the World"
3. "Legalize Me"
4. "Living on the 110"
5. "The Counteroffensive"
6. "Hail to the Chief"
7. "Take Me Higher"
8. "Strength in Numbers"
9. "Fired a Shot"
10. "Who Owns Who"
11. "Hands Up"
12. "Smashit"
・Apple Musicで試聴&ダウンロード


【サイト内関連記事】
Guerrilla Radio / Rage Against The Machine (The Battle Of Los Angeles 収録)
Bombtrack / Rage Against The Machine (Rage Against The Machine 収録)
RAGE AGAINST THE MACHINE@幕張メッセ展示場ホール 感想&セットリスト
Rage Against The Machine、全英チャート制覇!!

カテゴリ : Alternative Rock ・ comments(0)  
2017年09月24日(日)
  1. K's今日の1曲
  2. ユニコーン
  3. ユニコーン ツアー2017「UC30 若返る勤労」開催決定&日程&セットリスト(予定) #unicorn

UNICORNユニコーン)がデビュー30周年を記念してライブハウスを周るツアー、『ツアー2017「UC30 若返る勤労」』を開催することが決定しました。



早速、公演スケジュールを以下にまとめます。
※公演が始まったらセトリもこちらにリンクしていく予定。

■ユニコーンツアー2017「UC30 若返る勤労」日程&セットリスト(予定)
12月6日(水) 福岡県・福岡DRUM LOGOS
12月7日(木))福岡県・福岡DRUM LOGOS
12月9日(土))広島県・BLUE LIVE HIROSHIMA
12月12日(火)東京都・Zepp Tokyo
12月13日(水)東京都・Zepp Tokyo
12月16日(土))北海道・Zepp Sapporo
12月19日(火)宮城県・仙台PIT
12月21日(木)愛知県・Zepp Nagoya
12月23日(土)大阪府・Zepp Osaka Bayside
12月24日(日)大阪府・Zepp Osaka Bayside

◎チケット料金
[福岡・東京・北海道・愛知・大阪公演]
1Fスタンディング:¥8,500(税込)+1Drink代別途
2F指定席:¥8,500(税込)+1Drink代別途
[広島・宮城公演]
オールスタンディング:¥8,500(税込)+1Drink代別途
◎一般発売日:10/29(日)

デビュー30周年なのにフェス出演程度に止まっていましたが、年末に一気に来ましたね。
30周年記念でこれまでの音源を全て集めたボックスセット『UC30 若返る勤労』も発売されるし、何と言っても「若返る」ってフレーズから、これまでやっていない曲もセットリストに入るような気がして楽しみで仕方ない。


まずはチケットの争奪戦ですね。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

UC30 若返る勤労 [ ユニコーン ]
価格:37800円(税込、送料無料) (2017/9/19時点)


 



■ユニコーンの過去のツアー日程とセトリ一覧はこちら。
ユニコーン 2017年フェス・ライブ日程一覧&セットリストまとめ
ユニコーン ツアー2016『第三パラダイス』日程一覧&セトリまとめ
ユニコーン 『ツアー2014“イーガジャケジョロ”』日程&セットリスト&感想まとめ
ユニコーン 全国ツアー『ユニコーンツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...』日程&セットリスト&感想
ユニコーン 『日本の秋 G(ゲー)10ツの秋』日程&セットリスト
ユニコーン 『日本の夏 勤労の夏』日程&セットリスト
ユニコーンツアー2009"蘇える勤労" ツアースケジュール&セットリスト集
カテゴリ : ユニコーン ・ comments(0)  
2017年09月20日(水)

  • Twitter
  • Facebook
Related Posts with Thumbnails