1. K's今日の1曲
  2. ユニコーン
  3. ユニコーン 映像作品&ライブアルバム『D3P.UC』発売決定! #unicorn

UNICORNユニコーン)が2016年に行われたツアー『第三パラダイス』の模様を収録したライブドキュメンタリー映像作品『D3P.UC』とライブアルバム『D3P.LIVE CD』のリリースが決定しました。



どちらも発売日は2017年6月28日(水)。

(参考)
ユニコーン ツアー2016『第三パラダイス』日程一覧&セトリまとめ

まずはブルーレイとDVDで発売される映像作品『D3P.UC』の概要をオフィシャルサイトより。
完全生産限定盤となるLIVE Blu-ray&DVD「D3P.UC」(読み:ディースリーピーユーシー)は
ツアー中のメンバーの様子や舞台裏など全公演全会場の模様を
様々な角度から記録したドキュメンタリー映像を中心に、ライブ映像も収録。
さらに約60PにおよぶLPサイズのフォトブックが付属したハードカバーパッケージ仕様。
<ライブ映像><ドキュメンタリー映像><ツアー写真>の3つが合わさることで1つの作品が完成するという、
ユニコーンにとって新しい試みとユーモアが散りばめられている作品となっています。

今作は総監督を務めるABEDONが映像チーム<D3P.UC Project Team>を作り、
約1カ月に渡り自身のスタジオで缶詰め状態になりながら、映像の編集作業、写真のセレクト作業の指揮をとり、
さらには音のマスタリングまで自ら行いました。
いつ何が起こるかわからないロックバンドのツアーを、一部を切り取るのではなく、
リハーサルから本番、移動中も常にメンバーと現場に密着しておさめたこの作品は、
見るもの全ての人に音楽やライブツアーの面白さ、楽しさ、そして新しさをお伝えします。


ライブ映像については詳細はまだ発表されていないので何が収録されるのかわかりませんが、フォトブックだけでも買う価値ありそうです。

また、音だけを楽しみたい人は同時発売される『D3P.LIVE CD』(読み:ディースリーピーライブシーディー)も注目です。

■LIVE Blu-ray&DVD『D3P.UC』(読み:ディースリーピーユーシー)
2017年6月28(水)発売
◎Blu-ray完全生産限定盤[Blu-ray+PHOTOBOOK] KSXL-241〜242 / ¥9,800+税
※ハードカバー LPサイズ60pフォトブック仕様
◎DVD完全生産限定盤[DVD+PHOTOBOOK] KSBL-6277〜6278 / ¥8,800+税
※ハードカバー LPサイズ60pフォトブック仕様

■LIVE Album『D3P.LIVE CD』(読み:ディースリーピーライブシーディー)
2017年6月28(水)発売
◎通常盤[2CD] KSCL-2922〜2923 / ¥3,300+税
<収録内容>
01. サンバ de トゥナイト
02. すばやくなりたい
03. 頼みたいぜ
04. ケダモノの嵐
05. 与える男
06. オ―レオーレパラダイス
07. 僕等の旅路
08. 道
09. CRY
10. マイホーム
11. 第三京浜
12. ハイになってハイハイ
13. エコー
14. オレンジジュース
15. BLACKTIGER
16. TEPPAN KING
17. Boys & Girls
18. 大迷惑
19. 風と太陽
20. フラットでいたい
21. マッシュルームキッシュ
22. Feel So Moon
[スポンサードリンク]


■ユニコーンの過去のツアー日程とセトリ一覧はこちら。
ユニコーン ツアー2016『第三パラダイス』日程一覧&セトリまとめ
ユニコーン 『ツアー2014“イーガジャケジョロ”』日程&セットリスト&感想まとめ
ユニコーン 全国ツアー『ユニコーンツアー2011 ユニコーンがやって来る zzz...』日程&セットリスト&感想
ユニコーン アルバム『Z』作詞・作曲クレジット&各曲レビュー
ユニコーンツアー2009"蘇える勤労" ツアースケジュール&セットリスト集
ユニコーン 『日本の夏 勤労の夏』日程&セットリスト
ユニコーン 『日本の秋 G(ゲー)10ツの秋』日程&セットリスト

カテゴリ : ユニコーン ・ comments(0)  
2017年03月29日(水)
  1. K's今日の1曲
  2. LIVE (2017)
  3. PUNKSPRING 2017@幕張メッセ(The Offspring、Bad Religion、NOFX 他) 感想&セットリスト

PUNKSPRING 2017の東京公演に行ってきました。
ライブレポートとセトリをどうぞ。

PUNKSPRING Final 2017 Bad religionのステージ始まる前

2006年から始まった(第1回も行きました)春のパンク祭りことパンスプは今回の開催で最後となります。

そんなFinalのラインナップをタイムテーブルこんな感じ。

■パンクスプリング2017 出演者一覧
MAIN STAGE
10:30 - ヒカル (BOUNTY HUNTER)
11:30 - NAMBA69
12:20 - MXPX
13:20 - zebrahead
14:25 - MONOEYES
15:30 - LESS THAN JAKE
16:40 - BRAHMAN
17:50 - NOFX
19:05 - BAD RELIGION
20:20 - THE OFFSPRING

RIOT STAGE supported by Deviluse
11:10 - THE NUGGETS (opening act)
12:00 - SURVIVE SAID THE PROPHET (opening act)
12:55 - Fire EX.(滅火器)
14:00 - Swanky Dank
15:05 - Northern 19
16:15 - SHANK
17:25 - SHADOWS
18:40 - COUNTRY YARD
19:40 - SNUFF


というわけで、昨日までの晴天から一転、冷たい雨が降り「これじゃパンクスプリングじゃなくて、パンクウィンターだよ」って言いたくなる気温の中、幕張メッセへ。
午前中に予定があったので、途中からの参戦です。

以下、ライブレポ。見たものを簡単に。

会場に着くとZebraheadが始まってた。
早々に"Playmate Of The Year"が始まり「フー!」「ファーック!」のコールアンドレスポンス。
もう終盤でした。タオル回しとかもあって大盛り上がり。
「日本大好き」「東京大好き」「パンクスプリング大好きー」と日本語で言った後に下ネタも言ってた(笑)
最後はホイットニー・ヒューストンの"I Will Always Love You"をリップシンクして帰ってった。
ゼブラヘッドも第1回の参加メンバーですが、あの頃もうすでにジャスティンからマッティに代わった後だったなんだよなぁ。
時が経つのは早い。。

そのままメインステージに残って休憩。
長丁場だから無理はしない。

次は細美武士率いるMONOEYESで、ライブ開始前にリハで一曲やってた。
彼はELLEGARDENで第1回パンスプに出てましたね。
スターウォーズのテーマに乗って登場し、まずはスコット・マーフィーボーカル曲から。
MCで細美は「来るまでは悲しいと思ってなかったけどステージに上がったら悲しくなった」「思い出がいっぱい」とパンスプに対する思いを語り、「2回目に出た時にAllisterと一緒だった」とスコットとの思い出も。
そんなスコットのMCは日本語があまりに上手すぎでした。
ライブの方は「1番最高のパンクスプリングにします」という細美の言葉通り熱いステージでした。
「もっと小さいとこでやればいい」「パンスプはなくなるのにポップスプリングが続くってのは・・・」とクリマンに苦言を呈してましたが、まぁ時代ってやつでしょう。

ドリンクも欲しかったので、もう1つのフロアに行って、RIOT STAGEでnorthern19をチラ見。
「パンスプに出るのは東大に入るより難しい」って言ってて「確かに〜」って思った。

このフロアには過去のパンスプのポスターなんかも飾られていました。
パンクスプリング過去のポスター

その中には記念すべき第1回(写真・1枚目)、東日本大震災で中止になった幻の2011年のポスター(写真・2枚目)なんかも。
punkspring 2006のポスター東日本大震災で中止になった幻のPUNKSPRING2011のポスター



メインステージに戻りLess Than Jakeを見る。
最後の3組ほどではないけど、ベテランバンドですね。
貫禄もありつつ、楽しげなステージは最高です。
スカコアが流行っていた当時、個人的にはちょっと距離をおいていたんだけど、やっぱ良いですね。
「ビッグビッグサークル」とモッシュを煽って大盛り上がり。
ボウズが2人がステージに引っ張り出されポゴダンスを踊ったりしていた。

そのままメインステージに残り(この後ずっといました)、Brahmanを見る。
いかにもブラフマンらしいSEに乗ってで登場。
"時の鐘"からライブは始まり、のっけからフルパワー。
TOSHI-LOWは中盤の"Answer For"で客席にダイヴして、以後クラウドサーフィンしながら歌い切る(次の曲は歌ってなかったけど)。
クラウドに乗りながら語り始める。
「6年前にほんとは出演するはずだった」「その6年前の気持ちでいる」
「起きてしまったのは仕方ない。人生の困難は自分を強くするためにある」
「地震、津波、原発事故がなければこんなにベラベラ喋ることもなかった」
「友達も1人ずつ減ってった」
「でも友達ができた」
と震災後の自らの行動を振り帰った後、細美武士が登場し"PLACEBO"を一緒に歌った。
賛否両論あるし、私も全てに賛同できるかというとそうではないけど、彼の姿は「パンク」そのものでした。
最後は客席の左右のブロックを分ける通路から出て、そのまま客席後方を通って退場していきました。

さて、ここからパンクスプリング総決算というべき3組が登場します。

まずハナを切るのはNOFX
ステージバックにちっちゃくバンドロゴがかかってた。
今回はギタリストのEric Melvinが出産立会のため、急遽来日がキャンセルとなりレス・ザン・ジェイクのRoger Limaが代打として出演となりました。
時間通りにメンバー登場。ファット・マイクは黒のネグリジェ的なやつをきてた。
出て来るなりMCから始まる。
何を言っているのかは半分くらいしかわかんなかったけど、ブラックジョーク(と、ところどころに下ネタ)満載なのはわかった。
曲はもう最高に楽しくかっこいいんだけど、曲間に必ずしゃべるので流れ的にはもっと連続してやってほしかったなってのは正直なところ。
ちなみにトランプについて言及したり、福島について歌ったりしてたのを観て、さっきのTOSHI-LOWのことを思い出した。
「ドナルド・トランプ」っていうわかりやすい敵を攻撃するのは簡単だけど、「原発」ってほんと複雑だよなぁ、なんて思ったり。
それはさておき、2012年に亡くなったNo Use For A NameのTony Slyに捧げた"I'm So Sorry Tony"は感動的だったし、最後にやった"Kill All The White Man"も最高でした。
[スポンサードリンク]


さて、お次はBad Religionです。
バッド・レリジョンは初回の2006年の後も2009年、2014年と4度の出演を誇り、まさにパンスプの歴史は彼らと共にあるって感じですね。
ステージの後ろには彼らのシンボルマークで「The Crossbuster」と呼ばれる十字架に禁止マーク(赤丸に斜線が入ってるやつ。一番最初の写真参照)がデカデカと掲げられていた。
メンバーが出てきて「おー」ってなって、いきなり"American Jesus"が始まって「うぉぉぉぉー」となった(笑)
めっちゃテンション上がった。こうくるとは。。
こんな始まりで後まで持つのか?というのは杞憂に終わり、次の曲が始まる度にガッツポーズって感じ。
それに、前から貫禄あるバンドだったけど、グレッグ・グラフィンなんてその辺歩いてたら、どうみてもパンクバンドのボーカリストだとは思わないような風格があった。
髪の毛もすっかり白くなってたのがそれに輪をかけてた。
かといって衰えるどころから11年前にみた時よりもさらにパワフルになったかのようなステージに脱帽。
次々と繰り出される名曲にしびれ続けた50分強でした。

さぁ残すところは後一組。
The Offspringの登場です。
昨年のサマソニにも来ていましたが、パンスプは2012年の1回だけの出演ですね。
まさか、オーラスに選んだ理由が「スプリング」つながりで「オフスプリング」だったりして(笑)
それはさておき、始まる前からこれまでのバンドとは比較にならないくらいの期待感が会場を包む。
1曲目の"You're Gonna Go Far, Kid"が始まった瞬間から客席前方に走り出す人々。
大合唱が起こり、モッシュサークルもどんどん大きくなる。
個人的にはバッド・レリジョンがトリでも良いかなって思ってたけど、こりゃオフスプがトリで正解だわ。
デクスターが最初ジャケットを着てたんだけど、なんだかそれがトリというよりマフィアのドンって感じだったのも面白かった。
キャリアから万遍なく曲を披露。
合唱もサークルも落ち着くどころかますます大きくなっていって、その一体感に圧倒された。
そして、MCで「次の2曲がパンクスプリングのまさに最後の2曲だ」と言って、まずは"Pretty Fly"。
最後は"The Kids Aren't Alright"でシメ。
めっちゃ盛り上がった。
ちなみに歌詞の最後のフレーズ「shattered dreams」=「粉々になった夢」ってのがなんかパンスプの終焉と重なったりなんだり。

というわけで、パンクスプリングファイナルも終演。

終演後のスクリーンにはこんなのが映し出されていました。来年は何があるのでしょう。
オフスプリングのNoodlesがMCで冗談で言ってた「スムースジャズスプリング」だったりして(笑)



以下、セットリスト。

2017.03.26 PUNKSPRING 2017@幕張メッセ9〜11ホール Setlist

・The Offspring Setlist
01.You're Gonna Go Far, Kid
02.All I Want
03.Cool to Hate
04.Come Out And Play (Keep 'Em Separated)
05.Hammerhead
06.Hit That
07.Genocide
08.Staring at the Sun
09.One Fine Day
10.What Happened to You?
11.Walla Walla
12.(Can't Get My) Head Around You
13.Why Don't You Get a Job?
14.Americana
15.Want You Bad
16.Pretty Fly (For A White Guy)
17.The Kids Aren't Alright

・Bad Religion Setlist
01.American Jesus
02.1000 more fools
03.Supersonic
04.Fuck You
05.The Streets Of America
06.Atomic Garden
07.Stranger Than Fiction
08.Recipe For Hate
09.You
10.Suffer
11.Do What You Want
12.I Want Conquer The World
13.21st Century (Digital Boy)
14.Los Angels Is Burning
15.Generator
16.Sorrow
17.Infected
18.Fuck Armageddon This Is Hell

・NOFX Setlist
調査中
[スポンサードリンク]

・Brahman Setlist
01.時の鐘
02.賽の河原
03.SEE OFF
04.BEYOND THE MOUNTAIN
05.GOIN' DOWN
06.CHERRIES WERE MADE FOR EATING
07.守破離
08.不倶戴天
09.ANSWER FOR…
10.警醒
11.鼎の問
12.PLACEBO
13.FLYING SAUCER
14.The only way

・Less Than Jake Setlist
01.All My Best Friends Are Metalheads
02.Sugar In Your Gas Tank
03.Last One Out Of Liberty City
04.Dopeman
05.Look What Happened
06.Plastic Cup Politics
07.Automatic
08.Johnny Quest Thinks We're Sellouts
09.Bomb Drop
10.Overrated
11.The Science Of Selling Yourself Short
12.Gainesville Rock City
13.The Ghosts Of Me And You

・MONOEYES Setlist
01.When I Was A King
02.Borders & Walls
03.My Instant Song
04.Like We've Never Lost
05.Get Up
06.Run Run
07.Somewhere On Fullerton
08.グラニート
09.明日公園で

・Zebrahead Setlist
01.Save Your Breath
02.Hell Yeah!
03.Call Your Friends
04.Drink Drink
05.Mental Health
06.Hello Tomorrow
07.Lockjaw
08.Playmate Of The Year
09.Out of Control
10.Can Can
11.Anthem

・NAMBA69 Setlist
01.TRUE ROMANCE
02.LET IT ROCK
03.SUMMERTIME
04.LOOK UP IN THE SKY
05.PUNK ROCK THROUGH THE NIGHT
06.HEROES
07.MY WAY

【サイト内関連記事】
PUNKSPRING 06@幕張メッセ(Bad Religion、Zebrahead、311、MXPX他)
PUNKSPRING 08@幕張メッセ(Rancid, Pennywise, Buzzcocks他) 感想&セットリスト
PUNKSPRING 09@幕張メッセ(Bad Religion、SUM41、NOFX、THE DAMNED他) 感想&セットリスト
Come Out and Play / The Offspring (Smash 収録)
American Jesus / Bad Religion (Recipe for Hate 収録)
No Direction / BAD RELIGION (ALL AGES 収録)
カテゴリ : LIVE (2017) ・ comments(0)  
2017年03月26日(日)

  • Twitter
  • Facebook
Related Posts with Thumbnails